> 株式会社塗装職人の外壁塗装店の思い

株式会社塗装職人の外壁塗装店の思い

2012年7月7日

屋根塗装の縁切り

人気blogランキングへ

おはようございます。

梅雨時ですが、神奈川の方は本格的な雨模様の日は少ないですね。

天気予報も雨だったりするのですが、ほとんど降らなかったり、逆に降らないような予報でも降ったりするので、現場でも困惑してしまうことも少なくありません。

 

特に職人が朝事務所に来ても、雨がいきなり降ったりするため、とんぼ返りということもたまにですがあります。

 

さて工事の方は忙しくさせていただいています。

最近は現場の事例を多くホームページに載せるようにしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

そこでさっそく、先日の神奈川県内のお客様宅での事例です。

 

一般的な住宅に多いスレートぶきのコロニアル屋根です。

カラーベストともいいますが、このお宅はおよそ築10年になります。

 

屋根の状態を見てください。
CIMG8862.JPG

屋根材どうしの隙間が十円玉の厚さ2枚分あり、十分な隙間があります。

実際には3枚ジャストの厚さでしたが、硬貨が二十円分しかありませんでした(笑)。

 

塗装をしたとき、板状の屋根材の重なり部分が塗料で詰まると、毛細管現象で雨水が上方向にいってしまったり、突き合わせ部の隙間から入った雨水の逃げ場がないため、雨水が溜まってしまいます。

それが内部にたまった湿気の逃げ道がなくなったり、雨漏りの原因になることもあります。

 

そのため、塗料の詰まりの部分をカッターなどで切り込みを入れて隙間を作ってあげます。

これを「縁切り」といいます。

 

現在はタスペーサーという縁起りの部材を重なり部分に差し込んで隙間を大きくしてから塗装するという方法が一般的です。

 

ただしタスペーサーを入れてその上を歩くと、ひび割れの危険性が高くなるため3度塗りの際に注意が必要になります。

 

でもこれほど隙間があれば塗料で埋まることはありません。

このお家の場合はもっと隙間のある部分もありました。

 

しかしそこまで隙間が広くなくても、はじめての屋根塗装の場合なら、たいていの屋根は、正直いって縁切りはほぼ不要だと思います。

 

ネット上でもよく取り上げられている縁切りは、絶対しなければだめという業者さんが多数派のようです。

ただこれは、必ずしも現場に即している情報ではないなって思います。

タスペーサーを差し込みその上を歩くと割れる可能性もありますので作業にも注意が必要です。

 

特にパミールというスレートというものがあり、法改正でアスベスト入りのスレートが作られなくなり、それから強度がおちたスレートというものがあります。

このスレートは縁切りはNGです。

それ以外のスレートでも割れるものもあるので縁切りはカッターやカワスキでやる職人もいます。

割れるのは下手だからという意見をネットで見たことがありますが、そうではありません。

もちろん割れない物も多いですがリスクがあるということです。

縁切りが必要なのは、塗料の厚みが増してくる2回目からの塗装からでしょうか。

それから屋根の傾斜が緩い場合や、断熱塗料で塗るときです。

 

断熱塗装は塗膜の厚さが命です。

ぼってりとした塗料で塗るので厚みがあり、縁切りも必要になります。

それ以外はほぼ必要ないと考えてよいのではないでしょうか。
とはいえ、どうしても縁切りをして欲しいというお客さんには、タスペーサーやそれ以外の方法でも対応させていただいてます。
今後も少しでも塗装の真実を伝えていきますので、よろしくお願いします。



カテゴリ:技術 ,現場

2012年7月5日

足場の達人

人気blogランキングへ

横浜市泉区緑園・・
かなり大きい住宅街です。
うちでもこれまで何軒も塗装させていただきましたが、町の中のどこの四つ角をみても、どこも同じに見えてしまいます。
きっとそれだけ区画整理がピシッとなされていて、綿密に計画されて建てられた住宅街なんでしょうね。
昨日は足場。
足場の達人たちが声を掛け合いながら組み上げていく動画です。
本日7月5日は高圧洗浄をひとりで曽根がしています。
昨日は青葉区の梅ヶ丘にて洗浄。
梅雨に入っても相変わらず工事の方は順調でして、週に2ほどは洗浄に入っているような気がします。
ちなみに来週は3件。
他の足場の組み立て様子も見てくださいね。


カテゴリ:未分類

2012年6月21日

またマネされました・・

人気blogランキングへ

雨ですね。

本当に予定が立てられなくて参ります。

 

雨予報でも晴れ間が出たと思って現場へ行っても、やっぱり降り出してきたりします。

今日も夕方以降は雨予報でしたが、早々と昼から降り出してきて、職人が戻ってきました。

 

私は現場がない日も、事務所でこうして仕事です。

PC作業が主な作業となります。

 

で、今日も何気なく見ていたインターネット。

またまた見ず知らずのリフォーム会社さんのホームページに、うちの画像が掲載されているのを発見しちゃいました・・・

もちろん許可はしていません。

 

これでもう何件目でしょうか。

そして再認識しました。

 

やっぱり塗装業者というものはどんなに見た目がよさそうな会社でも、相当注意を払わなければならないならない業種なんだ、ということを。

 

今回発見した会社も、社長の似顔絵からはじまり、お客さんの喜びの声、行政や国からの許可や資格などもそっくりコピーして掲載しています。

 

外装リフォーム会社で、地域の皆様に愛されて46年・・・というようなことも書いてあるもんですから、私がお客さんだったら見積もりを取ってみようかと、つい候補に上げてしまいそうです。

 

ところがどっこい、そのお客さんの工事評価のところに、以前うちが行った工事の写真が、工事前と工事後、そのまましっかり載っかっちゃってるんです。

 

お客さんの評判も、「娘さんから母親であるこのお客さまへ私たちをご紹介いただき・・・」と、なぜか写真のお客さんとは違う、うちの別のお客さんの声がそのまま掲載されています。

 

きっと写真とお客さんの声で、それぞれよいものを選んだのでしょう。

 

何といったらよいのか、よくここまで・・・と、もうすごいとしか言いようがありません(笑)。

 

よっぽど皆さんに、その業者の写真ページと、同じ写真が載ってるうちのページを比べて見てほしいところですが、ここはこらえておきます。

まぁ、とりあえずうちのページだけでも、お伝えしておきます。

 

塗装工事だけでなく、ほかの建築系のリフォーム工事もみんなそうなのかなーと、思いますが、

 

「お客様の喜ぶ顔が見たくて」、

「お客様のために・・・」

 

といった文章をよく見ます。

 

この会社のホームページにも、そのようなことが書いてありました。

だから驚くというか、もうそういうのには私は慣れっこですが。

 

それに、確かにお客さんに喜ばれるような仕事ができれば、こちらもうれしくなるのは当たり前すぎるほどの話です。

ただあえてそういったことを前面に出す会社ほど、私はどこか疑問を感じてしまいます。

 

その前に必要なのが、自分に負けない根性というかプライドなんです。

 

人間は自分に甘い動物。

 

こんなことは誰もがわかっているようで、認めない人も多いかもしれません。

しかし現場では、想定外の臨機応変に対応しなければならない状況がよく起きます。

それがキツイ仕事になったとき、自分に負けそうになったり、自分に負けて甘い仕事をしてしまいそうなこともあります。

 

そこを自分に負けない根性で乗り越えないと、お客さんの喜ぶ顔が見たいと思っても見ることはできません。

 

今は現場に出ることがほぼない私ですが、以前はこのように自分と戦っていた毎日でした。

 

だから職人の仕事で、自分に甘くなって手を緩めたことがわかる仕事を目の当たりにすると、正直イラッとしてしまいます。

 

たぶん私が思うに、「お客さんのために・・・」と連呼するような会社というか人間は、本当は現場仕事の過酷さがわかっていない人ではないか・・・

 

と、前から思っていたことですけどね。。。

 

今回はこんなきっかけがあったのでお伝えしました。。。

 

それでは、また次回!


カテゴリ:未分類

2012年6月16日

お叱りとクレーム

人気blogランキングへ

梅雨に突入したものの、相変わらず現場ラッシュです。
おかげさまでうれしい限りですが、雨が続くと予定が立てられなくて困ります。
明日からも5日間ぐら雨予報です。
現場が遅れ遅れになって、工事中のお客さんにも少し気の毒です。
現場件数が多いと調整が大変です。
それと同時に恥ずかしい話ですが、工事件数が増えていくとクレームも多くなってきます。
先日もお隣の敷地に入ってしまい、お隣の方にかなりのお叱りを受けてしまいました。
門も車もない駐車場のため、職人の気持ちもわからなくはありませんが、以前から宅配やら工事業者が勝手に入ってきていたということで、以前から困惑してたということでした。
そういった常識的なことは、もちろん職人は承知なはずなのですが、シール屋もいれば、足場屋もいるので、これから全員に徹底してもらわなければ駄目ですね。
この工事は当のお客さんだけでなく、近隣の方からの協力もお願いすることは少なくない工事です。
工事の質だけに配慮していただけでは駄目なんですね。
お叱りを受けると改めて再認識というか、目を覚まさせてくれます。
業務改善のサインですね。
このまま梅雨を走り抜けていきます。


カテゴリ:未分類

2012年5月25日

大田区で断熱塗装のキルコート

人気blogランキングへ

おはようございます。

だんだん暑くなってくるのを感じますね。

 

現場は相変わらずです。

最近は、神奈川県内だけでなく、東京のお客さんからのお問い合わせも多くなりました。

今も町田市の成瀬と大田区の蒲田の2件を工事しています。

町田は前からあったのですが、23区はぼちぼちとご依頼いただくようになりました。

それぞれまったく反対方向ですけどね。

 

今、断熱塗装が結構、話題になっていますが、蒲田の現場ではまさに断熱塗装を施工中です。

 

川口いわく、

「もうこの時期のコロニアル屋根は裸足でなんて歩けないけど、断熱塗装をするとまったく平気だね」

と、遮熱・断熱性能を持つ塗料「キルコート」で外壁と屋根も施工しています。

もう一人、菊池もその効果には驚いているようでした。

 

確かにこの時期に裸足で屋根の上を歩くなんてあり得ません。

実際に屋根に上る職人にしかわからないと思いますが、真夏になると一瞬でも素手や素足で触ることはできません。

 

決してオーバーな表現ではなく、本当にやけどします。

 

まぁ屋根だけでしたら、屋根用の遮熱塗料「サーモアイ」で十分だと思いますが、今回は壁と屋根両方なので、キルコートが最適だと思います。

 

ちなみにキルコートは3件連続で施工しています。

 

断熱塗装といえば一般にはガイナという塗料がよく知られていますね。

 

遮熱・断熱塗料でもそれぞれ特色があり、現場によって使い分けます。

 

塗料のメーカーも各塗料で異なりますが、大手だから、中堅だからという違いはありません。

 

ただ塗装工事は半製品です。

塗料の種類だけで良し悪しが決まるわけではありません。

 

特に断熱塗装は、塗膜の厚みが命ですから、現場でどんな作業を行うかが大事ですね。
P1080223.JPG


カテゴリ:未分類

2012年5月21日

石材調の模様の塗装

人気blogランキングへ

最近の見積もりで、もっとデザインを重視したいというお見積りを頂きました。
他の業者さんが石調のデザインなる塗装で見積もりを提出してきたそうです。
そこで思い出しました。
ずっと前ですが、まだ私がバンバンに現場で職人をしていたころです。
通常の塗装より高級感のある、石材調模様の塗装です。
gotou-tei%20%2820%29.jpg
塗料名は「ジキトーン」という日本ペイントの塗料です。
在庫整理なんかしていると、奥のほうに少しだけ顔を出していた塗料で、ずっと眠っています。
たぶん、もう使えないんだと思いますが、そう思っているとパソコンの中から昔懐かしい画像を発見しました。
このお家は外壁一面がツタにおおわれていました。
gotou-tei.jpg
実は外壁塗装でのツタは作業上においては一番タチがよくありません。
gotou-tei%20%281%29.jpg
強くむしり取ると外壁がはがれ落ちてきたりします。
gotou-tei%20%282%29.jpg
ついでに話すと、外壁の下まで根をまわし、そこから雨水なども侵入して塗膜はがれの原因にもなります。
ツタはバーナーであぶって撤去する場合もありますが、多くは手作業で取り除いていきます。
gotou-tei%20%289%29.jpg
塗膜はがれのところはモルタルで補修です。
gotou-tei%20%283%29.jpg
とにかく模様を出すためには、大量の塗料が必要となります。
4工程ほど経過してこんな感じです。
gotou-tei%20%2812%29.jpg
gotou-tei%20%2813%29.jpg
足場も一面の塗装なのでこんな感じ簡単に自分たちで組んでいました。
gotou-tei%20%2837%29.jpg
昔の写真なのでよくわかりませんが、とっても高級感に仕上がる塗装方法です。
メーカーのカタログを拝借すればこんな感じ。
超アップです。
CIMG0370.jpg
CIMG0369.jpg
CIMG0368.jpg
昔を思い出して、たくさん写真を載せちゃいました。
ただこのジキトーン。大量の塗料ということは、塗膜も当然厚くなるため塗膜自体の重量も重くなります。
塗る外壁を選ばないと、後々塗膜の重みに耐えかねて、自然にはがれおちてくるなんて言うことも、トラブルとしてあるようです。
ツルツルとしたフラット面のサイディングや、これまで何度も塗装をして層が厚くなってしまった外壁には不向きかも知れません。


カテゴリ:未分類

2012年5月8日

大田区蒲田での断熱塗装

人気blogランキングへ

久しぶりの更新です。
ゴールデンウィークは家族で少しばかり休暇を取ってました。
それでも、数日はお客さんからの電話を受けたりしていました。
連休なので電話も落ち着くかなーと思っていたんですが、特に前半の連休は見積もり依頼の電話が結構鳴りまくりでした。
出かけるといってもどこも混んでますからね。
出かけない方も案外多いのかなと思ってしまいました。
さて現場は相変わらず超立て込んでいます。
雨も続いたため、着工遅れの方には本当にご迷惑おかけいたします。。
着工中の場所は横浜市内に留まらず、相変わらずさまざまな地区にまたがって工事させていただいています。。
川崎の宮前区、金沢区、青葉区、町田市、戸塚区・・というような感じです。
最近では、大田区や品川区からの見積もり依頼も徐々に増えてきています。
5/3からは、大田区の蒲田で断熱塗装の工事が始まりました。
夏に向かって断熱塗装の需要が高まりそうな気配もします。
今回の断熱塗料はキルコートです。
P1080223.JPG
断熱塗料では、結構メジャーなガイナも施工しますが、それより空中ビーズの密度が高く性能もガイナを凌ぐといわれているキルコートを今回は使用します。
写真は12缶あります。
P1080222.JPG
サイディンク゜のため、シーリング(コーキング)の打ち直しもすでに終了ずみ。
もちろん高圧洗浄も終わっています。
明日から本格的な塗装作業に入る予定です。
今回のお宅です。
足場を組む前です。
3階建てです。
CIMG6998.JPG
また報告をします。


カテゴリ:未分類

2012年4月19日

塗装技能検定受験

人気blogランキングへ

塗装技能士の検定の申し込みが18日で終了しました。
今年はうちから3名の申し込みをしました。
すべて一級塗装技能士の申請です。
技能検定の申し込み方がよくわからないのか、たまにうちに申し込みの相談の問い合わせがきたりしますが、うちは塗装店です。
ちなみに管轄は中央職業能力開発協会で行ってます。
こういう話になったのも、今日事務所で少しばかり棚などを整理してたらこんなものが出てきました。
CIMG0214.jpg
私が一級塗装技能士を受けた時の試験問題です。
む、むずかしい・・・
今さらですが、良く読み返してみると現場から遠ざかっている今の私には、とてもできそうにない気が・・(笑)
正直、タイルガンやスプレーなど、普段の作業ではあまり扱わないような作業が多いんですね。
でも当時を思いだすと懐かしいなぁ・・
真夏が実技試験でしたから、暑かったですね。。
CIMG0215.jpg


カテゴリ:未分類

2012年4月5日

強風

人気blogランキングへ

おはようございます。

今日はすばらしくよい天気ですね。

家の中でもストーブをつける日が少なくなってきて、だいぶ春っぽくなったなと感じます。

 

一昨日の強風は台風のようですごかったですね。

自宅はマンション住まいですが、一年を通してめったに外の風が気になることありません。しかし一昨日はゴーッという音がずっと響いていました。

 

少し前、風で足場が倒れて小さい子が下敷きになるという、とても他人事とは思えない痛ましい事故をニュースで聞きました。

うちの場合も過去に危うく、ということもあったので、今は強風の際は特に気にしています。

 

台風並みの風が吹く日は、足場のメッシュシートを巻くなどして対策をしておかなければなりません。

特にメッシュシートの場合、当然メッシュですから風が通るようにはなっています。

ところが雨で濡れてしまうと風を一切通さなくなります。

そのため、倒壊などの危険性が高くなるんです。
まず事故が起きないように対策をして、それでも万が一のときのために、工事の損害保険しっかり入ってます
以前、ヒヤッとした経験をしてからは、さらにもっと十分な保障を求めて、ずっと手厚い保障に変えて充実させました。
支払う保険料にはびっくりさせられますが、もしものことを考えると仕方ないですし安心ですもんね。


カテゴリ:未分類

2012年3月28日

部屋の塗装

人気blogランキングへ

だんだん暖かくなってきたなと実感する今日この頃です。

昼間、今までの恰好で歩いていると汗かきますね(^_^;)

 

事務所の裏では、窓を開けると鳥が鳴いて春を思わせます。

 

季節の移り変わりにともなって仕事も多忙です。

 

現場はもちろんですが、事務仕事の一つとして行っているこのホームページ関係の仕事も、忙しさを増してきています。

 

最近では、お部屋の塗装としてこんなサイトも公開しています。

 

現在、リニューアル中です。

 

部屋の模様替えは、普通壁紙クロスを思い浮かべますが、最近は部屋の中を明るくする塗料が開発されています。

クロスでは得られないような効果を持った塗料です。

 

その名前も「アカルクス」。

面白い名前ですよね(^^)

 

その室内次世代塗料といわれるアカルクスを使った塗装も、実はすでに行っています。

塗った後は本当に明るいです。

 

特にたばこなどのヤニで染み付いてしまって黄色く変色したお部屋や、日光があたらず、昼間でも照明をつけなければならない影になるような部屋に塗ると威力を発揮します。

 

外壁も塗装で新築同様になるように、お部屋の中も塗り替えで新築気分に浸れます。

 

下の写真を見てもらえればわかりますが、テーブルの色が変わるぐらい明るくなっています。

 

クロスと違い、汚れたらそこだけ自分で塗ることも可能です。

 

興味があれば、ご相談ください。
0%20%2856%29.JPG
%E5%A1%97%E8%A3%85%E5%AE%8C%E4%BA%86%E5%BE%8C0%20%2812%29.JPG


カテゴリ:未分類

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 業務多忙により、お見積り日程調整でお手を煩わせないためにも、お電話での日時調整をお願いしております。売り込み等のお話は一切しておりませんので、お気軽にお問い合わせください。
必須お名前
必須ご住所
必須電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ※同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は有料となります。
  2. ※「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

カテゴリ一覧
最新記事

横浜市役所の新庁舎が想...

令和の誕生

築13年サイディング塗...

築25年、2回目の外壁...

施工費0円、お金を掛け...

本格始動です。

2019年、あけまして...

2018年、今年もお世...

懐かしいクリスマス

業者選びは"塗装店の開...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継