2013年11月7日

外壁塗装の虚偽表示と二重価格

人気blogランキングへ

外壁塗装にもあります、虚偽表示とか二重価格。

 

たとえば見積書や契約書に明記した高価な塗料とは違う、安いものを使うような場合です。

 

違う塗料を使うと塗料缶でお客さんにばれてしまうので、空っぽになった高価な塗料の缶に移し替えて塗るという方法など、昔は聞いたこともあります。

さすがに今はそんなことをやっている業者さんはいないと思いますが。

 

でも缶数については、偽ったりすることがあるかもしれません。

よく塗料の種類をすごく気にされるお客さんがいますが、それ以上に長持ち(耐久性)に影響するのは缶数なのです。

その工事で、どれだけの塗料を消費するのかということです。

 

たっぷり濃く塗ればそれだけ塗料の性能が高まるのですが、業者にとってみれば、薄く伸ばした塗料のほうが、はるかに手間がかからず楽なんです。

 

価格が一番の要因になるかもしれません。

予算が足りなくなるとまず一番先にやってしまうのがこの薄くのばして塗る方法。

 

もし缶数が少なければ要注意です。

 

ただ見積書などに明記している缶数と、実際に使用された缶数は、一致しない場合もあります。

 

外壁はザラザラやツルツル、凸凹や平坦など、それぞれの種類や模様があり、その状態によってすごく塗料消費量が上下するからです。

 

もちろん見積もりのときに、外壁を見てその家にとって一番塗料性能を発揮する消費量をはじき出すのですが、それでも実際に塗ると前後するときがあります。

 

足りないときは後から注文するし、多いときは残るという感じですね。

 

おかげで倉庫がいつもパンパン状態。

 

マジ悩みの一つです(+_+)

 

残っても、他の現場では色や種類によって使えない場合もあるので、できるだけ消費するようにしています。

 

以前どこかの業者さんで、使い切って空っぽになった塗料缶を見せて、「全部使い切ります!ほら空っぽ!」、という広告がありましたが、ぴったり使い切ることは稀ですね。

 

もしぴったり使い切るとしたら、足りなくて無理して間に合わせたケースのほうが多いと思います。

 

いずれも素人から見ればこんなことはわかりませんが、これから工事を考えている人は、缶数に注意をしてみてください。

 

そのほか、気をつけていれば気づきやすいのが、価格の二重価格です。

「本来160万円するのですが、今回上司と相談しまして100万円で工事させていただきます!」みたいな。

近くで工事しているから足場代はサービスします、のように安くできる理由をつけている場合が多いです。

 

先日も、それが魅力で契約したが解約したいのでどうすればいいのか、という相談の電話を受けたばかりです。

 
では~(^^)v

カテゴリ:未分類

お見積もり・お問い合わせフォーム

お名前 ※必須
ふりがな
ご住所
電話番号
メールアドレス(半角)※必須
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお電話時間 (複数選択可) 午前中  午後 夜6時~9時頃 まだ未定
通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

各種塗料メーカー取扱しています。取扱塗料はこちら

 

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

カテゴリ一覧
最新記事

世田谷店一周年

GW中も仕事してます。

ラッシュ突入

屋根の縁切り、タスペー...

塗装のにおい、体への悪...

YOUTUBE、500...

大雪でも雪が積もらない...

平成30年元旦、あけま...

2017年もお世話にな...

メリークリスマス!

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継