> 横浜塗装職人の外壁塗装店の思い

横浜塗装職人の外壁塗装店の思い

2017年4月26日

世田谷に引っ越し完了! 東京塗装職人の誕生です。

人気blogランキングへ

お疲れ様です!

って今日は本当にこんな感じです。

まずは世田谷区の新事務所の新店舗正面から。

目立つでしょ(笑)夕方に撮ったのですこし暗めですが。。

setagaya013

 

で、下の画像は昨日の西谷での段ボールづめの作業。

大きいのがデスクぐらいだから、荷造りなんて簡単かと思っていたら割合と段ボールに詰めるものが意外とありました。

setagaya009

 

setagaya010

setagaya012

「後は運ぶだけ」という状態にして、後は引っ越し屋さんにお任せ。

で今日は9時の予定が早めの八時半にトラックが到着。

私は先に世田谷に行って、床をちょいと掃除して待つこと30分。

予定では11時すぎに荷物の運び込みが完了と聞いていたのが、9事半ごろ終わってしまいました。

テキパキと引っ越し屋さんさすがですね。

そのあともう一軒引っ越しがあるとも言ってました。

 

ただ世田谷の新事務所は用賀近くの交差点の角にあって、歩道も少し広く路面に接しているため、引っ越し屋さんからすれば割合と仕事しやすかったと思います。

ただそれからが大変。

事務所内が荷物で充満して大変なことに。

今までの事務所より狭いため、運びえた時は一瞬本当に片付くのか少し不安になってしまいました。

でも女子二人と職人スタッフが手際よくテキパキやってくれたのであれよあれよと片づけてくれて助かりました。

でも疲れましたね・・(笑)
setagaya019

まだ明日も少し片付けで、これからはお客さん用のスペースも確保したので、色見本板などを飾ったりしてペンキ屋らしい店内にしていこうかなと思ってます。

ただお客さんといっても、塗装の見積りなどの相談だけではありません。

今後は世田谷に住む方に頼りにしてほしいペンキ屋を目指しますので、たとえすでに他業者さんで工事完了したお家のことでも、塗装に関することなら何でもいいので不安なことやお困りのことがあったら、ドンドン相談に来てほしいと思ってます。

また今回引っ越しといっても、今まで西谷という狭い町に2店舗あったので、そのひとつが引っ越しただけですので、本店は今ままで通り国道16号沿いにありますからね。
お待ちがいなくよろしくお願いします!

世田谷店舗は5月5日オープンです!!(^-^)

setagaya015


カテゴリ:世田谷区

2017年4月18日

横浜市内最長のトンネル道路開通!?

人気blogランキングへ

3/18に横浜市内最長のトンネル道路「横浜北線」が開通したことを、本日知ったのは私だけでしょうか?(笑)

いや~まったく知らなかったです(^-^;

うちでは、毎年何度か横浜市役所職員さん向けの広報誌に広告を出しています。

P1030419

「庁内報」というのですが、その中の記事ではじめて横浜北線のことについて書いてありました。

どうやら新横浜から羽田空港までが30分になり、新横浜~横浜港までが15分に!ということが書いてありましたが、正直開通前の時間がわかりませんが、なにやら大規模な道路工事をやっていたんですね~。

 

そしてこの道路、全長の7割がトンネル。

出入り口は3つ。

港北区の新横浜出入り口と鶴見区の岸谷生麦出入り口、もうひとつは馬場出入口らしいです。

さらに第三京浜と東名高速を結ぶ「北西線」という道路が2020年のオリンピックまで開通させる予定で工事をしているようで、世田谷店舗オープンに向けて第三京浜は最近よく通るのですが、港北インターあたりで橋の工事をしているのでどこにつながるのかなと思いつつ、今日何となくわかった感じです。

庁内報にはトンネルの図がありますが、トンネルって丸いですよね。

その内部は上が車道で、丸半分下が避難通路になっている模様。

 

まぁ記事が色々詳しく書いてあったのですが、その中でもちょっとびっくりだったのが、保土ヶ谷バイパスは一般道では全国一位の交通量だったことです。

混むときは横浜横須賀道路から下川井ぐらいまで混んでますからね。

それも「横浜北線」と2020年に開通される「北西線」が開通すると、渋滞もぐっと減るそうです。

と、なぜか道路の話になってしまいました(笑)

 

最近私から現場の話はあまりしていませんが、ようやく季節的にいい時期になってきました。

世田谷事務所オープンと同時進行の多くの現場数とで今が一番慌しいかもしれません。

何とか乗り切っていきたいと思います!(^^)

P1030420


カテゴリ:世田谷区 ,未分類 ,横浜市

2017年4月11日

10年間の戦い。

人気blogランキングへ

前回に続き今回も10年ぶりのお客様の施工のようすです。

ちなみに前回のお客さま宅の動画はこちら。

 

そして今回ご紹介のお家は、ちょっと珍しい現象のご紹介。

10年前2007年の画像ですが、大屋根の角にあたる部分の雨樋のマスの部分から何と植物が育っています。

CIMG9499

 

周りは住宅街なのですが、少し歩くと大きい林があるので恐らくこの住宅地一体も昔林で、そこを造成して作られた住宅なのだと思います。

なので、そこの林からの落ち葉や枯れ葉などが飛んできて、雨樋に詰まって腐葉土になり植物が育ってしまったのかなと。

塗装前の高圧洗浄の時に樋の中まで手を突っ込んで取り除きました・・がっ!!

CIMG9498

 

塗装をして5年後の2012年。

同じ場所を除いてみると、また育っていました(笑)

さすが雑草魂。強いですね。

CIMG0606

 

で、ここまで育ってくれて申し訳ないなと少し思いつつ手を突っ込んでほじって土を取り除きました。

そこまでと思うほど、結構下までほじくりましたね~

CIMG0610

 

CIMG0602

 

そして、はたまた5年たって2017年。

今年はどうなっているのかと思うと・・

P1030350

 

今度は詰まってなかったです。

今回は私の勝ちです。

P1030348

まだ施工中ですので、また完了したら工事の内容はお知らせします。

今日は雨で寒かったでしたね。

ではまた体調管理には気を付けて(^^♪


カテゴリ:お客さま ,現場

2017年4月6日

世田谷区の店舗工事の続きです。

人気blogランキングへ

世田谷区の店舗工事の続きです。

床工事が終わりました。

サンゲツのフロアタイルです。

2種類のものを使用し「乱張り」にしました。

170405-170849

昨日は枠やら壁のシーラーやら一日中作業していたので、今日は体がすこし重いです(笑)

最近屋根を塗ったり、実は今日も現場仕事をしてきたのですが、最近10年以上ぶりに仕事することがなぜかしばしばです。

昨日は朝から夕方まで、昼休憩30分取っただけでずっと作業してたので、これもまたたぶん15年ぶりぐらいです。

でも、自慢みたいになっちゃいますが昨日動いてみての自己評価は、普通の職人より動けるというのが実感できました。

一応トレーニングジム行ってるってのもあるのだと思います。

 

ただし翌日の疲れが、昔とは一味違いますね。

疲れといえば、私がこの職業についてみて一番翌日の疲れがひどいのが足場作業ですね

昔は自分たちで足場を掛けるのが普通でしたので。

しかもレンタカーなので、足場解体後はレンタカーを返さなければいけないので、いちいち積んだ足場材をおろさなければならなかったのです。

そしてまたレンタカーを借りて足場材を積む。

 

当時は結構気合入ってましたからね。

午前中2時間ほどで解体して、そのあとは家一軒組み立てるという作業も3人でやってました。

今のクサビ足場と違い、単管足場はちょっとさらに組むのに時間が掛かる足場なのです。

その翌日の朝が、重力3倍に感じるほどの体の重さ。

「ヤバい、今日は重力3倍だな~・・」なんて当時よく冗談で言ってたことを思い出します。

と、話がだいぶそれましたが、要するに当時と今では疲れの残り方が違うってことです。

 

世田谷の店舗の残りの工事は看板と壁紙クロス、ミニキッチン、ウォシュレットなどの取り付けがこれから始まります。

うちは塗装屋ですが、一応普段からお付き合いのある協力業者さんなので質もばっちりです。

工事前はこんな感じでしたからね(笑)

P1030207

 

キレイになりました。

170405-170828


カテゴリ:世田谷区 ,現場

2017年4月5日

世田谷で10年ぶりの調色作業

人気blogランキングへ

今日は春でしたね。

昼間は暑いぐらいでした。

というのも世田谷店オープンに向けて、ペンキ塗りの作業をしてきたのもあります。

先日は本格的な作業しては10年ぶりの屋根塗装をし、今日はもっと長く余裕で10年以上ぶりに調色を含んでの塗装をしてきました。

自分たちの事務所となると新たに塗料を頼んだりせずに、すべて在庫で間に合わせようとしたものですから、思い通りのイメージの色にならないならない(笑)

現役で現場に出ているころは結構得意だったんですが、やっぱり時間がたってしまうとこの調色の感覚はすぐには戻らないものです。

事務所内には木枠や扉、窓枠など何種類の色が使われているのですが、一種類はほぼぴったりと調色することができました。

というか、原色がすべて揃っていればすべての色合わせはできたと思うのですが、在庫の色なので赤と黄色とあとはすでに調色してある色2種類の、合計3色しかないので無理って言えば初めから無にな状況だったかもしれませんね。

170405-150132

ちなみにこの調色ですが、今申請期間中の「一級塗装技能士」の検定実技試験でも出される科目です。

実技は試験減点法なのですが、この調色はたいして減点の対象とはならないようです。

確かに人の目によって判断されるものですからね。

キッチリとした明確な基準というよりも人の判断なのでそういうことなのかなと思います。

昔、私の試験の時の他の受験者の職人さんたちの調色した後の見本板をみたらみんな色の差がかなり出ていましたからね。

全然違う色もかなりの数があり、結構みんな適当なんだな・・と当時は思いました(笑)

懐かしい思い出です。

 

 

 

 


カテゴリ:世田谷区 ,技術 ,職人

2017年3月28日

横浜市の庁内報への掲載

人気blogランキングへ

今日は天気がいいいですね。

ただ超忙しいです(^-^;

今更ですが、3月号の「庁内報」が出ました。

ちなみに知らない方にお伝えしますと庁内報とは、横浜市役所とその行政関係部門等にお勤めの職員さんに配布されるものです。

170328-143552

 

そこにただ広告を出しているという報告です。

ただそれだけです(笑)

でも広告だからと言って掲載するにも審査厳しいんですよ~

もう数年前から掲載してますが、毎回審査です。

まぁ役所関係ですからね。

ではまた!

170328-143631


カテゴリ:横浜市

2017年3月27日

5月オープン。世田谷区用賀の新事務所の工事

人気blogランキングへ

徐々に暖かくなってきたと思ったら、また急に冷え込んでしまいましたね。

朝寒かった~(笑)

本日は、5月オープン予定の世田谷区用賀の新事務所の内装工事に行ってきました。

170327-105317

用賀駅から徒歩3分ぐらいのところです。

オープンと言ってもほんの小さい事務所です。

でも今まで神奈川県内を中心としてきましたが、最近では都内の工事も増えてきましたので、都内に事務所を出す必要性が増してきたのです。

足立区、板橋区や江戸川区など、どちらかと言えば埼玉や千葉に近い方からの見積りも少しですが多くなってきましたね。

世田谷は神奈川県境に近いですが、横浜との連携を考えるのも重要でしたので世田谷区と以前から決めていました。

第三京浜で空いているときは30分以内で行ってしまいます。

また今の会社からも第三の羽沢インターが近いんです。

ただし玉川インターから降りたときの環八の渋滞がこれまたすさまじい。

あそこはなんででしょうね、私が20代のときからあんな感じでした。

時間帯によりますが、朝はやばいです。

 

なので、朝早いか遅いかどちらかで通勤しなければなりません。

今までは原付で2分で着いたのが、今度からは渋滞にはまってしまうと1時間はかかってしまうようになると思います。

 

ただそのまま瀬田の交差点までは超渋滞なので途中上野毛を右折して行く道を発見したので今度からそうしよっかなと。

わかる人にはわかると思うのですが、玉川出口の渋滞に突っ込みすぐ一番右側に車線変更するのも中々図々しく入らせてもらわないといけないので神経使います(笑)

今までは都内在住の方でもちょっと横浜まで距離があるなって躊躇していた方にも、近いなと思っていただけて今まで以上にたくさんの工事をさせて頂けると思っています。

まだ工事も始まったばかりなので、オープン近くになったらまた報告いたします(^^)/

170327-103043

 

170327-114133

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリ:お客さま ,世田谷区

2017年3月16日

一級塗装技能士の検定試験の申請が始まります。

人気blogランキングへ

今年も一級塗装技能士試験の申請が始まります。

神奈川県塗装協会では3/27~4/11日までが申請期間となっています。

ただし県職業開発能力協会に直接申請の場合は、4/14が申し込み締め切りです。

学科試験が8月20日、実技試験が8月下旬になります。

十数年前私が取得したときも実技試験は真夏でした・・(笑)

もっと過ごしやすい時期にならないのかと思いますが、受験者の職人さんは緊張の中体力的にも勝負ですね。

P1030129

年に一度ですが、学科、実技どちらかが不合格でも、翌年は合格になった方の試験は持ち越されます。

要は不合格になった試験だけを翌年受ければ大丈夫です。

でも一発で両方取りたいですよね。

ちなみに検定料は21.000円(実技17.900円 学科3.100円)になります。

あと必ず受けておいた方がいいと思うのは実技講習ですね。

大した参考にはならないもですが、一応動画載せておきます。

 

こちらにも少し載せておきますね。

では今年受験する全国の皆さん。頑張りましょう!!

 


カテゴリ:技術

2017年3月4日

完工検査で出会った素晴らしい油絵

人気blogランキングへ

こんにちは~

真冬に比べて最近はだいぶ暖かくなりましたね。
昨日はひな祭りということで、我が家ではちらし寿司を食べました。

で、昼間は久しぶりに完工検査に出かけました。
いつも任せっきりなもので(笑)

160726-143115

 

マンションの鉄筋コンクリートのお家ですが、階段途中には見事な油絵が・・
170303-141154

 

大きさはわかりませんが、2平米近くある大きな油絵であまりにも見事だったので、施主様に許可をもらい撮影させて頂きました。

170303-144011

細部にわふってきれいに描かれています。

こんな感じで塗装をしたら言うこと間違いなしですね。

ただそれだと相当値上がりの予感が・・(笑)

170303-143955

 

残念ながら描いたものは故人の方らしいのですが、時間も相当費やして描かれたともおっしゃってましたね。

養生テープとか貼るわけないでしょうから、その時その時よほど集中して描かれているんだと思います。

その心意気忘れずに現場でも目指したいですね。

170303-144000


カテゴリ:未分類 ,現場

2017年2月16日

起きたら怖い、塗装作業での死亡事故。

人気blogランキングへ

塗装作業での死亡事故。

ちょっと怖い話を本日は聞いてきました。

IMG_20170216_160331

というのも今日は労働安全衛生法改正にあるリスクアセスメント義務化についての研修でした。

難しく聞こえますが、要は塗料を使う以上、揮発する化学物質などを吸い込み、健康被害による労働災害を出さないために法改正でそれを義務化しようというものです。

 

大まかには、有害物質がその現場でどの程度発生するリスクがあるのを見積もったり、化学物質リスク簡易評価法(コントロールバンディング)というもので、毒性などのレベルを評価づけそれを把握し事故につながらないようにするというものです。

 
 

難しく聞こえますがと言いましたが、レジュメを実際に見るとやけに細かく生命保険の約款みたいで、正直とっても取っ付きにくいです(笑)

でもリスクアセスメントの対象になる事業者は塗装屋さんだけでなく、化学物質を扱う業者ならどこでも適応されるそうです。

飲食店もそうですし医療は当然、福祉業などかなりの業態に当てはまるそうです。

とはいってもうちの場合、塗装と言っても酸欠になったり健康被害が出るほどの仕事とは違うので、その辺はあまり関係性は薄いのかなと感じました。

対象となるのは主に屋内です。

 
 
屋内の塗装作業では換気がとても重要になるので通風のことや防塵マスク関係の話もありました。

ちょっと気になったのが風呂場内の塗装で事故があった事例はちょっとだけ他人ごとではないと思いましたけどね。

ただそれは溶剤塗料のはなしで、今はそこに溶剤で塗装する職人さんはいないだろうと、おそらく昔の事例だと思います。

P1020995 (1)

ちなみ今日の研修では、横浜では有名な材料屋さんの専務さんも来てました。

 

私もその事故のことは当時のニュースで見てましたが、その専務さんの話では2年ほど前、首都高の柱の塗装工事で火災が発生し作業員が死亡した件について触れていました。

その原因はタバコらしいです。

 

それからは、首都高の塗装工事が溶剤塗料からすべて水性塗料に切り替わったそうです。

一般の方は当然ですが水性と聞くと溶剤(油性)塗料より性能が落ちるのでは??と思いがちですが、本当のところは違います。

というか、違うらしいです(笑)

 
 

私も実際にはその差について具体的に詳しく説明することはできませんが、理屈では溶剤塗料は溶剤が揮発して、水性では水分が蒸発して、残る塗膜に耐久性に差異はないということです。

この話は私も塗料メーカーの方から、もう4年ほど前に聞いてましたが、じゃあ鉄部には水性のさび止めで大丈夫なのかという疑問は正直消えないところではありますが、メーカーが言うのですからそれが正解なのだと思います。

後はネット上のさまざまな情報で、多くのお客さんが溶剤の塗料品質ばかりに振り回されてしまっていることにもメーカーサイドも苦労しているのかなとは思います。

 

いくら水性と溶剤が耐久性が変わらないと言っても、じゃあネットで溶剤のほうが長持ちるという情報が色々出てくれば多勢に無勢で、もちろん多く発信されている情報を信じてしまうのは仕方のないことなのかなと思います。

だから末端の消費者であるお客さんの考え方が変わらなければ、当分の間は外壁や屋根などの場合は溶剤がまだまだ健在していくと思われます。

 
 

ちょっと前に社会問題化したキュレーションサイトもそうですね。

あれも一次情報が正しくても、その文章がコピーして編集され、2次、3次となって、結局伝えたい肝の部分が伝わらず誤った情報となったことが問題となりましたよね。

コピーされ編集され、コピーされ編集され、それが次々と生み出されていく。

間違った情報だけらけになって、だからネット上の情報は徐々に信用されなくなってしまっていくのかなとも思いますけどね。

愚痴を言えば、うちのサイトなんてコピーされまくりです(笑)

画像もそっくりそのままというのは当然の話で、びっくりさせられることもしばしばです。

 
 

業者選びもそうですね。

一級塗装技能士、一級塗装技能士といいながら、資格を重視するお客さんはそっちに引かれていきます。

業者がこぞってそう言いだせばお客さんも、そうならばと一級塗装技能士が施工すればそれで安心できるところがあるのだと思います。

 

でもそれだけでは誤った情報で、一級塗装技能士資格を持っていなくとも腕がいい職人さんはいます。

ただお客さんが業者選びにおいての判断基準をする際には、何にも指標がないよりかはあっ方が当然いいわけで、それで以前からそのような判断基準をお勧めしているわけです。

 
 

ところが塗装業は資格を要しない業種ですから、現場に出たことがない人、たとえばこれは極論ですが昨日脱サラした人が塗装業の看板をあげて営業してお客さんと契約することだって無理なことではありません。

お客さん側が納得する机上の知識を多少知っていれば、実際の仕事は一級塗装技能士の資格を持っている、”本当の塗装屋”に丸投げすればいいだけだからです。

 
 

現場のことをよく理解してない人が、職人に工事を託すということは工事品質を確保するという点においては、よほど職人との間に信頼性がないと品質が不安定になってしまうのはごく当然のことです。

それでなくとも下請けという状況下の元、赤字との戦いで作業している職人さんは少なくないのですから。

 
 

なのでお客さんからすれば、ただ一級塗装技能士を持っている職人が作業すればいいということで済ますのではなく、職人が開業した業者、つまり職人創業の業者を選ぶのが本当の正攻法な業者選びだと思います。

じゃあ職人創業の業者とは?という答えが、「代表者が一級塗装技能士」という答えに最終的には行きつくのです。

 

でも本当に今は資格やら認定という業者さんが増えましたね。

今日の研修でも、防塵マスクの話が出ました。

重大な健康被害を引き起こしたり、最悪死亡事故にもつながってしまう作業においての話ですから、防塵マスクにもとても厳しい国やJIS規格の認定が必要だそうです。

P1020987

 

なので防塵マスクには、認定が下りたシールが一か所ではなく、結構あちらこちらに貼られていて、機能が変わらなくともシールを剥がしただけで認定されたものとはみなされず、もし事故が起きた際には労災が下りないなどのリスクなどもあくまでも可能性ですが、それも否定できない等の話も講師の方が話されていました。

P1020988

なので国や行政等の認可というものは厳しくもあり、当然かもしれませんが信頼性が高いということの証明なのですが、また業者選びの話に戻ってしまうのですが、サイディング何とか資格やら雨漏り診断の資格やら、講習だけで取得できてしまう民間の資格などを意図的に信頼性の高い資格と偽るような形でクローズアップしている業者さんもとても多くみられます。

 
 

まぁそれもビジネスと捉えれば、とても頭のいい方法なのかなとも思いますけどね。

それにしてもネットの情報というのは、ちょっとだけの調べものには重宝しますが、重要なことに対しては一歩下がって変な話、斜めから見た方がいい場合もありますね。
 
 
自分の業界をみていると、最近は余計ほかの情報もそう見てしまうようになってしまいました(笑)


カテゴリ:塗装業界 ,技術

お見積もり・お問い合わせフォーム

お名前 ※必須
ふりがな
ご住所
電話番号
メールアドレス(半角)※必須
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお電話時間 (複数選択可) 午前中  午後 夜6時~9時頃 まだ未定
通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

各種塗料メーカー取扱しています。取扱塗料はこちら

 

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

カテゴリ一覧
最新記事

世田谷に引っ越し完了!...

横浜市内最長のトンネル...

10年間の戦い。

世田谷区の店舗工事の続...

世田谷で10年ぶりの調...

横浜市の庁内報への掲載

5月オープン。世田谷区...

一級塗装技能士の検定試...

完工検査で出会った素晴...

起きたら怖い、塗装作業...

月別アーカイブ

対応地域

求人募集

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
塗替え川柳コンテスト
 
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

 
職人からの現場中継