外壁塗装の足場

クサビ足場、単管足場、ビデ足場・・・足場によって塗装の質が変わる。

足場代が無料になる!?

外壁塗装・屋根塗装の足場

塗装の質がアップする、クサビ足場採用。

どちらが危険? 丁寧な作業ができる?

クサビ足場

慣れれば地上作業とほぼ変わらない「クサビ足場」

単管ブラケット足場

落下の危険性が常にともなう、「単管ブラケット足場」

これははっきりしていますが、足場で塗装作業の丁寧さが変わります。
職人は面を切って言わないですが、クサビ足場に慣れているほど、確実に単管や単管ブラケット足場を嫌います。

落下の危険性に注意を払いながらの作業と、その危険性がない中での作業では、確実に念入り作業のしやすさが変わってきてしまいます。

どこの業者さんも、いつまでに終わらせるという工期が決まっているという中で、丁寧な作業が安全にできるということは、リズムよくスピードある作業が求められます。

一昔前に主流だった単管ブラケット足場も、両手手放しで作業できない、揺れるので材料も置けない、足場板が狭いなど、体も材料もその分落下の危険性が高まるため作業が荒くなってしまうのは事実です。

私たちも昔は単管やブラケット足場を自分たちで組んでいましたが、塗装作業の妥協を省くためにクサビ足場方式に変更しました。

当代表も過去、1階からですが足場から落下してしまった経験もありますし、何度も落ちそうになった経験は数知れず、実際に2階の足場から落下して大怪我をした職人も20年の経験で2人います。

塗料の落下こそ数知れず、周りを汚してお客様に迷惑をかけてしまったこともあります。

クサビ足場はハンマーでがっちり組み立てるため、作業の際はカンカンと音が発生しますが、家を長持ちさせるための職人の丁寧作業には必ず必要な足場です。

株式会社塗装職人ではクサビ足場での外壁塗装をお約束させて頂きます。

足場の組み立て中
資材を運び中

-単管・ブラケット足場-

2本の管の上、またはブラケットに乗って作業する足場のため念入りな作業がしづらい。

単管足場

2本の単管の上で作業する単管足場

ブラケット足場

ブラケット足場

ブラケット足場

足場板が狭く揺れる単管ブラケット足場。

組み立て作業中

よく昔はこれでやっていました。

-クサビ式足場(くさび緊結式)-

足場自体、部材が多くなり重量もありますが、足場幅が広いので格段に仕事がしやすい

クサビ式足場(ビデ足場)

両手手放し作業ができるため念入り作業も楽。

ビデ足場

ほとんど揺れません。

足場に付いた階段

階段が付くとさらに便利。丁寧な作業が楽になる。

塗装職人の幕

株式会社塗装職人の宣伝もばっちり。

広い足場

足場の上が広いのも特徴

シートが付いている

シートがないとどの種類の足場も同じに見えます。

数年前まで、私たちも単管足場を含め自分たちで足場を組んでいましたが、現在は現場数の急増とともにクサビ専門の足場職人に担当させることが多くなりました。

よく敷地が狭いことを心配して、本当に足場が組めるのか聞いて来られるお客さんがいますが、今までどんなに狭かろうが、足場を組めなかったことはありません。

枠組み足場の組み立て作業

足場のようす。家の周りを一周。

境界線。こんなにせまい場所もあります
雑居ビル。となりとの間が40センチほどのところも
見る限り、塗装ができなそうな、せまいビルとビルのあいだ

また、自宅が山の上などで、トラックなどが入らない狭い道路や階段の上にある家などは、必然的に手運びで足場を運搬することになります。

私たちが今まで運んだ距離で、一番大変だったのが、横須賀方面の山の階段上の現場で、100メートルほど、手運びをしなければならない現場でした。

正確に重さを測ったわけではありませんが、家1軒ぶんの足場をトラックに載せると、おそらく1トン前後は行くと思います。

その重さすべてを、手運びしますので、相当な重労働になります。

塗装のセールスでよくあるのが、「足場代無料」という魅力的な言葉ですが、わたしたち職人からしてみれば、到底足場代を無料にすることはできません。

「近くで足場を組んでいるから・・・」というように、なぜ足場が無料になるのかの説明をすることもありますが、隣でも県外でも足場を解体して組み立てるのは、どちらも同じ労力です。

近くや隣というだけで、足場代が無料になる理由にはなりません。

違うのは、ガソリン代と車で運ぶ際に時間がかかるというだけです。

知識のなさを逆手にとって、よい面だけをオーバーに提案するようなことは、この塗装業界にはよくあることです。

足場を組む前には、このことにご注意を。

自宅の外壁のすぐ脇が車庫になっている場合は、事前にほかの場所に一時的に駐車できるスペースを借りていたほうがいいでしょう。

足場は外壁から離れても1メートル以内のところに組み立てられます。

外壁の脇に止まっている車
車が移動した後

もし車に傷がついてしまったら大変です。

本当は足場の時だけでなく、塗装作業中にも塗料や足場の上からものが落ちてくる可能性はないといえないので、塗装期間中はほかに駐車しておいたほうが無難です。

ほかには、植木や植物関係です。

プランターなどは移動すればいいだけの話ですが、外壁近くに地面から生えている植物などは植え替えが必要になる場合もありますので、事前に確認をしておく必要があります。

組み立てのようす

サイディング外壁塗装の足場。(横浜市保土ヶ谷区)
足場組み立ての段取りをする職人。(横浜市保土ヶ谷区)
単管パイプで足場を組む職人。(横浜市戸塚区)
足場を組んでいる職人。(横浜市保土ヶ谷区)
庭先で足場を組む職人。(横浜市戸塚区)
サイディング外壁の足場を組む職人。(横浜市南区)
車庫の上にある住宅外壁塗装の足場を組む職人
モルタル外壁の足場を組む職人
狭い場所にパイプを入れながら足場を組む職人

足場一部抜粋

隣接した建物に気をつけながら足場を組みます
自動車が汚れないようにシートで覆います
シートには大きく広告
1
車庫にも汚れがつかないように注意します
2
3
一面のみのシート
植木にシートをひっかけないように注意します
4
5
6
7
8
足場の右上に広告を掲載
現場までトラックで足場を運びます
フェンスにひっかけないように注意します
はしごを使って足場に上がる場合もあります

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継