とそ女りおのブログ

塗装職人

とそ女りおのブログ

弥生3月、春めいて

2017.03.03

170226-荒木邸-りおs008

ご無沙汰してます。とそ女りおです。
やっと春めいてきました。
3月の声を聞くとどこかホッとしますよね。
早かったような、遅かったような…。
楽しかったような、辛かったような…。
とそ女りお、職人になってそろそろ1年です。

170226-荒木邸-りおs001

養生してて往生しました

そして、職人になってはじめての冬を体験しました。
夏の暑さも応えますが、冬の寒さもシンドイ。
この間(といっても1月ですが)、
粉雪がちらほら舞う凍える日、
養生仕事をしている時でした。
日中気温が下がり、寒さも増してきたら、
養生する手も凍えて、動かなくなりました(マズイ)。
仕事を止めるわけにはいかないので、
親方にお願いして、コンビニに行ってホカロンを買い求め、
手を温めながら、なんとか仕事をこなしました。
養生しながら、往生したという一日でした。

170226-荒木邸-りおs003

閑話休題(お正月話で恐縮です)

お正月は静岡の実家に帰らず、友達と年越しして
東京ディズニーランドに行きました。
そのことについて親方との会話を紹介しますね。

りお1

私:(得意げに)「お正月、ディズニーに行ってきましたァ~!」
親方:(おもむろに)「塗装、見てきた?」
私:「えっ!」(訳わかんねぇ~)。
親方:「ディズニーはエンタの殿堂だけど、塗装の宝庫、塗装の博物館でもあるんだぞ!」
私:「うそぉ~!」(なに言ってんだろ?)
親方:「アトラクション然り、建物の屋根・壁、インテリア、
山、洞窟、塀…然り、そして、そこいらにある置物なども
アートペインティングだったり、エイジング塗装なんだ!」
私:「へぇ~!」(そういえば、そうだったなぁ~)。
親方:「それをお前、見なかったのか?」
私:「すみません!」(飲み物・食べ物・乗り物がメインでした)
親方:「ホントにお前は駄目だな。遊びに行っても、
常に職人の目で見なきゃ駄目なんだ。気を抜くんじゃない!」
「ハイッ…!」(トホホ)

wharf-13465_960_720

備忘録:次は”塗り物”をメインに!

  • シェアする: