サイディング外壁下塗り・中塗り

外壁にシーラーを塗布します。あらかじめ、壁の端や細部を刷毛で塗り込んでおきました(ダメ込み)。この工程を踏むことで、ローラー塗装は広い面をスムーズに塗っていくことができます。垂れやすい材料なので、ローラーをゆっくり転がしながら全体をくまなく塗り、密着度を上げました。下塗り乾燥後、ピンク色の塗料で中塗りを開始します。目地にも塗料が行き渡るよう縦横に転がしていきます。

お客さん名

横浜市磯子区 サイディング外壁塗装、コロニアル屋根塗装工事

養生、下塗り、中塗り 破風、雨樋

【6日目】2010年5月31日 【職人】竹内、星野、清水

玄関ドアの養生

玄関ドアの養生をしています。家で一番目にとまる場所であり、人が出入りする所です。しっかりテープを張って塗料が漏れないように準備します。

茶色の塗料で屋根中塗り

屋根の中塗りをローラーで転がしています。チョコレート色の塗料をたっぷり塗って塗膜を付けました。厚膜に仕上げることで塗装の持ちがよくなります。

外壁にシーラーを塗布

養生が終わったら外壁にシーラー(下塗り材)を塗りました。まず外壁の細かい所や、端を刷毛で塗り込みます。このダメ込みという工程を踏むとローラー塗装がスムーズに進みます。

土間に布シートで養生

土間には布シートを敷きました。塗料が垂れたり飛散しては困るので、防止策を施しておきます。隙間ができないよう全体に広げます。

壁にゆっくりローラーを転がす

シーラーは特に下に垂れやすいので、ローラーをゆっくり転がしました。たっぷり塗ることで上に重ねる塗料が剥がれにくくなります。塗った所とそうでない所の差がはっきりわかる図ですね。

シリコンにプライマー塗布

シリコンは塗料がつかなく剥がれやすいので、プライマーを塗って食いつきを良くします。塗装が完了後、すぐ剥がれてしまっては大変なので密着度を上げておきました。

破風にシール材で下地処理

破風の下地処理をしています。隙間に専用のシール剤を使用して埋めました。皮すきでならして平らに仕上げておきます。段差があると塗装した際に見栄えがよくないからです。

外壁の中塗り

外壁のシーラーが乾いたら中塗りです。周りに飛びやすい材料なので、気を付けながら転がしました。ローラーを縦横に動かして目地にも塗料が行き渡るよう塗り込みます。

樋をローラーで中塗り

破風、雨樋の中塗りです。上がりが悪いので2回塗りました。仕上がりによっては、何度も塗ることがあります。小さいローラーを使用して塗料をふんだんに塗布します。





塗料の付着を防ぐ養生・参考動画

磯子区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継