コロニアル屋根下塗りと養生

屋根にシーラー(下塗り材)をたっぷり塗布します。吸込みを防ぐため、濡れたような状態になるまでしっかり吸わせました。こうすることで上に塗料を重ねた際、塗りムラになることなく綺麗に仕上がります。急勾配の部分はローラーをつけた長柄を使いました。養生は塗料が付着しないよう、見えにくい細かい箇所もきっちり覆います。窓は場所により、開閉できるマスカー(テープ付きビニール)の張り方もしますが、完全に密閉してしまうところもあります。

お客さん名

横浜市磯子区 サイディング外壁塗装、コロニアル屋根塗装工事

養生、下塗り

【5日目】2010年5月28日 【職人】竹内、星野、清水

棒に刷毛を付けて塗装

壁とフェンスの隙間に手が入らないので、長柄(棒)にハケを付けて塗りました。直に手で塗るときより慎重に動かして、余計な箇所に付着させないよう塗布していきます。

樋にプライマーを塗布

横樋にミッチャクロンを塗って塗料のくいつきを良くしました。このプライマーは水っぽいサラサラした材料なので、あちこちに飛散しないよう気をつけて塗ります。

縦樋を下塗り

縦樋を塗っています。下に垂らしたり飛散させないよう確認しながら作業しました。透明なので塗り落し箇所が出ないよう気をつけて全体に塗布します。

屋根のシーラー塗装

屋根にシーラーを塗っています。たっぷり塗って吸い込みを防止しました。ここで吸込み止めをしておくことで、上に塗料を重ねたときに塗りムラなくきれいに仕上がります。

長柄でシーラーを塗布

勾配がきつい所も長柄を使って塗りました。ローラーを長い棒にセットして使うので、距離が離れていても問題ありません。足場を組めない場所の天井を塗るときに使うこともあります。

雨戸下の隙間を養生

養生をしています。雨戸の下は見えにくい所ですが塗料で汚さないように養生しました。細かい部分もきっちり覆って準備をする、一級塗装技能士の竹内です。

窓を開けられるよう養生

こちらの窓の養生は、マスカー(テープ付きビニール)を足場まで伸ばして固定しています。窓の開閉を可能にして空気を入れ替えられるようにしました。

窓を完全に塞ぎました

ベランダの窓、雨戸と戸袋は汚れない様に完全に塞ぎました。終わるまでご迷惑をおかけします。土間にはブルーシートを敷いて、足をかけたり剥がれないようテープでガッチリ留めます。

下塗り乾燥後、中塗り

屋根のシーラーが乾いたら中塗りです。まずはローラーの入らない所を刷毛で塗ります。雪止め金具はローラーで塗ることもできますが、刷毛を使用すると綺麗に仕上がります。





コロニアル屋根の下塗り・参考動画

磯子区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継