> 株式会社塗装職人の外壁塗装店の思い > 相見積もりの価格差に悩む外壁塗装

2014年6月3日

相見積もりの価格差に悩む外壁塗装

人気blogランキングへ

今は見積もりは複数の塗装業者さんに頼むことが多くなってきた感があります。

 

安売りの外壁塗装もここ最近よく見かけます。

 

特に横浜の業者さんは多いような気が・・・

 

お客さんにとって安いことは魅力的ですよね。

 

ところがお客さんは、かえってこの状況に悩みに悩んでしまいます。

 

業者それぞれの見積書を見ても、わかるのは合計金額がいくらになるかだけで、内容の違いがわからないのですから。

 

もちろんどんな塗料を使うかとか、工程も書いてはあります。

 

でもそのどれが正しいのか、本当に質が良いのかサッパリ見当がつかないというのが実情です。

 

しかも業者の見積もり書は、それぞれ項目がバラバラで、様式も統一してありません。

 

その上、業者に質問してもデメリットの話なんてまず出てきません。

 

「長持ちします」

「塗料は高級です」

「しっかり手順と工程を守ります」

 

お客さんの身になって考えると、もし安売り価格の塗装工事なら、欠点になる可能性も正直に話してほしいと思うところです。

 

仮にその欠点がカバーできるなら、価格は少しぐらいなら上乗せでも仕方がないと考えるかもしれません。

 

お客さんはとにかく正確な情報がほしいのです。

 

ところが今の塗装業界の現状は、ネットを見ればご覧のとおり、バナナのたたき売り状態です。

 

では、外壁塗装を行う業者側の企業努力で、安くできるものとは一体何でしょうか?

そしてその効果は、どのくらいの違いになるのでしょうか?

 

1.塗料をまとめて仕入れるから安い!

 

→実際はどの業者さんも家一軒分をまとめて買うので、業者間に特別な差異は生まれません。

ちなみに家によって色が違うのですから、一気に何十軒分もの塗料の仕入れはあり得ません。要注意ですね。

 

2.職人さんを安く使う!

 

→もっとも手抜きされる原因になります。

 

 

 

 →近所で工事をしていても費用は同じなので、タダや安くなることはありません。

 

だいたいはこの辺が主たるものです。

塗装は車や電気製品のように、大量生産で同じ質のものをつくることはできません。

 

ですから「まとめて○○するから」と、安さを提供することには無理があると思ってください。

 

これは10年以上前から、私たちが発行する「塗装ガイドブック」でも多くの方にお知らせしてきたことです。

だからといって高額価格を正当化するのではなく、価格だけを見て決めないでほしい、慎重さを失わないでほしいという事なんです。

 

写真付きのカタログのような、きれいな見積書や診断書、DVDなども同様です。

 

診断書や見積書の内容が、必ずそのまま工事に反映すると思い込んでしまうことにも注意しましょう。

 

業者からお客さんには、工事内容を記載した書類が提出されています。しかし職人は、会社との信頼関係次第で、書類の内容を無視して工事をします。

 

渡されている書類は、お客さんが契約しやすいように業者が作成しているものだと、少し冷めた目で見る必要があります。

 

電化製品の取扱説明書のように、正確に機械を作動させる目的のものとは意味がちがいます。

 

ちなみに現場重視で動いている業者さんほど、きれいに整ったカタログや書類とは無縁だったりします。

 

そこまで手間を掛ける技術も時間もなく、何より営業力がありません。

 

知り合いの一級塗装技能士で職業訓練指導員の業者さんの何人かは、いまだに手書きの見積書と名刺一枚で営業しています。

すごく素っ気なく汚いですよー(笑)
でも本当に正確な情報を知りたいなら、その業者さんの事務所に直接足を運んでみたり、完了直後よりも塗装して数年経過した家を見せてもらったほうがどんなにか現実的です。

問い合わせで一番多いのは「○○塗料は長持ちしますか?」というお尋ねです。

 

塗料の質で耐久性がものすごく変わる、というような情報があまりにも多いものですから、お客さんの関心が塗料の質だけに集中してしまうのですね。

 

しかし根本的な問題はそこにはありません。

それは一つの要素でしかないのですが、それがすべてであるかのような錯覚をしてしまうのです。

 

これまで私は塗装工事を依頼するための重要なポイントを伝えてきましたが、まだまだこの点に関して、認識が浸透していないと感じています。

 

さらに周知徹底して、どんどんわかってもらいたくて、お客さんの動画を公開することにしました。

当時の相見積もりでは、一番安い業者さんと比較してうちが30万円高かった、と本音で話して下さいました。

確かに当時そのようなことを聞かされていたなーと、思い出したのですが、今改めてこれ聞くと、そこまで勇気を出してうちを選択してもらったのだと再認識させられました。

 

もう一度言いますが、高い価格を正当化するための話ではありません。

もちろんぼったくりをしたつもりは微塵もありません。

 

そもそも安い業者もそうでない業者も、それぞれ価格の基準が明確ではないのです。

 

たとえば築10年ではじめて塗装をする家と、築20年で塗装する家では、それぞれの処置の度合いは変わってきます。

 

ただ私は当時、築25年は経過していたこの家を長持ちさせるために、絶対必要になる手間と塗料、そして足場の値段を元に計算を出したまでです。

 

ただ単純に他の業者さんより30万円高いというと、大体の人が尻込みしてしまうかもしれません。

 

これはたまたま、他社と大きな差が出た事例ですが、うちに見積もりを取ること自体、敬遠する人もいるでしょう。

 

当然私はそのことは承知しています。

 

そこまでしてこの動画を公開した意味をぜひ汲み取ってもらえたら嬉しいですね。

 

それから言い忘れましたが、これも絶対覚えておいてください。

 

「一級塗装技能士」の資格は職人ではなく、その業者さんの社長さんが保有していることが絶対条件です。

 

もちろん職人さんも取得していればいうことありません。

 

こう書くと、うちのことを言っているのかと勘違いされることがありますが、本当なので仕方がないんです。

 

それはその業者自身が、本当に自社で施工する業者なのか見極めるためでもあります。

 

一級塗装技能士の社長さんなら、社長自身が職人だという証拠。

 

つまり自社施工する業者だという可能性が限りなく高くなります。

 

でも下請けがまったくダメという事でもありません。これをよく見てもらえればわかります。

 

今後も、以前に工事したお客さん宅を訪問して、どんどん当時の感想などを公開していきたいですね。

 

では~!(^^)!


カテゴリ:未分類

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。
必須お名前
任意ご住所
任意電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

カテゴリ一覧
最新記事

台風で屋根の破損。

外壁塗装の完了詐欺。被...

地元警察署からの感謝状...

熱中症対策??進化を遂...

謝恩の夕べ2018夏(...

お客様との食事会

○○大使館の雨漏り修繕

世田谷店、ご近所案内図...

「森の家」が届きました...

世田谷店一周年

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継