> > 横浜と塗装業

横浜と塗装業

日本での塗装業のはじまりを、歴史をたどりながら写真と共にご紹介。

塗装業者としての手本をこの横浜から

我国塗装発祥之地記念碑

日本ではじめて塗装が行われたのはこの横浜からでした。

我国塗装発祥之地記念碑

外人墓地のほぼ真下にあたる元町商店街から200メートルほど奥にある元町公園には「塗装発祥の地」として記念碑がたてられています。

元町公園の入口

生まれも育ちも横浜の私にとっては、少し意義深いものを感じたりもします。
1853年の横浜の開港前に当時の渋塗り職人の町田辰五郎が、アメリカから伝わったペンキ塗装を命じられ、日本ではじめて塗装を手がけた人物だといわれています。

塗装職人社長と記念碑

その名残りがあるのか、港の見える丘公園から外人墓地の方角に向かっていく山手本通りのに面する家には、さまざまな西洋館があり、確かに塗り応えがありそうな家というイメージもあります。

山手本通りの案内板

記念碑に彫られた建立発起人

ちなみに建立発起人には13人の名前が刻印されていますが、塗装職人だったのかどうかは定かではありません。

昔の職人に聞くと当時はローラーなどはなく、養生も新聞紙で行っていたということですが、横浜開港はもっと倍近く昔の話なので、塗り方の想像もできません。ちなみにローラーも確かアメリカから伝わってきたということらしいです。

全国塗装業者合同慰霊碑

横浜は1859年に開港されました。
当時の神奈川宿にあたる今の青木橋(神奈川区)にある本覚寺が高台にあるため景観がいいのと船着き場までが近いという理由で、本覚寺がアメリカの領事館に指定されたということです。

アメリカ領事館跡の碑

本覚寺の門

神奈川宿歴史の道案内板

そしてこの本覚寺には、全国塗装業者合同慰霊碑が立てられています。

全国塗装業者合同慰霊碑

本覚寺の寺史では、日本で純日本建築物にはじめてペンキ塗装をしたのが領事館員と言われています。

純日本建築物をはじめて塗装したのがアメリカ人の領事館員、西洋館をはじめて塗装したのが、江戸の渋塗り職人とは面白いですね。

ちなみに山門の飾りである唐獅子の口周りには、うっすらですが当時に塗った赤色だと思われるようなペンキが見えます。

唐獅子

今から150年ほど前です。
昔のペンキは今ほど性能が低いでしょうから、現在のシリコン塗料が塗られているとしたら、もっとはっきりと残っているのでしょうか。

さらに言えば横浜駅東口から青木橋付近は、今はビルで遮られているものの、その時は海からの潮風が直接当たっていたはずなので、傷み方も今よりは厳しい条件だったのだと思います。

青木橋

横浜の歴史

横浜に塗装がはじめて伝わったというほかにも、港の開港ということもあって、昔は造船所も多く、みなとみらいのランドマークタワーあたりはまだ海で、横浜塗装職人は西洋館以外にも船体の塗装もよく行っていたようです。

観覧車とホテル


ドックヤードガーデンなどは商船用石造りドックとして、そのまま船が入れるような形状のまま残されています。(写真は飛鳥)

停留している飛鳥Ⅱ


その他横浜には有名な港の見える丘公園、山下公園、中華街や情緒あふれる赤レンガなどがあり、全国住みたいまちランキング1位にもなっています。

赤レンガ倉庫

大桟橋から望むみなとみらい

中華街

あかいくつ市営バス


いずれにしてもいたるところで注目を浴びるこの横浜で、塗装業者として存在している以上、業者の手本として業界を引っ張っていくように自分自身にも言い聞かせて引き続き邁進していきたいと思います。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
求人募集
塗替え川柳コンテスト
 
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

 
職人からの現場中継