> > > > 築40年、何度も塗装を繰り返した住宅の塗装作業

塗料が密着しづらい亜鉛葺きのトタン屋根塗装

築40年、数回行った屋根塗装でも剥がれてしまう理由は、トタン屋根が亜鉛葺きだったからでした


唐草水切り部分


塗膜の剥離とサビ


トタンの桟の腐食

トタン塗装

神奈川県横浜市金沢区・柳さま

横浜塗装職人感想塗装作業風景
建物形状・外装 形状:築40年ほどの1戸建て
屋根:トタン
塗装内容 塗料の種類
・トタン屋根専用シリコンルーフ塗料
職人 曽根、石堂

職人からの感想

国家資格の一級塗装技能士、代表・曽根

インターネットを見てお見積もり依頼をいただきました。
実際に見積もり依頼のお電話を頂いたのは、息子さんです。
この家は、息子さんのお母さん、もうご年配になるのですが、1人で住んでいるため、業者選びは任せられないということで、息子さんがインターネットを使って色々調べた結果、うちに見積もり依頼が来たということです。

メインは、トタン屋根の塗装です。
状況を拝見すると、3,4年前に行った塗装が、所々剥がれていました。
これは作業してわかったことなのですが、前の業者の作業の状況が悪かったということではなく、たまにあることなのですが、亜鉛葺きのトタンだったため、素地から塗膜が剥がれていました。

既に築40年ほど経過したお家だったので、屋根塗装も数回行っており、塗膜の層も厚く、何層にもなっているのですが、どこからの層の剥離ということではなく、素地からということなので、亜鉛が塗装に密着しづらいという性質が原因と推測できます。
ただ、全て素地からの剥離ということではなく、途中の層からの剥離というのもあり、トタン屋根の塗り替えの場合、下地から剥離している場合は、また塗り替えても剥離してしまうケースが少なくなく、より慎重な作業を求めるためにスケルトンという剥離剤を使用して作業しました。

ところが、何層も重ねられた塗膜は予想以上に頑固なため、剥離剤では結局落ちませんでした。
やはり残された剥離方法は、手作業しかなくなったため、職人3人で地道に手作業でケレン(サビや古い塗膜を除去する作業)を行いました。
ケレンは約2日間にわたり行いましたが、ゴミ袋2袋分くらいの塗膜の量を削り取ることができました。
それから、密着性の高い錆止めプライマーを塗布して、シリコン樹脂の塗料で仕上げさせていただきました。

作業的には塗装そのものの作業というよりも、塗膜をはがすケレン作業に多くの時間を割いた作業でした。

他には、1階のベランダの鉄部塗装とウレタン防水を施させて頂きました。

ご年配の方ですが、休憩時もお茶などを絶えず出していただき、本当に感謝しています。

作業風景

トタン屋根の唐草水切り部分です。ここはトタン屋根でも一番腐りやすい場所です。トタンが腐って取れて、中の広小舞も腐食しかかっていました。

上から見るとこんな感じです。腐食してトタンが取れているのがよくわかります。

塗装前ですね。前回の塗装時から数年の割には劣化が激しいです。

塗膜が完全に下地から剥離しています。錆びも発生しています。

陽のあたる場所が特に塗膜のはがれがひどかったです。ガムテープはお客さんが張ったようです。

トタンの特に下地からの剥離は作業的に非常に手ごわいのです。はがれた場所だけケレンしたとしても、生きている塗膜が今後下地からはがれてくる可能性もあるため、できるだけのケレンが必要となります。

広範囲がこんな感じです。塗装は厚い塗膜の方が価値があります。でもトタンの場合は太陽の直射日光による熱膨張、収縮を受けやすいため、しかも素材が薄く動きもあるため、何層にも塗膜が重なり厚くなるとパリッと割れてくることがあります。この家の場合も、日陰になる部分には塗膜のはがれがほぼ見られませんでした。

軒先です。腐ってしまったトタンを張り替えます。トタンの下にある防水紙(ルーフィング)も湿気てボロボロになって機能を発揮していません。

本当は一枚すべて交換が安心なのですが、予算の都合もあり部分交換です

ちなみにこのトタン屋根は、瓦棒葺きまたはトタン桟棒葺きともいいます。桟が腐りかけていましたので、ここも部分的に交換しました。

板金職人によって、部分張替のトタン部を加工します。

張替後です。唐草もきれいに元通りになりました。

塗り替えた後もできるだけ剥離の可能性を排除しようと、手作業だけでなくスケルトンという剥離剤の薬品にも頼りました。非常に強い毒性のため手で触るのはもちろん、ガスも発生するので吸い込みも注意です。

過去の塗膜の層が何重にもなっているため、剥離剤の成分が下地にまで届きません。マスカーなどのビニールでラップをして成分を良く染み込ませる方法を試してみてもダメでした。表層のみの塗膜が縮れただけでした。正直効果がないという残念な結果に・・・

通常の現場ではこの剥離剤を使用することはほとんどありません。スケルトンはドアの剥離などに使う場合もありますが、その場合は塗膜も薄いので有効ですが、ここのお客さんのように築年数も40年近く、塗装の層が厚く効果も定かではなかったのです。ただあまりにも広範囲のケレンが必要で時間が掛かり過ぎるのと、今後のことを考えできるだけ活膜部分も剥離したいという思いがありましたが、ダメでした。

スケルトンを洗い流しデッキブラシで成分を落としています。

大屋根です。手作業でケレンです。

ケレンした塗膜カスです。スケルトンはあまり効果はなかったですが、もともとはがれた塗膜の部分から、目視では確認できない弱くなった活膜も少しは取り除くことができたようです。

写真ではあまりよくわかりませんが、かなり途方に暮れてしまう下地調整作業です。

きちんとした活膜は電動工具によってペーパーを当てています。

屋根の塗装のみなので足場はありません。カスが風で飛ばされないように、ケレンしてはそうじの繰り返しです。

撮影者の私を入れて4人がかりの作業です。

腰や腕が限界に達するので、姿勢や体制を変えてはケレン替えてはケレンです。

カワスキ(スクレーパ)を使って、塗膜をはぎとります。地道な作業ですね。

下地から塗膜からはがれているトタンは、塗り替えてもまたすぐにはがれる可能性もあります。目では確認できない弱くなった塗膜をいかにどこまではがせるかが、この塗装の耐久性のポイントでもあります。

ごみ袋に入ったケレンカスです。

気合いで何とかここまで落としました。4人がかりで3日ほど掛かったでしょうか。

このごみ袋ともう一つごみ袋のごみ2袋分のカスが出ました。恐らく1袋にするとパンパンに近い状態だったと思います。

さび止め開始です。まずはローラーで入りきらない細かい場所を刷毛で塗っていきます。

一人は刷毛塗り、もう一人は長柄という棒にローラーを付けて下塗りのさび止めをしていきます。

屋根全面にさび止めが完了です。よく見ると地図のようになっているのがわかると思います。ここは一番ひどい状況の場所でした。西日が当たっています。

1階の下屋根です。2階の外壁がみえます。この部分が影となっている場所のため、太陽も当たりにくく傷みも少なかったです。

これは中塗りですね。塗料はトタン屋根専用のシリコン塗料です。

中塗りのローラーの様子です。

仕上げの上塗りです。傷みも少ない場所なので地図のようなまだら模様も見当たりません。

2階の大屋根です。シリコンの光沢が出ていい感じです。このままずっと長持ちを期待したいですね。

作業参照動画



金沢区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

 
職人からの現場中継