タッチアップ 塗り残しやスケを補修塗り

外壁や付帯塗装の塗り落した箇所、下地が透けている部分をハケで再び塗って仕上げます。

お客さん名

横浜市保土ヶ谷区・モルタル外壁塗装工事

壁、雨樋、2階部分 ダメ直し

【9日目】2009年12月24日 【職人】柳澤、和田、曽根

壁の補修塗り

壁のダメ直しをしている所です。このように外壁塗装の最後の方では、塗り残しや下塗りが透けている箇所など、タッチアップ作業のことをこう呼びます。

雨樋のダメ直し

雨樋のダメ直しをしている曽根カズくんです。こう見えて作業はしっかりと行う二級塗装技能士です。目地刷毛で周囲となじませて仕上げます。

格子のダメ直し

決して寝てる訳ではなく、格子のダメ直しをしている所です。ブラケット単管足場では無理な体勢です。このように足場で妥協の可能性がでしてしまう作業というものが必ずでできてしまうのも足場の重要性は物語ります。

2階部分のダメ直し

2階部分のダメ直しも終わり、下屋根部分の最後の養生をバラシている所です。塗料のゴミを散らさないように丸めながら剥がします。

塗装した付近の掃除

最後の仕事は、作業現場周りの掃除です。塗装だけではなく、汚れも残さないのが我が株式会社塗装職人です。周囲もきれいにして、塗替え工事を完了させます。

壁のタッチアップ

最後の見回りで、ダメ直し終了です。刷毛で軽く触って周りと馴染ませていきます。これにより、完成度がさらに上がりました。

見事な艶

完成です。雨樋、外壁、格子、どれも見事な艶が出て、きれいな仕上がりとなりました。特に樋は、映り込みがあるくらいツヤツヤです。

仕上げ

勝手口のSD(スチールドア)を仕上げてくれている、大将です。すじかい刷毛で、ハケ筋が出ないように塗っていきます。

完了後の職人の姿

無事に完成して、気が緩んだ所を、パパラッチされてしまいました。この様に、和気あいあいと、仕事をしている柳澤班です。今日の横浜は気候がいいですね。外壁作業もはかどります。




外壁タッチアップの参考動画

保土ヶ谷区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継