> > 一級塗装技能士の欠点

一級塗装技能士と塗装店

一級塗装技能士から業者選びをしたのに、納得いく工事ではなかった場合。

いい仕事をするはずの一級塗装技能士が、いい仕事ができないたった一つの理由。

 

一級塗装技能士と聞こえはいいですが、実のところ工事の質は会社の方針できまるところがほとんどです。

そのため一級塗装技能士でも、
莫大な加盟金で作業する大手の傘下業者や、丸投げの環境で作業する一級塗装技能士では意味がないことも知っておきましょう。


いくらいい腕をもっていたとしても、
いい工事をするために必要な材料と時間がなければ、一級塗装技能士の資格は無意味です。

一級塗装技能士合格証・川口一級塗装技能士の腕が発揮されるのは、必要な材料と時間が十分与えられたときだけです。


塗装技能士という名前だけで、質のいい工事になるという誤解をしてしまわないためにも、塗装技能士の価値を上げるためにも知っていてほしいことがあります。


塗装工事で、一番コストがかかる部分は人件費です。


薄くのばした塗料で塗れば、塗りやすく人件費もかかりません。塗料代も浮きます。
工期を短くすればするだけ、人件費もかかりませんが、工事の内容も薄いものとなります

逆に濃厚な塗料で塗れば、塗りやすいとは言えず手間がかかるので人件費もかかります。

早く工事を終わらせてほしいという矛盾を言われるお客さんもいますが、塗装の質から考えると、塗装が長持ちするためには濃厚な材料をつかい、工事全体にも時間をかけて塗装した方がいいものができるのです。

ただ、どの業者さんも、工事のレベルがわかってしまうため、このコストや人件費について、自ら進んで話そうとはしないものです。

そんな 業界事情、会社事情を話すことより、当たり障りのない専門知識を述べといた方が、会社的には支障なく運営できます。

でも...

それで今までどれほどの人が ”塗装で後悔” しているか
知っていますでしょうか?

一番工事の質に強く影響される部分の話をせずに、一般的な話をしたとしても、それは私たちに業者にとっては、ただ単に都合の悪い部分をひた隠しているのと同じことなのです。
一級塗装技能士合格証・柳澤人件費までは把握できませんが、それだけ手間をかけさせてもらっているというひとつの根拠としては、職人たち自身が撮影して公開している工事事例があります。
マニュアル工事をわかってもらうためには、しっかりとした工事内容のものを一つだけ載せるのではなく、いつも行わせてもらっているというのをわかってもらうためにも、可能な限り多くのせています。

一級塗装技能士合格証・星野写真では詳細なことは分かりにくいですが、たっぷりな塗料を使い、ただの3回塗りではなく、細かいところや見えない場所の隅々まで職人が作業している様子がわかってもらえるかと思います。

ただし、そのマニュアル的な工事も、
塗装技能士だからというよりは、その裏にある時間と材料が十分にあることではじめて可能
となります。
手間、材料を必要なだけたっぷりと使い家を一軒仕上げるということは、これだけの業界の値引き競争の中では簡単にできることではありません。

そのために、塗装技能士の名前が多く利用され、それだけでいい工事ができるというイメージや誤解を生んでいます。

塗装技能士という名前だけでなく、
塗装技能士がいい仕事をするための条件

というものが、何より重要だということを理解してもらえれば、おのずと塗装技能士の価値も上がって、何より消費者がより賢い業者選びにつながるのではないかと思います。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

対応地域

求人募集

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
塗替え川柳コンテスト
 
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

 
職人からの現場中継