外壁塗装情報

2015年6月19日

栄区でのALCヘーベルの外壁塗装施工事例

人気blogランキングへ

現場は栄区本郷台。

小菅ヶ谷小学校近くの住宅街です。
平成元年ごろ、ヘーベルさんに塗装してもらった基礎はもう寿命がきたためか、塗装がバリバリに剥がれ。
一見増し打ちでも良さそうな目地シーリングは、概算見積もりでは単価900円とお伝えし約300メートル。
実寸では364メートルありました。
ALC(気泡コンクリート)はサイディングと同様に目地シーリングが多いのです。
ただサイディングと違って、ALCはパネル同士の隙間が元々ありませんので、サイディングの目地のように、シーリングが劣化しても隙間があくことはありません。
そこがサイディングとALCの大きな違いですね。
なので、このお家も見た目は目地のクラックが少し気にはなりましたが、増し打ちでも大丈夫かなと思った次第ということです。
でも結局は打ち替えをさせていただきましたのでした(笑)
塗料は外壁はパーフェクトフィラーにて下塗り後、シリコン塗料にて中塗りと上塗り。
雨戸、破風(パラペット)、雨樋はパーフェクトプライマーで下塗り後、やはり溶剤シリコン仕上げです。
日本ペイントのパーフェクトシリーズは、戸建塗装の塗料の中では最新に位置する塗料です。
特に付帯部については塗装の剥がれがトラブルとして懸念するところではありますが、密着度抜群の塗料です。
まぁ高圧洗浄と下地調整のケレンをしっかりとした前提ですが・・

施工は一級塗装技能士を超える「塗装指導員」が作業。
超えるとか、偉そうですが、まぁ自慢の職人たちが塗装させていただきました。
シーリングは、専門のシーリング職人が、たっぷりと2液成分形のコーキングで肉厚に注入いたしました。
  • シェアする:
カテゴリ:ALC ,一級塗装技能士 ,栄区

2015年5月25日

余計悪化する屋根塗装のパターン

人気blogランキングへ

コケ、カビなどが特徴のコロニアル屋根。

見栄えも悪くて塗装をするわけですが、塗ると余計に悪化してしまうパターンがあります。
たとえば数年後、塗装がバリバリに剥がれてくる現象です。
ogino-tei (7).JPG
だいたい高圧洗浄の不足や下塗りシーラーの塗装が甘いとそうなります。
コロニアル屋根は外壁よりも劣化状況が悪いです。
紫外線が強烈にあたり、塗膜が風化して、カビやコケが全体に発生。
砂埃も頑固に付着しています。
CIMG9312.JPG
CIMG3395.JPG
そうした状況で塗装をするためにはよほど屋根表面をきれいにする必要があります。
なので高圧洗浄でよくきれいにしてから、その強烈な環境でも塗装をはがさないため下塗りのシーラーを、滴り落ちるようにたっぷり染み込ませるように塗ってあげます。
CIMG6533+1.jpg
CIMG5824.JPG
いずれかの作業が不完全になりますと、数年後に塗膜が花を咲かせたようにはがれてくるトラブルになります。
そしてもっと大変なのは、そこからまた塗装をし直すことにあります。
だいたいはその時は新築から2回目の塗装ということになります。
そのためにはやはり高圧洗浄が必要になるわけですが、通常はコケや砂埃を洗い流す作業で良しとしていいはずなのですが、さらにバリバリになった塗膜も除去する必要があります。
たちの悪いことに、完全に弱くなってはがれかかっている塗膜だけならまだいいのですが、中途半端に密着している塗膜があるのでそれも除去する必要が出てきます。
もし中途半端な塗膜の上からたとえ新しく塗ったとしたら、見た目はきれいな仕上がりでもいずれはバリバリにはがれてくる可能性があります。
この塗膜は高圧洗浄でも簡単に落としきれるものではありません。
通常の約2倍は作業時間がかかります。
塗膜がドロドロのヘドロのようになって洗い流されていきます。
ogino-tei (10).JPG
ogino-tei (11).JPG
過去の例では屋根だけで1日半掛かりました。
なのではじめての屋根塗装は、こうした2回目以降の塗装にも悪影響を与えてしまうため、とても大切になってきます。
  • シェアする:
カテゴリ:栄区

2015年1月22日

2015年1月22日 今日のひとこと

人気blogランキングへ

おはようございます!今日は朝から雨ですね…気温も低いですし、体調にはお気をつけてお過ごしくださいね。では、今朝の黒板です。

2015年1月22日の黒板表
2015年1月22日の黒板裏
今日は「カレーライスの日」なんです!1982年の1月22日、全国学校栄養士協議会が統一献立日を企画し、全国の小中学校の給食にカレーを出すことになったそうです。実際には一部の学校でしか実施されなかったという話もあるようですが、これを記念して「カレーライスの日」と定められました。
なぜメニューがカレーになったのかというと、全国調査で最も人気があったからだとか。今も昔も子どもはカレーライスが大好きなようですね♪
また、当時は学校給食といえば、まだまだパン食だったそうですが、米飯給食の普及を促したともいわれています。
カレーは元々インドの料理ですが、私たちが想像し、よく食べるカレーライスは英国を経由して日本流にアレンジされたもの。いろいろな種類がありますが、みなさんは何カレーがお好きですが?我が家では、よくポークカレーを食べています。
固形のカレールーが普及して、手軽にたくさんカレーを作れるのも魅力ですね。
そんな今夜のメニューはカレーにしてみるのもよいかもしれません(^▽^)
  • シェアする:
カテゴリ:栄区

お見積もり・お問い合わせフォーム

お名前 ※必須
ふりがな
ご住所
電話番号
メールアドレス(半角)※必須
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお電話時間 (複数選択可) 午前中  午後 夜6時~9時頃 まだ未定
通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

各種塗料メーカー取扱しています。取扱塗料はこちら

 

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

今週の塗装職人 4月1...

厚生労働省関連サイト「...

今週の塗装職人 4月1...

今週の塗装職人 4月4...

今週の塗装職人 3月2...

トップページの写真が変...

塗装工事から10年。お...

今週の塗装職人 3月2...

塗装職人になれた!ご家...

工事進行中 3月14日...

月別アーカイブ

対応地域

求人募集

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
塗替え川柳コンテスト
 
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

 
職人からの現場中継