> 株式会社塗装職人の外壁塗装店の思い > 塗料のうすめすぎは工事価値の半減

2007年2月17日

塗料のうすめすぎは工事価値の半減

人気blogランキングへ

塗装工事によって家を保護するのは塗膜です。

 

 

もちろん「うすい塗膜」より「厚い塗膜」のほうが、

 


耐久性があるのはいうまでもないですが、それぞれのできあがりは工事の仕方で変わってきます。

 

 

 


たとえば、「モルタル」のカベによく使われる弾性塗料というものがあります。

 

 


この塗料の缶を開封すると、マヨネーズのような「ボッテリ」とした、

 

塗料というよりも粘土にちかいものが顔をだします。

 

 

 


塗料は「チャプチャプ」の液体を想像する人も多いと思いますが、実はそうでもありません。

 

 

 

カベは大きく分けて、2種類に分かれます。

 

 

 


「サイディング」、それ以外のセメントなどを使ったカベを「モルタル」と言います。

 

 

 


私は自分のお客さんに対しても、缶を開けたときのようすを見てもらっていますが、

 

この粘土状を見ると、ほとんどの人が驚きます。

 

 

 


塗料メーカーの規定としては、およそ塗料のおもさに対して1割程度を限度として、

 


このボッテリ状態の塗料に水をまぜあわせ、ある程度うすめた状態でぬりに入ります。

 

 

 

 


実は、この「ある程度うすめた状態」というのが問題になるわけですが、

 


水を多く入れて必要以上にうすめすぎると、塗料のもつ性能が著しく低下します。

 

 

 

 


性能とは、「よごれ」、「カビ」、「ヒビ」の防止など、さまざまの機能のことを言いますが、

 


どんなに最高品質の塗料でも、性能うんぬんというよりは、ただの色付けになってしまう可能性が高くなります。

 

 

 


わかりやすくたとえると、水を多く入れたサラサラの状態が「もんじゃ焼」。ドロドロが「お好み焼き」。

 

 


もんじゃ焼状態で塗っても塗膜に厚みはつかず、長もちする工事にはなりません。

 

 

 

 


前回もお話したように、薄めすぎの工事が少なくない背景には、人件費の問題があります。

 

 

 


塗料をサラサラ状態で塗れば、スムーズに次から次へと塗ることができます。

 

 

転がすローラーもすばやく塗れます。

 

 

 

 


「ドロドロ塗料」は、手に「ズッシリ」重しをつけて塗る感覚です。

 

 

 

作業時間と仕事量に倍ほどの大きな差が生じます。

 

 

 

モルタルカベにも、
ツルツルとした模様と、ザラザラで凸凹の高低さが激しい模様があります。

 

 

 

 


もし、ザラザラで凸凹の高低さが激しい模様のモルタルの場合だとしたら、

 

 

サラサラの塗料とドロドロの塗料では、手間時間とも3倍ほどちがってくるでしょう。

 

 

 


「ドロドロの塗料」では、家一周塗り終わる頃には、かなり体力を消耗します。

 

 

 

 


このように薄めすぎの問題は、人件費のほかに塗料の量が少なく安くあがります。

 

 

 

 

たとえば、「10150キロ」使用しなければならない塗料が、

 

575キロ」で済んでしまうということです。

 

 

 

 

 

単純計算でいけば塗膜の厚さは半分になります。

 

 

 

塗装工事の場合、最終的に手元に残るのは塗膜だけです。

 

 

 

その塗膜に対して高い工事費用を支払うことになります。

 

 

 

 

 


システムバスやシステムキッチンなど、塗装以外のほかのリフォームは形が残る商品なので、

 

 


うすめ過ぎということはなく、部品が欠ければ不具合が目に見えて生じるのはあたり前です。

 

 

 


でも、部品の欠損とおなじうすめすぎは、目に見えません。

 

 

 

目的はあくまでも「塗膜」を作ることです。

 

 

 


塗膜の厚さが半分になれば、ほかの作業の「足場」・「養生」

 

 


(サッシなど塗らない部分をビニールで覆う)の費用も無駄にされているのとあまり変わらなくなります。

 

 

 

 


工場のラインで、ベルトコンベアーを流せば作っていけるような、

 


人の心が関わりにくい商品とちがい、これほど思いひとつによって商品価値が左右されるものは、ほかにはありません。

 

 

 


キレイになることだけが「高品質で価値がある」と勘違いされることも多い塗装ですが、

 

 


塗装工事としての「品質と価値」は、塗膜の厚みでもあります。

 

 

 

 


何が怖いかといえば、うすめすぎの工事もキレイに仕上がって見えてしまうことです。

 

 

 


「工事前」「工事後」という写真もよくありますが、それこそ変わりばえしないほうがおかしいのです。

 

 


私も作業中にとった工程ごとの写真を、参考程度に何十枚と渡すこともありますが、

 

 


色が変化していくようすを確認できても、写真から塗装の品質を判断することは不可能です。

 

 

 

 


あくまでも塗装の質は、きれいに見えることだけではありません。

 

 

 


今後はそういうことも注意しながら、頭に入れてもらいたいですね。


カテゴリ:未分類

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。
必須お名前
任意ご住所
任意電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

カテゴリ一覧
最新記事

外壁塗装の完了詐欺。被...

地元警察署からの感謝状...

熱中症対策??進化を遂...

謝恩の夕べ2018夏(...

お客様との食事会

○○大使館の雨漏り修繕

世田谷店、ご近所案内図...

「森の家」が届きました...

世田谷店一周年

GW中も仕事してます。

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継