とそ女りおのブログ

塗装職人

とそ女りおのブログ

とそ女りお”プロテイン”の巻

2016.11.09

毎日飲んでます。

こんにちは。 ”とそ女”りおで~す。

ちょっとブログをさぼっていたらすっかり秋になりましたね。

暦ではすでに立冬といいますから、秋というよりも冬突入という今日この頃です。

とくにここのところ冷え込みが厳しく、朝早くから活動する私としては、寒さが応えます。

炎天下の真夏の現場もしんどいですが、木枯らし吹きすさぶ季節もまた辛いです。

塗装ってつくづく体力がいる仕事だと思います。

常々、親方からはローラーづかいも、刷毛づかいも、腕力がいるのだ、と

教わっていて、それって、最初はよくわからなかったけど、ローラーにしても、

刷毛にしても、長時間一定の力とリズムで使いこなすには、

やはり、体力にゆとりがないといけないなぁ~、思うようになりました。

以前「りお、いつもいっぱいいっぱいではダメなんだ」そして「筋力をつけなさい」と

親方からいわれ、その後に、そっとプロテインを差し出されたけれど(感激!)、

そのプロテインは毎日、夜の筋トレの後に飲み続けていますが、

ここのところダンベルの重さが、ちょっとかるくなったかなぁ~と思えるのは

私の気のせいでしょうか。

ずいぶん、プロテインの残量は少なくなってきたので、親方におねだりしようかしらん。

軒天の養生は肩が凝る。

ところで、今日は現場で養生を行いました。

塗装の仕事って、事前の準備がことさら大切だけに集中、集中。

壁面の窓枠や他の突起部など、いろいろシールを貼り込めますが、

やっぱり頭上を見上げての軒天の作業は肩が凝ります。

終わってみれば、肩パンパンで~す。

施主さまから激励されました。

下の写真は、仕事が終わって片づけをしていたら、

施主様のご主人と話し込むことになりました。

伺えば、私たちの同業のお仕事をされてたいとか。

(当然ですが)私を塗装職人の丁稚とお見立てしたらしく

「職人はコツコツと仕事を覚えること。

根性があるなら伸びるよ」といわれました。

う~む、職人の肝、さすがによく見てるぅ~。

当然ですが、蛇の道は蛇なんですね。

その言葉って妙に心に刺さってなんか、勇気が湧いてきました。

 

あんたの親方はピカイチ!。

そういえば、ご主人は、私がついてる親方の仕事ぶりをみて

「あの人は、今まで見てきた塗装職人の中ではピカイチだよ」といっていたっけ。

そして「あんた、いい親方についたねぇ~」とも。(えへん!)

I think so!

私がいうのもなんだけど、確かに、確かに。

親方は、”うまい”、”はやい”、”たかい”!

本当にいい仕事をする塗装職人。私は門前の小僧を目指して頑張りま~す。

日々勉強。

  • シェアする: