外壁塗装、コーキング 二液型の材料で肉厚シール

古いシールを撤去後、目地にテープ養生を張り二液型のシーリング材をたっぷり打つので、肉厚・長持ちします。

お客さん名 外壁塗装、シール工事

職人からの感想

外壁塗装とシール工事(コーキング工事)をさせていただいたのですが、今回はシール工事をメインにお話させていただこうと思います。

まずコーキングとはなんなのか。一般的に使われているサイディング壁やまた窓と壁の隙間などを材料を使って埋めることです。目地とも言います。目地が古くなればカビたり割れたりして、隙間を埋める意味がなくなってしまいます。
それを取り換えるのも、株式会社塗装職人の仕事です。

まずは古くなったゴムをカッターなどで壁と切ってはがします。ゴムなのでカッターなどで切ってしまえば簡単に切れてはがれてしまうのですが、逆にいえばゴムなので耐久もあります(簡単にいえば消しゴムのような、半分にするように力を入れれば割れますが、左右に引っ張ったりしてもなかなか切れませんよね。)はがしたあとは、そのラインの両サイドにテープ張りをします。マスキングと同じようなことです。
終わった後はコーキング剤を専用の機材で流し込みます。コーキングと言っても2液タイプというものを使用するので、ボリュームの肉厚シールを可能にします。さらに塗装の職人ではなく、シール専門職人を投入するため、長持ちするコーキングが可能になります。

全体を流し終わったら、ゴムヘラを使って均していきます
ならしています。
。はみ出たコーキング剤を均一にする大切な作業です。
均し終わったら、次はテープはがしです。一見簡単な作業ですが、これが難しくて重要な作業なのですよ。
何故ならテープをはがす際に指が当たってしまったりテープが当たってしまうと、けばだってしまって奇麗に仕上がらないからです。そうなってしまうともう一度打ちならしの作業をしなければならないので、簡単そうに見えて大変な作業
カズくんが頑張って剥がしてくれています
なんです。




コーキング打ち作業の様子

2010年7月着工

横浜市泉区

工期 日


窓周りのテープ養生

職人

柳澤、曽根

見積もり担当

菊池

現場監督・最終点検

柳澤

  • 足場組み立て [写真なし]
  •  [写真なし]
  • シール
横浜市の塗装のお客さん
保土ヶ谷区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継