> アフターサービス

アフターサービス

当社では、保証とは別に、こちらからお伺いして、定期的な点検を行っています。


横浜塗装職人のアフターサービス

こちらからお伺いしての定期的なアフターサービスも行います

塗装後5年目の家 塗装後10年目のサイディングの家
塗装後10年目の家 塗装後6年目の神奈川区のアパート New

工事後は何の支障もなく家を維持したい…

というのは、当然ながら誰しもが思うこと。

アフターフォローを必要としない塗装工事が本来の理想ですが、工事自体に何も悪いところがなくても、アフターサービスがあるという事だけでも気持ち的に安心感が全然違ってくるものです。

横浜塗装職人では、外壁塗装や屋根塗装の際に発生する保証とは別 にこちらからお伺いしまして、アフターサービスの定期的な点検を行っております。
> 保証についてはこちらをご覧ください

不都合の場所が出てきたら、業者の責任で補修することは別に特別なことでもなく当たり前のことですが、その当たり前がこの業界では通じない部分もあります

アフターフォローが不要な工事+それでも定期的な点検がつく塗装工事がご希望の場合は、ぜひお見積もりからご相談下さい。

当社で施工しましたお宅とその経過を一部ご紹介!

2007年施工(5年経過) 瀬谷区Kさま

2007年に行った工事です。
サイディングのレンガ調やタイル調などの模様をそのまま生かす施工方法で、塗料は高意匠サイディングボード用セラミック系外壁保護クリヤー「ピュアライドUVプロテクトクリヤー」。
わかりやすく言えばニスのような透明な塗料での塗装です。

瀬谷区K様の塗装作業の詳細はこちら

2007年 塗装前

K様 2007年塗装前

2012年 完成5年後

K様 2012年完成5年後

2007年塗装前

K様 2007年塗装前

2012年 完成5年後

K様 2012年完成5年後
2007年当時と変わらないように見えますが、本当に2012年の写真です。

2007年 塗装直後

K様 2007年塗装直後

2012年 完成5年後

K様 2012年完成5年後

2007年 塗装直後

K様 2007年塗装直後

2012年 完成5年後

K様 2012年完成5年後

2012年 5年後の状況

全体

全体です。1階がタイル調、2階が通常一般的な模様のサイディングです。

太陽光を十分に反射

タイル調のサイディングです。角度で変わりますが太陽光の光を十分に反射しています。

北側の壁

北側。

同じく北側の壁

北側。

西側の壁

西側。

シーリング塗膜の亀裂あり

一部シーリングの部分にクリヤー塗膜の亀裂がありました。

塗膜の浮き

これも塗膜の浮きです。

シーリング自体のひび

これはシーリング自体のひび。これも一部です。表面のみで中まで達してはいません。

ほとんどが正常

ほとんどはこのように正常の状態でした。

帯板

帯板です。

不具合の補修

不具合個所は補修しました。(経過年数にもよりますが、シーリング上の補修は実費をいただくケースもあります。壁自体は10年保証をしています。)

雨樋に草がはえていました

雨樋の升に草が生えていました。

5年前も草が生えていました

実はこれは5年前。その時も草が生えていました。

5年前はきれいに掃除しました

このように当時は一度中まで掃除をさせてもらったのですが・・

今回もきれいに掃除

5年後に再度発生していました。びっくりです。条件がいいのでしょうか。今回も見過ごすことができませんでした。脚立に上って取らせていただきました。かなり深く土が詰まっていました。植物の生命力は凄いですね。

 

2006年(5年経過) 神奈川区

2006年に行った横浜市神奈川区の塗装工事の経過です。
2011年、5年後の状況

2006年当時の塗装作業はこちら

2006年 塗装前

S様宅 2006年塗装前

2006年 塗装直後

2006年塗装直後

2011年 塗装から5年後

2011年塗装から5年

塗装前 高圧洗浄後

S様宅 塗装前 高圧洗浄後

2006年 塗装直後

2006年塗装直後

2011年 塗装から5年後

2011年塗装から5年後

2003年(8年経過) 旭区

8年前、2003年に行った旭区の塗装工事の経過です。
亜鉛の鉄階段は外壁塗装の中でも、一番塗膜がはがれやすくトラブルにつながりやすい素材ですが、現在も維持しています。お近くの方はご案内もできます。

2003年 塗装前

2003年 塗装前

2004年 完成1年後

2004年 完成1年後

2007年 完成4年後

2007年 完成4年後

2008年 完成5年後

2008年 完成5年後

2003年 塗装前

2003年 塗装前

2011年 完成8年後

2011年 完成8年後

2013年 10年経過の様子はこちらから

2006年(3年経過) 大和市岩本さま

2006年に行った大和市の塗装工事の経過です。
ALCの外壁と鉄階段のお宅です。

大和市・岩本さま宅の塗装作業の詳細はこちら

2005年 塗装前

2005年塗装前

2009年 完成4年後

2009年完成4年後

2005年 塗装後

2005年塗装後

2009年 完成4年後

2009年完成4年後

2005年 塗装前

2005年塗装前

2005年 塗装後

2005年塗装後

2009年 完成4年後

2009年完成4年後

2008年(3年経過) 保土ヶ谷区

保土ヶ谷区のモルタル塗装とコロニアル(カラーベスト)屋根の遮熱塗装です。工事は2008年に行いました。
残念ながらお客さんが不在時の時の様子ですが、3年前の状況とはさほど変わらない好調に推移している状態でした。
ただし紫外線が当たる南側は確認できませんでしたので、後日報告しようと思います。

2008年、塗装前、塗装直後の状況

急勾配な屋根のお宅

家正面から見ると、勾配の急さがわかります。作業写真はありませんが、屋根足場を組んで施工しました。ちなみに担当職人は三枝です。

屋根のコケが目立っていました

当時は屋根のコケが目立っていました。岡沢町につながるバス通りの目の前でさらに屋根のこう配が急なため、汚れて部分が目立っていました。南側ベランダのひさし部分がらも雨漏りの修理もさせていただきました。

気さくな奥様の笑顔をパチリ

奥様です。とても気さくな方で、私も小学生の時このお客さんの家の近所に住んでいましたので、街のことや世間話も交えいろいろお話をさせていただきました。

工期は約2週間でした

塗り替え直後です。工期は約2週間です。

綺麗なお宅になりました

Lアングル状の雪止めもとりつけました。ちなみに外壁は溶剤セラミックシリコン、屋根は遮熱ですが当時はまだサーモアイは発売されていませんでしたので、スーパーシリコンベストというものでした。

2011年、3年後の状況
外壁にまだツヤがあります

3年後の2011年の状況です。外壁はまだつやがありました。さすがにセラミックシリコンですね。

夕日が屋根に反射しています

一応屋根に夕日が反射しています。光沢がある証拠ですね。まだ3年なので当然かもしれませんが。。

塗装直後と変わらない見た目

まだ塗り終わった後の状況とさぼと変わらないと思うのですが、いかがでしょうか。写真じゃよくわかりらないかも知れませんが、実際にもきれいな状態でした。

アイボリー色 汚れにくい塗料

排気口のエンドキャップからは、若干汚れの筋がついています。外壁の色がアイボリー系なので、汚れが目立ちやすい色ですが、それでも汚れがつきにくいという塗料の性能は維持しています。

下屋根も現状維持

遠目ですが、下屋根も現状維持のようです。

2009年(4年経過) 港北区

パネルサイディング外壁塗装、スレート、コロニアル屋根塗装の住宅塗装
家の周りにはたくさんの植物等で囲まれていた住宅でした。雨どいの中には予想以外にも土や枯葉がつまっていたため、掃除させていただきました。
塗装作業はパネル式でありながらリシン状のものが吹き付けていたため、使用塗料のセラミックシリコンの消費もおおくなりました。

2013年(四年経過)

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継