木部仕上げ 重みのある塗料をたっぷり塗布

木部の下から塗り上げ、更に上から下にハケを動かして万遍なく塗料を塗り広げます。

お客さん名

横浜市保土ヶ谷区・モルタル外壁塗装工事

2階、1階部分、雨樋 仕上げ

【7日目】2009年12月22日 【職人】柳澤、和田、曽根

木部の仕上げ

足場バラシの都合上、先に2階部分の仕上げをして壁が仕上がりました。次に木部の仕上げを行っている和田です。

別角度の木部仕上げ

別アングルから見ると、こんな感じです!下から塗りあげて上から重ねます。たっぷりとした塗料は直ぐに垂れる事はないので、落ち着いて丁寧に塗り広げます。

雨樋の仕上げ

2級塗装技能士の曽根君は、雨樋の仕上げ中です。腕を伸ばして塗装していますが、こちらもたっぷりとしたテクスチャなので滴り落ちてくる心配はありません。

前の業者が塗装しなかった部分

見えるでしょうか?株式会社塗装職人がはいる前の業者さんが手抜きをして、塗装していない部分です。我々株式会社塗装職人は、こう言う手抜きは社長が最もうるさく言う場所のひとつです。妥協も無しで、塗装させて頂きます。

雨戸を研磨

雨戸にペーパー(ケレン)をあてている所です。下塗りの前の下地調整、ツルツルの面は塗装が剥がれやすいので、細かい傷をつけて塗料がしっかる付着するための作業ですね。

仕上げ塗装

2階部分を仕上げて、1階部分の仕上げ塗りをしています。下塗り、中塗りと合わせて三回目になる上塗りの作業です。艶が出ます。

木部の下塗り

2階部分の木部の仕上げが終わり、1階部分の木部の下塗りをしてくれている和田です。

樋を厚膜に仕上げる

雨樋の裏もスケが無いように塗装する必要があります。角度を変えて塗り落しが無いか確認しながら、たっぷりと塗料を密着させます。

刷毛塗装

御歳72、ちょっと一休みしながらも、塗装中。本人いわく「若い者にはまだまだ負けない」・・・でも本当に仕事は早いです。ベテラン中のベテラン、和田。

雨戸を中塗り

10雨戸・中塗り中の柳澤です。白っぽく見えるところはすでにさび止めが入っています。薄い茶色で塗装中。雨戸の端は、コシのある刷毛でつつくように奥まで塗り込んでいきました。

唐草を塗る

11雨戸がしまわれている戸袋の上にあるトタンのひさしの唐草を塗装中。細い場所なのでやはり人形刷毛という細かい場所が塗れる刷毛で塗装しています。

換気扇フードの目荒し

12換気フードにペーパーをあてて、下塗りの準備中です。微細な傷をつけてはがれの防止をします。塗装してしまえばやったかやらないかもわからない場所です。職人の質も問われる作業ですね。

保土ヶ谷区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継