> > ひび(クラック)割れ補修2

外壁塗装のクラック(ひび)処理

モルタル外壁に生じるクラック(ひび割れ)補修について画像を交えて紹介しています。


モルタル外壁塗装の下地処理

② 外壁塗装のヒビ割れ補修。

ヒビ補修のイメージ

ヒビ補修をするまえヒビ補修をするまえの外壁の状態。たてに細長くひび割れています。

次の工程へ

1回目のシーリング材注入シーリング材を 外壁のヒビに沿って注入していきます。

次の工程へ

2回目のシーリング材注入シーリング材を、ヒビの奥にまで行き渡せるように指で押し込んだ後、さらにその上から2回目のシーリング材を注入していきます。

次の工程へ

シーリング材を指で押しこんでいく2回目のシーリング材を、またヒビの奥まで行き渡せるように指で押し込んで行きます。

次の工程へ

シーリング材を良くならして補修完成周りの外壁模様との差がないようにシーリング材を良くならして、仕上がり後もヒビの跡が残らないように、ヒビの処理を完了させます

ヒビ補修の跡が目立っていたお客さんの、ヒビ補修工事

ヒビ補修の跡
ヒビ補修の跡

塗装工事を実施したにも関わらず、ヒビからの雨漏りがとまらず、やむなくお客さんご自身がヒビ補修をしたため、目立ってしまったヒビの跡。 致命的なのは、塗装が出来ないヒビ補修をしてしまうことです。シーリング材には塗装が出来るものと、出来ないものの2種類がありますが、ホームセンターなどで、安い上に多く売られているのが、この塗装が出来ないものです。

次の工程へ 旧シーリングの撤去
旧シーリングの撤去

シーリング材をカッターなどで取り除いていきます。これはカンタンにとることは出来ません。カッターの後に、ワイヤーブラシなどで削りました。

シーリング材注入
シーリング材注入

古いシーリング材を、すべて撤去した後は、新たにシーリング材を注入していきます。

次の工程へ 注入後
注入後
下塗り
下塗り

外壁全体を下塗りをする前に、先にヒビの部分だけに下塗りをします。

次の工程へ 中塗り
中塗り

外壁全体に下塗りしたあとに、カベ全体の中塗りをする前に、先にヒビの部分だけに中塗りをします。

中塗り後
中塗り後

わかりにくいですが、カベ全体に中塗りをしています。

次の工程へ 上塗り後
上塗り後

上塗りをして、仕上がりです。

外壁塗装のほかの下地処理も見てみる

外壁塗装のヒビ割れ補修その①

外壁塗装のカベ補修その③

ほかの下地処理
ほかの下地処理

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継