外壁塗装情報

2017年2月26日

横須賀市のお客さまが親子で塗装体験!

人気blogランキングへ

2月26日、横須賀市のお客様参加による「報奨付一日塗装体験キャンペーン」を開催しました。

今回はお父様と小学4年生の息子さんが塗装体験を行ないます。

先ずは玄関横のサイディングの中塗りについて、職人の近藤が分かり易く解説を行ないました。

「国家資格の一級塗装技能士」と、「神奈川県知事認定の塗装科職業訓練指導員資格」を持つ近藤のレクチャーは的確です。

 

早速塗装を開始します。

近藤職人がローラーで全体の塗装をする前の「ダメコミ」のお手本を行なってから、お父様に塗装をチャレンジしてもらいます。

ダメコミとは、ローラーで広い面を塗る前に、刷毛で隅を塗り込んでおく工程の事を言います。

 

 

 

お父様、息子さん、二人とも真剣に刷毛で塗り込んでいきます。

近藤がアドバイスをしながら塗装は進行します。

 

お父様は船舶関連のお仕事で「塗装の経験はある」のですが、さすがに自宅の塗装は緊張した面持ちで「勝手が違う」ご様子。

しかし直ぐに慣れてしまい、凹凸のある難しい壁面であっても、軽やかなローラーワークで塗り進みます。

 

 

 

次は息子さんの番です。

 

 

息子さんは外壁と格闘しています。
お父様は息子さんを厳しくも暖かい眼差しで見守っています。
二人とも目に力が宿り、本気の様子が伝わってきました。
小学生でも頼もしくカッコいい!

 

 

お二人で一面を塗り終えました。

塗装体験が終わり報奨の商品券を贈呈です。

息子さんが一家を代表して報奨を受け取りました。

 

 

お父様のご感想
「息子と一緒に貴重な塗装体験が出来てとても楽しかったです。自宅を自分で手入れする機会が無いので、今回の塗装で更に自宅への愛着が強くなりました。」

 

息子さんのご感想
「はじめは良く分からなかったけど、職人さんに教えてもらって上手く出来ました。少し疲れたけど楽しかったです。」

 

職人近藤の感想
「ご主人も息子さんもとてもお上手でした。これからも大切にお住まい下さい。」

 

今回の塗装体験も思い出に残る、楽しいイベントとなりました。

 

お二人とも何年経っても「俺が塗った壁」として、忘れないことと思います。

報奨付一日塗装体験キャンペーンについては特設ページをご覧ください。

今回の塗装体験はYouTubeの動画でもご覧になれます。

  • シェアする:
カテゴリ:横須賀市 ,外壁塗情報 ,一日塗装体験

2014年8月22日

横須賀市での塗装工事、タッチアップと施工完了

人気blogランキングへ

本日は横須賀市久里浜の現場の様子をお届けします。
前回、屋根の縁切りをしましたので大方の施工は完了しました。この日はタッチアップと掃除をして、全ての塗装工事を終えます。
細部まで念入りに塗装をしていても、掠れや透けは出てしまうもの。そのため、家全体をよく確認しながら、該当箇所の再塗装をしていきます。中には、よく目を凝らさなければわからないような部分もあるのですが、細かな部分まできっちり仕上げて、より美観を向上させていきました。
タッチアップ完了後は施工場所、お宅の周囲の掃き掃除をします。塗替え部分がきれいになれば終了というわけではなく、家の周囲もきれいにするまでが塗装工事なのです。
では、塗装後のお宅の様子を見ていきましょう。
横須賀市久里浜:下屋根塗装後
横須賀市久里浜:屋根塗装後
下屋根も大屋根も断熱塗料・キルコートで、計5度塗りの肉厚な塗膜を形成しています。中塗り主材に含まれる中空ビーズが、熱の通過を抑制する働きがあり、上塗りで塗布した遮熱トップは日射反射効果もあるのでWで室内環境を改善してくれます。
夏の熱い熱を遮断するだけでなく、冬は冷たい外気温が浸入することを防ぐ効果もあるので、一年を通して室内環境の改善に貢献してくれると思います。屋根材同士の重なりには縁切りをしてタスペーサーという部材を差し込み、雨漏り予防。
横須賀市久里浜:外壁塗装後
横須賀市久里浜:雨樋塗装後
外壁はサイディングボードの模様内にも塗料をしっかり付着させるように塗装。全体に均等な厚みの塗膜をつけて、耐久性の高い塗装に仕上げていきました。塗装後は塗料の光沢が輝く美しい仕上がりになっています。
横須賀市久里浜:雨樋塗装後2
横須賀市久里浜:シャッターBox塗装後
雨樋やシャッターボックスといった付帯部はチョコレート色の塗料で塗替え。刷毛目が出てしまうと見栄えがよくないため、平滑でつやややかな塗膜をつけています。思わず触れてしまいたくなるような、ピカピカのツヤが現れていませんか?
外観はこのようになっています。
横須賀市久里浜:塗装後の外観
横須賀市久里浜:塗装後の外観2
施工前は、外壁は全体的に色あせており、屋根にはコケがびっしり生えていました。塗替えにより、新築かな?と見まごうようなお宅に生まれ変わったのではないでしょうか。
最後に家の周りを覆うメッシュシートを束ねました。足場解体まで日が空くため、天候が荒れた場合にシートが煽られたりしないようにするためです。
シートが風を受けてバタバタ煽られると、足場にぶつかって揺れたり、傾くことも。その際に外壁に傷がついたり、壊れてしまう恐れもあるので、解体まで日数があるときはシートは束ねてもらうようにしましょう。
こちらのお宅の施工内容
  • シェアする:
カテゴリ:横須賀市 ,外壁塗装

2014年8月20日

横須賀市での塗装工事、屋根縁切りで雨漏り防止

人気blogランキングへ

今回は横須賀市久里浜の現場から施工の様子をお送りします。
職人は一級塗装技能士であり、塗装指導員でもある川口が担当しました。
先回、断熱塗料での上塗りダメ込みと全体塗装を終えたので、本日は屋根の縁切りをしていきます。
縁切りとは、屋根材同士の重なりが塗料によって詰まってしまったところに隙間を空けることです。ここが詰まったままの状態ですと、わずかに空いている隙間から雨水が浸入・吸い上げられて雨漏りする恐れがあります(毛細管現象)。
通常、はじめての屋根塗装の場合は、塗装をしても屋根材の隙間が詰まることはほとんどないため縁切りの必要性はありません。
ですが、今回使用した断熱や遮熱塗料は塗膜が特に厚く形成されるため、縁切りをしていきます。また、屋根の勾配があまりないお宅も検討された方がいいかと思います。
縁切りにはカッターや金ベラといった道具で隙間を空ける方法と、さらに明けた隙間にタスペーサーという部材を入れる方法があります
今回は塗膜の厚みもかなりあるため、タスペーサーを差し込んで隙間をしっかり確保することに。
横須賀市久里浜:屋根縁切り
長めの柄が付いたカッターで、屋根材同士をくっつけてしまっている塗膜を分離させていきました。文章にすると簡単なのですが、カッターでもなかなかスムーズに動かないので、少しずつ隙間を空けていくことになります。カッターの刃も折れやすいので適時交換をしながら縁切りし、隙間の中には要所要所にタスペーサーを挿入して完了です。
  • シェアする:
カテゴリ:一級塗装技能士 ,横須賀市 ,屋根塗装

お見積もり・お問い合わせフォーム

お名前 ※必須
ふりがな
ご住所
電話番号
メールアドレス(半角)※必須
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお電話時間 (複数選択可) 午前中  午後 夜6時~9時頃 まだ未定
通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

各種塗料メーカー取扱しています。取扱塗料はこちら

 

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

今週の塗装職人 4月1...

厚生労働省関連サイト「...

今週の塗装職人 4月1...

今週の塗装職人 4月4...

今週の塗装職人 3月2...

トップページの写真が変...

塗装工事から10年。お...

今週の塗装職人 3月2...

塗装職人になれた!ご家...

工事進行中 3月14日...

月別アーカイブ

対応地域

求人募集

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
塗替え川柳コンテスト
 
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

 
職人からの現場中継