外壁下・中塗り スタッコ壁に塗料を塗り込む

モルタルスタッコは凹凸が激しいので、谷に塗料を行き渡らせる為にしっかりローラーで塗装します。

お客さん名

横浜市保土ヶ谷区・モルタル外壁塗装工事

ダメ込み、下塗り、中塗り

【4日目】2009年12月19日 【職人】柳澤、和田、曽根

ダメコミ

株式会社塗装職人きっての職人、和田が今日も元気にダメコミです。ここで気を抜いてはいけません。細部を仕上げておくと、のちのちローラーでの塗替えがしやすくなります。

ローラーで下塗り

私も元気にローラーで下塗りです。ローラー作業は見た目よりもとてもハードな作業。特に壁がザラザラの場合での下塗りはかなり力を使う作業です。ローラーもすぐに固くなって面積が塗れなくなります。交換も多くなります。でも塗りやすいように薄めての塗りは無しです。

バランスを取りつつ壁の下塗り

1本の足場に乗っかって作業です。単管ブラケット足場よりヒドイですね(苦笑)家の状況でこうせざるをえませんでした。絶妙なバランスを取りながら、壁の下塗りをしてるのです。真剣です。クサビ足場の作業のしやすさにくれぐれそう思う場面ですね。

中塗りの準備

やっとの思いで下塗りが終わり、中塗りの準備です。一番最初に下塗りを塗ったところから同じように中塗りを塗り始めます。

中塗り材を撹拌

中塗り材を撹拌してる、曽根くんです!!これはシンナーで希釈をしているのですが、しっかり撹拌しないと、ちゃんとした塗装をすることができません。

中塗り開始

準備が終了。中塗り開始!屋根上での作業なので飛散に気をつけ風を気にしながらローラー作業。このように見えない場所だからこそ、他の場所と変わらない作業というより、それ以上にしてやる!と自分に言い聞かせてます。他社さんとは違うという職人のプライドですかね。

ダメコミ開始

和田も中塗り、ダメコミ開始。もちろん、ダメコミだって何度も塗るのです。ダメ込みが一回塗りだと、ローラー作業の場所とくらべて透けて見えたりしてしまうので、再度ダメ込みをしています。それにしてもクサビ足場板の広さがわかります。足場で塗装の質も確実に変化します。

狭い所をダメコミ

くさび足場に寝転がって覗き込んでの作業。ダメコミをしっかりやることによってローラー作業の効率もよくなります。こんな作業、単管足場では恐怖ものだったのですが、くさび足場になってからは安心して背中を預けられます。誤って落ちる危険性もグンと下がります。

寝そべりながら塗装

別アングルから和田の作業の様子をどうぞこうして見れば、しっかりと作業しているのが分かります。

狭い所を頑張って中塗り

10同じ場所で一眠りの弟子、否、 狭い所を頑張って中塗りをしている、曽根君なのです!単管ブラケットでは困難かも。足場の種類を気にするお客さんは多くありません。でも職人はものすごく気にします。これで、塗装作業に集中出来る度合いも変わってきます。単管ではどうしても落ちてしまう危険性が頭から離れません。

保土ヶ谷区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継