> 屋根塗装

屋根塗装

コロニアル、トタンについて

屋根塗装の種類と工程

屋根塗装には、通常の塗装、遮熱、断熱と3通りの塗装方法があります

屋根に当たる太陽光を反射させ、節電効果のある遮熱塗料はこちらから
遮熱や断熱は省エネにも大変効果があります。

真夏のサウナ部屋に別れを告げる、断熱屋根塗装の正しい5回塗り。(キルコート)

屋根の種類

コロニアル屋根

コロニアル屋根
施工前
コロニアル屋根
施工後

コロニアル屋根塗装について

トタン屋根

トタン屋根
施工前
トタン屋根
施工後

トタン屋根塗装について

カラーベスト・アーバニー

カラーベスト・アーバニー
塗装前
カラーベスト・アーバニー
塗装後

カラーベスト・アーバニー屋根塗装について

モニエル瓦(洋瓦)

モニエル瓦(洋瓦)
塗装前
モニエル瓦(洋瓦)
塗装後

モニエル瓦(洋瓦)屋根塗装について

鋼板(折半)屋根

鋼板(折半)屋根
塗装前
鋼板(折半)屋根
塗装後

鋼板(折半)屋根塗装について

アスファルトシングル

アスファルトシングル
塗装前
アスファルトシングル
塗装後

アスファルトシングル屋根塗装について

トラブルが少なくないコロニアル屋根塗装

コロニアル屋根塗装は、トラブルが少なくありません。
外壁よりも紫外線の影響がつよく、雨も直接あたる過酷な場所です。

■紫外線での劣化による塗膜のはがれ

コロニアル屋根のはがれ夏場のコロニアル屋根の表面は、まるで卵が焼けそうなくらい猛烈に暑くなっていますので、靴をはいていても、足のウラが軽くやけどしたような状況になることもあります。
そのような場所ですから、作業の省略が原因で塗装(塗膜)がはがれてきたりするケースも多いようです。
築10年前後の家の場合、だいたいのお客さんが外壁とともにコロニアル屋根も一緒に塗装されることが多いのですが、なかには外壁塗装のみという方もいます。

■藻やコケの発生

確かに、藻やコケの発生がおおく見た目もよくないとしても、それがすぐに雨漏りをさせる原因にはつながらないからです。

下の写真は、築18年のお宅の屋根ですが、外壁塗装は過去1度、屋根塗装は今回が初めてでした。コケ・藻がさすがにビッシリと生えていました。

コロニアル屋根カビ、苔の様子 コロニアル屋根カビ、苔の様子②

■鉄部の劣化

ただ、コロニアル屋根というのは鉄部もあります。
10年程度経っていれば、必ずというほどクギが抜け掛かったりしていたり、サビている可能性も考えられます。

棟押さえ鉄部のさび 棟押さえ鉄部の釘抜け 棟押さえ鉄部

スッポリとないところや、下地の木部も腐りかけて釘が効かないようなところもあります。

めったなことではないので、そこまで心配しなくてもいいと思いますが、過去に鉄部のトタンが飛ばされてしまったというお客さんのはなしを聞かされたこともあります。

耐久性だけを考えれば、コロニアル屋根本体部分よりも、この鉄部のほうが先に痛んでしまう可能性が高いといえます。

■スレートの反り返り

前のコロニアル塗装が剥げ落ち、紫外線や雨の影響から、コロニアル屋根そのものが反りあがったような感じになっている状態です。
板(スレート)と板のあいだにすきまが開いています。
塗装だけでなく、クギのうち直しなどの補強もあわせた屋根塗装工事をおこなっていきます。

■ひび割れ

ひび割れが入っている年数が経過するほどもろくなって割れやすくなります。場所によっては歩いてひびが入ることもあります。数ミリとはいえタスペーサーなどの縁切り部材なども年数が経つにつれて割れやすい状況になるという事を覚えておいたほうがいいでしょう。
屋根のひび程度や部分的な欠けは、コーキングなどで処理して塗装することもできますが、上から下まで縦にひび割れていたりする場合は、雨漏りの危険性も考えて張り替えをします。

屋根の張り替え1枚1枚の差し替えもできますが、場合によっては雨押さえ板金を一旦取り外して張り替える場合もあります。
神奈川で区屋根の部分張り替え
屋根材が飛んだ藤沢の部分張り替え

工事作業中当店の場合は、板金塗装技能士でもある大工の内田が担当しています。社内職人である内田で工事させていただくと、屋根葺き替えもリフォーム屋さんより安価にてできます。
足場があるときのついでの工事

■縁切り

縁切り部材のタスペーサー塗装をすると屋根材の重なり部分が塗料で詰まり、雨水が上方向に上ってしまう毛細管現象や、突き合わせ部の隙間から入った雨水の逃げ場がないため、塗料の詰まりの部分をカッターなどで切り込みを入れて隙間を作ってあげることを縁切りといいます。 現在はタスペーサーという縁起りの部材を重なり部分に差し込んで隙間を大きくしてから塗装するという方法が一般的です。
ただしタスペーサーを入れた後の作業は、その真上を歩くなどして職人自身気づかないうちにひび割れさせてしまうというケースとならないよう、作業には注意が必要となります。

■はじめての屋根塗装では縁切りは不要?

屋根材の重なりに隙間がある 初めて屋根塗装をする場合は、屋根材の重なり部分に隙間があるため、本当に縁起りが必要になってくるのは、塗料の厚みが増してくる2回目以降です。ただどうしても縁起りを希望する方にはタスペーサーを使用しています。また、勾配(屋根の傾斜)が少ない場合は、縁起りの必要性が出てきます。
塗料の詰まり以外では、コケ類の激しい発生で屋根の重なり部分が詰まってしまったり、畑などが多い地域、たとえば横須賀方面では畑の砂ぼこり、湘南地区方面では海沿いにある松林の細長い葉、というように地域性があるような状況に出くわすようなこともあります。いずれも耐久性が一番なので、それを重視した施工を致します。

初めての塗装時には隙間がある
はじめての屋根塗装時は、屋根材の重なり部に隙間があるため、タスペーサーがスカスカ状態になって、縁起りは不要なことも少なくない
屋根塗装の縁切り動画
縁起り不要なはじめての屋根塗装。雨樋が土につまる様子も。

カラーベスト・コロニアル屋根の塗装作業動画

コロニアル屋根の高圧洗浄

屋根塗装前の下地調整・高圧洗浄。

コロニアル屋根のサーモアイ遮熱塗装

一級塗装技能士、星野による上塗り仕上げ。

コロニアル屋根の縁切り、藤沢市の事例

コロニアル(カラーベスト)屋根の縁切り。タスペーサー不使用時の縁切り作業。

コロニアル屋根の中塗り遮熱塗装

白く塗った遮熱下塗りからの中塗り作業をする塗装指導員・一級塗装技能士の須藤。

カラーベスト・コロニアル屋根の塗装工程

①高圧ジェット水洗
コロニアル屋根の高圧洗浄

こびりついたコケ・藻などをエンジン式の高圧洗浄により削り取るように洗います。状況によって、洗浄前にバイオ殺菌処理することもあります。

②鉄部下地調整
コロニアル屋根の下地調整

サビを落としたり、塗装をはがさせないよう密着性を高めるため、鉄部を研磨をします。ついつい飛ばされがちな工程ですが、重要です。

③鉄部サビ止め塗装
コロニアル屋根の棟押さえ錆止め

屋根全体を塗る前に、鉄部にのみサビ止め塗装をしておきます。

④屋根シーラー下塗り
コロニアル屋根のシーラー

後から塗装がはがれないように、シーラーという塗料を下塗りします。簡単に言えば接着剤です。

⑤屋根中塗り
コロニアル屋根の中塗り

シーラーが乾いたら、中塗り塗料を塗ります。サビ止めをした鉄部にも同時に塗っていきます。

⑥屋根上塗り
コロニアル屋根の仕上げ

中塗りをした上から、仕上げの上塗りをします。右側が上塗りでツヤがありますが、手前は上塗り前。

⑥屋根上塗りパート2
コロニアル屋根の仕上げ②

ローラーで最後の仕上げです。

完成
コロニアル屋根完成

縁切りをして完成です。

完成
コロニアル屋根完成②

ツヤが出て、きれいになりました。コロニアル屋根塗装の完成です。

トタン屋根の塗装

トタン屋根は、コロニアル屋根に比べて、比較的古いお家の屋根によくみられます。
町工場によく使われているようなイメージもあるのではないでしょうか。

住宅の塗り替えでは、大屋根に使われているときももちろんありますが、割合としては大屋根が瓦の場合、下屋根(1階の屋根)がトタンという具合の家も多くあります。

■さびや古い塗膜のはがれ

トタン屋根は、経年により、さびや古い塗膜のはがれが多く発生します。

さびと古い塗膜のはがれ さびと古い塗膜のはがれ2 さびと古い塗膜のはがれ3

さびと古い塗膜のはがれ4 さびと古い塗膜のはがれ5 さびと古い塗膜のはがれ6

亜鉛が施されているトタン屋根トタンの中でも特に鉄板に亜鉛が施されているトタンでは、塗膜のはがれのトラブルが多く、一度はがれたところへの再塗装は非常に困難で、念入りに塗装をしたつもりでも、また剥がれてしまうなどの症状も少なくありません。

■木部の腐食

トタン屋根は、軒先から雨水が回り込みやすく、桟や下地の木材が腐食しやすいです。
錆を長い間そのままにしていると、平場部分でも穴があいて下地に雨が回ってしまうこともあります。

トタンの下に敷いてある防水紙(ルーフィング)もボロボロになっている、下地まで大きく腐食が進んでいる場合は、補修や葺き替えをする場合もあります。

その他の屋根塗装・葺き替え その1 その2

上記画像の葺き替え

トタンの撤去 屋根の桟も撤去 悪い部分を撤去

半分葺き替えたところ 葺き替えほぼ終了

トタン屋根の塗装工程

>> 一般的な瓦棒の桟葺きトタン屋根塗装の詳しい事例

①下地調整
トタン屋根施工前

施工前のトタン屋根です。

②サビ
トタン屋根施工前のさび

さびが発生しています。

③釘の打ち直し
トタン屋根釘打ち

浮いている釘を打ち直しています。

④ケレン
さびや古い塗膜を削り落す

サビや古い塗膜を削り落としています。

⑤さび止め塗装
トタン屋根の下塗りさび止め

サビ発生の防止と、後から塗装がはがれないように、サビ止め接着塗料を下塗りします。

⑥さび止め塗装・全体
トタン屋根さび止め完了

さび止め塗料を全体に塗装しました。

⑦中塗り塗装
トタン屋根中塗り

中塗りをしていきます。

⑧中塗り塗装・全体
トタン屋根中塗り完成

全体の塗装が終わったところです。

⑨上塗り塗装
トタン屋根仕上げ

上塗りの塗装が終わり、仕上がったところです。
ツヤがでてきれいになりました。トタン屋根塗装の完成です

トタン屋根塗装の作業動画
波トタン屋根のしたい調整ケレン作業

波トタン屋根の下地調整ケレン作業の風景です。塗装技能士の曽根が専用道具を使って、古い劣化した塗膜やさびを丁寧に落としています。

波トタン屋根の中塗り塗装後の様子

左記の波トタン屋根の下地調整・さび止めを経て、仕上げに入る前の中塗りの状態です。中塗りの状態でもつやが仕上がりのようです。

>> こちらの波トタン屋根の詳しい塗装作業の様子

カラーベスト・アーバニーの塗装

屋根材のスレート一枚一枚の間に溝があるため全体的にローラーが入りきらない場所がほとんどで、美しく完成させるためには、刷毛で1本1本溝を埋めるように塗装する必要があります。数的には、一般的に多く普及しているコロニアルに比べごくわずかです。
一般的なサイディング外壁とアーバニー屋根塗装の工事例
モルタル外壁とアーバニーの屋根塗装工事例

ハケで塗装中 屋根全体

モニエル瓦の屋根塗装

モニエル瓦は他の屋根と比べると、スラリー層という加工がしてあり、剥離の危険性が高くなるためモニエル瓦用の専用塗料を使用しないと剥離の危険性が高まります。塗料選びが非常に重要になってきます。

モニエル瓦拡大図 欠落しそうなモニエル瓦

また、棟部分のモルタルが崩れている場合もあるため、補修が必要かの判断も必要で、修復が必要な場合もでてきます。

モニエル瓦の崩れ モニエル瓦の補修1

モニエル瓦の補修2 モニエル瓦の補修3

モニエル瓦の補修4

折半屋根の塗装

アパートや工場などで使わることが多い屋根です。屋根の形がW型なので、トタンなどの割合と平面の面積に比べて実面積が大きく、塗りにくいのも特徴です。

また取り付けていられているボルトが先にさびているため、念入りなケレンとさび止め作業が必要になってきます。塗料はトタンなどの鉄製やスチール製と同じ塗料を使います。
折半屋根の工事例

折半屋根を塗装中 W型になっている

アスファルトシングルの屋根塗装

鉄筋コンクリートの建物に使われています。コロニアルと同じ塗料でOKです。

アスファルトシングル拡大図

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

対応地域

求人募集

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
 
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

 
職人からの現場中継