> > VOL.10・プロの腕が試される「下地調整」の重要性

外壁塗装での下地調整の重要性

長く保つ塗装をする為の下準備

教えて!株式会社塗装職人 VOL.10・プロの腕が試される「下地調整」の重要性
(木部、鉄部塗装などの下準備)

VOL.10 横浜外壁塗装職人のプロの腕が試される「下地調整」の重要性

神奈川県全域をかバーする地域新聞「タウンニュース」
横浜市保土ヶ谷区版の定期連載コーナー「外壁塗装Q&A」

Q…前回までは「塗料」をテーマに、その品質や適材適所の重要性、さらには“薄めすぎず”適正な濃度で塗る事も大切さを数回にわたり解説して頂きました。

A…そうですね。確かに塗装工事の中で塗料の存在は重要です。でも実際の現場では塗る作業の前に一つ、大切な仕事があるんですよ。

Q…それは具体的にどんな作業なのでしょうか?

A…薄めすぎをしない適正量の高級塗料で丁寧に施工したとしても、塗装面がもし剥がれてきてしまえば、何の意味もありません。

これを防ぐために私達プロの職人は『下地調整』という作業を行うのが一般的です。  

Q…塗装を行う部分をキレイにする訳ですね?

A…基本的にはその通りなのですが、例えば木や鉄に塗料を施す時に、あまりツルツルした部分に塗装を行うと、その場所は剥がれやすくなるケースが多くあります。

ですので、こうした場合はサンドペーパー等で塗装面を研磨(けんま)して逆に微細なキズをつけてから施工をする事で剥がれを防ぐ処理を行います。

Q…塗装面を事前に洗浄したりしないのですか? 

A…もちろん行います。
外壁や屋根には、よくカビなどが生えていたりしますよね。
通常は高圧の水で洗い落としてから塗装するのですが、もしこの洗浄作業を怠れば、これらの汚れの上から塗装をすることになり、塗料が下地と密着せず結局は剥がれの原因になります。

また特にトラブルになりがちなのがコロニアルというスレート系の屋根です。
この屋根の場合、塗料の質や量に気を配り、さらに3度塗りなどを施しても水洗いが足りない不完全な『下地調整』では「剥がれ」が発生しやすくプロの腕が、より試される事になります。

教えて!株式会社塗装職人連載コーナー講師プロフィール

外壁塗装専門店 株式会社株式会社塗装職人代表曽根 省吾
事務所 横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9  045-382-3600

今週のひと言

Q&Aコーナー

「下地調整」をしっかり行えば、その塗装工事はより長持ちします。

左矢印   右矢印
VOL.9 無駄になる高級塗料の薄めすぎ 外壁塗装Q&Aトップ VOL.11 トラブル防止に欠かせぬ「洗浄作業」とは?

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継