外壁塗装情報

2016年9月9日

横浜市神奈川区 スレート屋根 葺き替え 張替えの工程 その3

人気blogランキングへ

スレート屋根 葺き替え 張替えの工程 その1

スレート屋根 葺き替え 張替えの工程 その2

image081

ケガキ線に沿って加工します。 image082

硬い鉄板を紙でも切るかのごとく、切っていきます。

納め部分の複雑な形をどんどん加工していきます。 image083

反対側も同じように加工。image084

ケラバの段差に乗せる部分をツカミで広げます。image085

棟包みの納め「拝み部分」の最終仕上げです。 image087

ケラバにツカミ込む部分をケガキます。
image088

切り出した端材が落ちないように、手を添えて加工。
image089

拝みをツカミ込みます。
image090

棟包みと通気棟包みを嵌合させます。
image091

棟包みのサイドから、合成木材へビス打ちし固定します。image092

その他、片流れ棟を施工後、作業は終わりました。

今回のスレート板はコロニアルの遮熱を使用。image093

弊社提案の明るい色を決めて頂いたため、色による畜熱作用も少なく、快適な住環境の施工が出来ました。黒や濃い目の屋根は温度的に時代遅れですネ!image094

動画はこちらから御覧になれます。

 

スレート屋根 葺き替え 張替えの工程 その1

スレート屋根 葺き替え 張替えの工程 その2

  • シェアする:
カテゴリ:神奈川区 ,大工・板金工事 ,横浜市 ,屋根工事

2016年9月8日

横浜市神奈川区 スレート屋根 葺き替え 張替えの工程 その2

人気blogランキングへ

その1はこちら 

全てのスレート板(カラーベスト)が葺き終わり、最後は棟板金の仕上げになります。
image061

全てのスレート板(カラーベスト)が葺き終わり、最後は棟板金の仕上げになります。換気棟包み設置のため、下葺材に通気孔を空けます。この隙間から住宅の湿気と熱気を外部へ放出します。換気棟包みから入ってしまう雨水を止める役物、捨水切の設置。
image062

位置合わせの後、ビス打ちする箇所にドリルで下孔を空けます。タッピングビスで固定します。
image063

捨水切の設置完了。
image066

棟木の固定。位置合わせの後、下孔を空けてからビス打ち。最近の棟木は材木ではなく、合成木材が増えてきました。天然材に比べて、痩せや腐りが少ないのが特徴。
image067

捨水切の端部金物を付け、シール材で防水加工を施します。ビス頭も念のためシール材を打ちます。
image069

通気棟包みの位置合わせを行なった後、繋ぎ部分がスムーズに入るよう加工します。
image070

通気棟包みの穴位置を確認。image071

下孔を空けた後、通気棟包みのビス位置にあらかじめシール材を打っておきます。
image072

通気棟包みを専用ビスで固定。image073

このビスにはクッション状の座金が付いています。 通気棟包みが平らになるところで締め込みを止めます。image074

水返しを広げて、通気棟包み同士を繋げていきます。
image075

板金の専用工具、ツカミで嵌合(かんごう)させます。 image076

換気棟設置が終わり、棟包みの納めを加工します。 image077

棟包みの端部、つかみ込みを計算してカット。
image080

加工のための寸法出しをします。赤ペンでけがいていきます。image078

指金で直角を出して、加工箇所をケガキます。手さばきの良さが、円熟の職人であることを感じます。
image079

その3に続きます

動画はこちらから御覧になれます。

  • シェアする:
カテゴリ:神奈川区 ,大工・板金工事 ,横浜市 ,屋根工事

2016年9月7日

横浜市神奈川区 スレート屋根 葺き替え 張替えの工程 その1

人気blogランキングへ

木造住宅の屋根は住宅の防水の「要」。雨水による雨漏りや内部からの湿気も影響する場所です。弊社(株)塗装職人では屋根の葺き替え、張り替え工事も行なっています。
スレート屋根葺き替え・張替え工事の事例をお伝えします。image035

先ずは劣化したスレート板、金物、アスファルトルーフィングを撤去します。
image037
※イメージ写真で失礼。 image038

その後、野地板の具合を判断します。今回の野地板は劣化していなかったため再利用、その上に新規のルーフィング(下葺材)を施工しました。
image039

ルーフィングの次は金物を取り付けます。屋根の角部分や金物(役物)の端(納め)は加工が必要になります。
image040

熟練の職人が金バサミとツカミを使って、その場で加工をしていきます。
image042

棟包み(屋根の一番上の金具)以外の役物の施工、設置が終わったら、軒板を設置。墨壺でラインを出し、正確に軒板を釘で留めていきます。
image043

この軒板はケラバとの間を合わせ、真物(既製品の状態)のスレート板を若干カットしています。
image046

最初の工程、軒板の位置合わせは本当に重要です。軒板の据え付けがズレてしまうと一番上までズレてしまうからです。
image047

軒板が端まで葺き終わったら、スレート板(カラーベスト)の設置が始まります。釘位置が図面の軒板(赤)のギリギリ上になるようにスレート板を設置。スレート板は図面でも分かるように斜めに浮いています。釘は八割ぐらいの力で打たなくてはいけません。図面出典:ケイミュー株式会社 軒先部納まり参考図
image048

釘が打ち終わったら次の板を設置します。
image095

軒に近い部分に雪止めを設置します。※雪止めは施工地域の気候条件によって、施工方法が異なります。
image050

上へ向かってスレート板を重ね合わせ、設置していきます。
image051

隣り合ったスレート板は若干の隙間を空けて葺いています。それはスレート板と野地板との膨収率が違うために必要な隙間です。
image052

また、アスファルトルーフィング(下葺材)は釘に密着します。釘穴による防水効果の低減は発生しません。
image054

釘が打てない小さなスレート板は接着剤で接着。 image055

シリコンシーラントは屋根材の耐用年数よりも長期間の接着能力があります。
image056

ここで親方の打ち方を見てみましょう。先ず一ケ所、端の板を留めます。
image057

次に隣の板、一番奥の釘孔をきめます。 戻って、板の反対の釘孔を打ちこみます。最初の板に戻って、微調整し釘を打ち込みます。リラックスした手首と、心地良い打撃音が熟練度を現しています。
image058

全てのスレート板(カラーベスト)が葺き終わり、最後は棟板金の仕上げになります。
image060

その2に続きます 

動画はこちらから御覧になれます。

  • シェアする:
カテゴリ:神奈川区 ,大工・板金工事 ,屋根工事

お見積もり・お問い合わせフォーム

お名前 ※必須
ふりがな
ご住所
電話番号
メールアドレス(半角)※必須
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお電話時間 (複数選択可) 午前中  午後 夜6時~9時頃 まだ未定
通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

 

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

今週の塗装職人 3月2...

塗装職人になれた!ご家...

工事進行中 3月14日...

工事進行中 3月7日現...

工事進行中 2月28日...

横須賀市のお客さまが親...

第1回塗替え川柳コンテ...

第1回塗替え川柳コンテ...

工事進行中 2月21日...

第1回塗替え川柳コンテ...

月別アーカイブ

対応地域

求人募集

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
 
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

 
職人からの現場中継