> 外壁塗装更新情報

外壁塗装情報

2回目のサイデイングクリヤー塗装、10年前からの経過記録。

人気blogランキングへ

今回ご紹介は、前回当社で施工させて頂いてから約10年、今回2回目の塗装をさせて頂いた横浜でのお客様の施工です。

外壁はサイディングで屋根はスレート。

一般的によくある素材を使用したお家です。

ただ違うのは1階の外壁がタイル調、2階が通常の特別模様の入っていない他のお家でもよく見られる普通のサイディングです。

化粧タイル調のサイディングの場合、デザイン性に対して少し凝っているため塗装の塗りつぶし方法を選択するよりかは、タイル調を生かすためクリヤーで塗装する方も多いです。

その分目地の色にも配慮が必要になります。別のお家ですがこちらの動画もご参照ください。

そして今回は、10年前の施工のようすから、途中地震による影響の可能性も含め補修のようすについても触れてみたいと思います。

長いですがちょっと辛抱してお付き合いください。

10年前・塗装前

 

10年前の施工中・完了後

 

5年経過

 

今回・見積り調査のようす

 

施工中・外壁塗装

もちろん前回と同じなのですが、仕様を載せておきます。

[外壁塗装]
仮設足場組み立て・解体 203 平米
飛散防止用メッシュシート張り 203 平米
外壁高圧ジェット洗浄 176 平米
養生 114 平米
下塗り塗料 uvプロテクトクリヤー 1. 5 缶
上塗り塗料 uvプロテクトクリヤー 1. 5 缶
クリヤー外壁塗装施工費 89 平米
下塗り塗料 ファインパ-フェクトシーラー O. 5 缶
中塗り塗料 パーフェクトトッフ。 l 缶
上塗り塗料 パーフェクトトップ O. 5 缶
2 階外壁塗装施工費 (下+中+上塗り) 49 平米

[シール工事]クリヤ部化粧合わせ後打ち
既存シール撤去 プライマー塗布
増し打ち・撤去打ち替え315M

[付帯塗装]
破風 35 M
帯20 M
軒裏 18 平米
雨樋  66 M
勝手口庇 l 式
パイプ類  l 式
雨戸・戸袋大13 面
雨戸・戸袋小6 面
バルコニー笠木 l 式
庇上コロニ刊、スチール 2 箇所
L型庇上スチー/レ l 箇所
水切り31 M

 

施工中・屋根塗装

[屋根塗装 ]
コロニアル屋根高圧 ジェッ ト洗浄 68 平米
下塗り塗料 ファインパーフェクトシ ーラー 1. 5 缶
縁切り 68 平米
中塗り塗料 ファインパーフェクトベスト l 缶
上塗り塗料 ファインパーフェクトベスト l 缶
雨押え鉄部ファインパーフェクトベスト塗装 l 式
屋根塗装施工費68 平米

 

塗装完了後

結局はこの動画を見た方が早かったりします。

 

  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,サイディング ,屋根

杉並区で築14年の外壁塗装とバルコニー防水

人気blogランキングへ

杉並区で行った外壁塗装と屋上防水の事例です。

 

外壁塗装施工前

モルタルリシンの外壁です。

築14年

[塗装準備 ]
仮設足場組み立て及び解体 332 平米
飛散防止用メッシュシート張り 332 平米
昇降設備 3 基

[外壁塗装]
外壁高圧ジェ ッ ト洗浄 296 平米
養生作業 120 平米
外壁塗装施工費 (補修+下+中+上塗り) 244 平米
下塗り塗料パーフェクトフィラー 7 缶
中塗り塗料パーフェクトトップ 4 缶
上塗り塗料 パーフェクトト ップ 3 缶

[付帯塗装]
雨樋 (3 工程塗装下地調整込み) 48 M
鉄製支柱 H鋼塗装 (3 工程塗装下地調整込み) l 式
木部支柱廻り塗装(木部用塗料使用) l 式
軒下廻り (3 工程塗装下地調整込 み) l 式
エアコ ンホース脱着塗装 l 式
※付帯塗装塗料は油性塗料
ファインパーフェクトト ップ使用

職人は塗装指導員でもあり一級塗装技能士でもある竹山です。

塗装職人でもお客様からの指名があるとても高い評価を頂いている職人です。

 

外壁塗装施工中

 

 

屋上防水工事施工前

バルコニー防水工事 (ウレタン塗膜防水密着 工法)
下地処理 ケレン、清掃
下地補修 既存防水層不良箇所補修
ウレタン塗布 2 回塗り
トップコート 1回塗り
エアコン室外機上げ下ろし

 

 

屋上防水工事施工後

 

外壁塗装完了後

  • シェアする:
カテゴリ:23区 ,施工個所 ,東京都 ,モルタル ,付帯部

築23年、サイディング塗装と屋根の遮熱とベランダ防水

人気blogランキングへ

今回のご紹介工事は横浜市旭区の築23年のお家です。

外壁はサイディング、屋根はスレートの今最も主流の素材を使ったお家の塗装です。

今回も工事が盛りだくさん。

サイディングなのでシーリングはありますが、ベランダのクラックもちょこっと激しい感じでしたので、しっかり防水工事も行わせていただきました。

それだけの費用をかけて工事をしたのですからもう10年以上持ってもらわなくては困ります。

それと今回は屋根の最新塗料であるクーラーベストを使用。

これは日本ペイントが声を大にして言っているお勧めの断熱系塗料です。

ちなみに塗装体験もされました~(^^)

担当は岩淵、職人はもうおなじみの一級塗装技能士、星野です。

では早速工事のご紹介です。

 

見積もり塗装前

 

 

足場

[塗装準備]
仮設クサビ足場組み立て及び解体 336 平米
飛散防止用メッ、ンュシート張り

 

 

 

 

 

 

シーリング

[シーリング ]
サッシ廻りシー リング 194 M
サイディング目地シーリング 231 M
サイデイング屋根取合いシーリング 114 M
換気口貫通部等シーリング l 式

 

 

外壁塗装

[外壁塗装]
外壁高圧ジェット洗浄 248 平米
養生作業 110 平米
外壁塗装施工費 (下+中+上塗り) 152 平米
下塗り塗料 パーフェクトフィラー 5 缶
中塗り塗料パーフェクトトップ 2 缶
上塗り塗料パーフェクトトップ 2 缶

 

 

 

屋根塗装

{屋根塗装]
屋根塗装施工費 (下+中+上塗り、縁切) 122 平米
屋根高圧ジェット洗浄 122 平米
下塗り塗料 パーフェクトクーラサーブ 3 缶
中塗り塗料 パーフェクトク ーラーベスト 2 缶
上塗り塗料 パーフェクトクーラー ベスト 2 缶
雨押え鉄部補修

今回のこのクーラーベストの遮熱性能のサーモグラフィーのデータをとっています。

 

※日本ペイントより。

水性ラジカル制御形高耐候屋根用高日射反射率(遮熱)塗料

ニッペ パーフェクトクーラーベスト
最大限にまで効率化した遮熱効果と下塗り「パーフェクトクーラーサーフ」の熱伝導制御技術との組み合わせで、より高い遮熱性能を発揮する、パーフェクトシリーズの屋根用遮熱塗料。

付帯塗装

[付帯塗装]
軒廻り28 平米
破風64 M
雨樋 82 M
庇霧除け1 式
水切り 38 M
雨戸大 14 枚
戸袋大 5 枚
シャッターボックス 1 箇所
エアコ ンホース脱着塗装 l 式

 

 

防水工事

[防水工事]
バルコ ニー防水工事(ウレ タン塗膜防水密着工法) 2 面
下地補修ケレン、目荒し
下地用モルタル塗布
下地用プライマー塗布
ウレタン塗布 2 回塗り
トップコート 1回塗り
室外機上げ下ろし

 

完成

今回は作業写真が多かったので、完成写真は特にお伝えすることはありません。

ただ見て感じ取っていただければと思います。

以上横浜市旭区からでした!

 

鉄筋コンクリート住宅の塗装と防水 横浜市

人気blogランキングへ

3階建ての鉄筋コンクリート住宅の塗装と防水。外壁全面が下地のモルタルと塗膜の浮きのため、サンダー掛けの研磨がが仕事でした。横浜市内の3階建て鉄筋コンクリート住宅。
image049
屋上から先に施工しました。施工方法はウレタン塗膜防水。雨漏りに頑丈なピカピカの肉厚仕上げです。
image053
外壁モルタルの浮き、塗膜の浮きも全面に見られたため、サンダーで研磨して撤去していきます。
image054
外壁全面に研磨した粉を洗い流すように、高圧洗浄していきます。
image055
バルコニーの施工前はシート防水。 防水表面は劣化して、台風時などの大雨の時は、雨漏りしたりしなかったり微妙な状況でした。
image058
念のためにぐらついていた、パラペット上部の笠木もアルミフェンスごと一旦外して、端部まで新しく防水施工。image057
雨漏りというのは、実はこのような端末部からの漏水が一番多いのです。
image061
築年数も考え、ベランダ付近のフェンスもすべて一旦外してやはり末端部から新しく施工しなおします。
image062

研磨してモルタル補修した場所がところどころ。
image063

両開き窓も出窓などにするなどして塗装と防水以外にもリフォームしています。
image065

研磨補修して平滑になった場所に、外壁の凹凸模様をつけるべく、吹き付けによる玉吹きをしています。
image066

2液性のシリコン溶剤塗料にて外壁塗装。
image067

バルコニーの塩ビシート防水の完成。
image068

フェンスも取り付け、付属の錆びていた金具も新品に交換して取り付け。
image071
外壁塗装も色を一新し完成。外壁は薄く軒の出は濃く、塩ビ管や枠関係はこげ茶と、お客様の希望と全体のバランスも考慮しました。
image073
このブログは「横浜市で鉄筋コンクリートの塗装と防水工事」の動画を抜粋しました。実際の施工風景をご覧になりたい方は動画をご視聴ださい。

パミールというスレート屋根の憂鬱

人気blogランキングへ

現場管理、見積もり担当の松尾です。

 先日のブログで、現在集合住宅地の塗装工事をしている…と書いたのですが、実はこの集合住宅地、パミール屋根が集まった住宅地でもあるのです。

 

 みなさんはパミール屋根を知っていますか?

 パミール屋根は、通常のコロニアル屋根などと違い、元がもろいため塗装ができない屋根です。

塗装ができないということは、いざ10年ほどたって屋根のメンテナンスをしようと思った時に、カバー工法と呼ばれる屋根塗装の1.8倍ほどの価格の工事をするか、もっと工事費のかかる屋根の葺き替えをするか…しかほぼ選ぶことができません。

 

またパミール屋根は、劣化とともに砕けやすくなり、通常であれば足場を組んだ後に屋根上を歩いて屋根の状態を確認するのですが、パミール屋根はおせんべいのようにパリパリと割れてしまうので、歩くこともできません。

 さらに屋根が落下したり、風で飛んだりしやすいので、落ちた屋根が人にぶつかり事故をおこしてしまう場合も…。

 屋根は日常の中で、あまり目を向けない箇所なので、ご自分の家の屋根が大変なことになっていても気が付かないお客様がたくさんいらっしゃいます。

 今回の集合住宅地は、段々畑のように家が建っている場所でしたので、屋根塗装のご依頼を頂いたお客様の屋根に上ると、下の家の屋根が非常によく見え、屋根が歯抜けになっている家や、屋根板が反り返ってしまっている家を見かけました。

ただ、この集合住宅地、すべてがパミール屋根…というわけではなく、建っている年代によって、違う屋根材のお宅があるようなのです。

ですので、この段とこの段のお客様はパミール屋根で、その下のお客様は違う…などがあり、たった1段違う場所に建っているだけで、屋根の工事費が2倍近くも変わってしまう…ということが多々ありました。

 

営業としてお客様宅へ伺ったときに、一番難しい瞬間なのですが、お客様に「屋根を塗ることができません」とお伝えした瞬間、さっと顔色が変わられる方が沢山いらっしゃいます。

さらに続けて「カバー工法」のご説明と価格を説明すると、『もしかして、金額の高い工事をわざと言って、だましているのかしら?』というような疑いのまなざしを向けられることも…。

僕としては、お客様に無駄な工事は勧めたくありません。

ただ、どうしても屋根塗装で対応できない「塗れない屋根」があるのです。

 

パミール屋根のように、パキパキとおせんべいのように割れる屋根は、塗料で補修することはできず…お客様にただただご説明するしかないのです。

 

ただそれをもご承知でご近所の多くが屋根塗装で施工されているということと様々なご事情もあったことも重なり不本意ながらも塗装でご決断されたお客様も過去にはいらっしゃいます。

その際にお客様にご提出させて頂いた写真がこちらです。

 

その時の動画がこちら。

 

営業をしていると、いつも思います。

家という生涯のうちでも大きな買い物だからこそ、こうした塗ることのできない屋根材や、安く塗装を済ませたがために起こることを、もっとお客様に情報として届けられたら…と。

 巷では、「安い塗装」を大きく謳う業者が後を絶ちませんが、このパミール屋根しかり、かならずその後に大きな代償を払うことにもつながりかねません。

 今回はパミール屋根をご紹介しましたが、パミール屋根以外にもこうした症状を起こす屋根はあります。

 

 

 また家の図面にはコロニアル屋根と書いてあるのに、実際はパミール屋根が葺かれていたり、記載ミスがあったり。

 どうか、お客様にこうした情報が届いて、せっかく買った家を長持ちさせられますように、これからも屋根や塗装の本当のことをブログでご紹介できればと思います。

 

最後に、パミール屋根の症状をご紹介しますので、もしもそのような症状がお家の屋根で見かけられましたらお近くの屋根屋さんか、塗装店にご相談ください。

落ちた屋根による事故や、屋根が剥がれ落ちたことによる野地板の腐食など、大事に至らぬ前に少しでも食い止められますよう願っています。

 パミール屋根の特徴

 ・屋根の側面がミルフィーユ状になっている

・屋根が反り返っている

 

下から屋根を見てみて、この症状がありましたら一度塗装業者、屋根業者にご相談ください。

 

壁の色でお家の表情をガラっと変える外壁塗装

人気blogランキングへ

見積り担当の岩淵です。

 

先日担当したお宅は、壁の色をガラっと変える外壁塗装でした。

お家は色によって表情や雰囲気を変えます。

もともとは白い壁のお宅だったのですが、せっかくの塗装なので、今回はシックな深いグリーンにすることに。

 

しっかりとメッシュシートで家を覆い、今回も塗装工事スタートです。

お客様にご了承を頂けたので、弊社の看板シートも取り付けさせて頂きました。

看板シートは、必ずお客様に取り付け許可を頂いてから、貼らせて頂いているのですが、これによってご近所の方からお声がけ頂くこともあり、本当にいつも感謝しております。

 

今回塗装する職人は、奥様方に大人気、一級塗装技能士の竹山です。

 

腕良し、人当たり良し、顔良し、職人として3拍子揃っている竹山。聞いた話によると夏場の現場で飲み物を買ったことが無いのだとか……。

この竹山、刷毛捌きも非常に上手く、塗料缶を倒したり、塗料を垂らしたりしたところ見たことがありません。

養生のぴっちりとした綺麗な巻き方からも、手先の器用さがうかがえます。

今回は元の壁の白い色から濃い緑色への塗り替えだったのですが、弊社では逆のオーダーも可能です。元の壁が濃い色でも、薄い壁色に変えることができます。

 

たまに、お客様で「うちの壁は色が濃いから薄い色にするのは無理よね…」と思われて、似たような濃い色を選ばれる方がいらっしゃいます。

実は、濃い色でも3回塗りと言われる、「下塗り」→「中塗り」→「上塗り」をすれば、元の壁がどんな色でも、色を替えることは可能です。

この写真で、竹山が塗っているのは、ちょうど2回目の中塗りをしているところで、緑色の下に見えている白地は、壁の色ではなくフィラーという下塗り剤の白色です。

下塗り剤は、用途によって透明なもの、白いものなどを使い分けます。

色を変える時には、この白い下塗り剤を使うことによって、壁を真っ白なキャンバス状態に戻し、どんな色でも塗り替えることができるのです。

 

建売りの家の場合など、購入時は万人受けする白やベージュなどの壁色が多いので、是非とも塗り替えの際には、お客様の好きな色で塗装してみて下さい。

 

また、中古で家を買われた際も、壁の色をお好きな色にすることによって、よりご自分の家としてカスタマイズすることが可能になります。

今回は、お隣の家との間が80センチほどのお宅でしたが、この写真のように足場をきっちりと組んで作業が可能になっています。

 

足場が組めて、立ちの作業としゃがみの作業ができ、ローラーが使えれば、丁寧な作業をすることは可能です。

 

「お隣との幅がこれしかないから、塗装は難しいかしら…?」

 

と思ったら、まずは無料見積もりをして下さい。

 

 

見積り担当である私のほうで、お客様宅に伺って現地調査すれば、作業が可能かどうか一発で分かります。

また、さらにお客様の想いをお聞かせさせて頂くことで、塗装をただの壁の塗り直しではなく、新しい家にするくらいの気持ちで塗装させて頂ければと思っています。

塗装をする際は、是非ともご自分ならではの色に冒険してみて下さい。

私どもでお客様の壁にあった、最適な塗料で仕上げさせて頂きます。

 

外壁塗装の色についての動画はこちら

 

※色についての参考記事

  • シェアする:
カテゴリ:見積り担当の日記 ,モルタル

家族でガレージの壁に塗装体験!

人気blogランキングへ

現場管理、見積もり担当の松尾です。

 

弊社では塗装工事中のお客様宅で「一日塗装体験」というイベントを定期的に行っています。

これはお客様ご一家がご自宅の外壁の塗装が体験出来るという企画で、お客様にご自宅の壁の状況を知っていただいたり、塗装を知っていただいたり、家族の楽しい思い出作りにご利用いただいています。今回は横浜市都築区のM様ご一家(奥様、ご主人、息子さん)が体験しました。

最初に担当職人の近藤から壁、塗料、道具の説明をしたのち、体験に入りました。

まず、近藤が実際にガレージの壁にローラーで塗ってお手本をみせました。

そして、息子さんがローラーをもって体験を開始。

力を込めて縦横に丁寧に塗っていました。初めてとはおもえないほど上手な腕前でした。

続いて奥様が体験。サイディングの壁の形状をローラーで確かめながらゆっくり塗ります。

そして、小さいローラーで電源スイッチの周りを塗りました。

塗りながら「難しい」とおっしゃっていました。

そして、ご主人様が体験。なめらかにローラーを転がして、大変お上手でした。

最後の仕上げは息子さんが行いました。

ご家族3人で一枚の壁を塗り終えました。

 

感想を聞くと息子さんは「普通。(ローラーが)重かった」

奥様は「一生の体験になりました」とお答えくださいました。

最後に記念撮影を行って終了しました。

 

「一日塗装体験」がご家族の楽しい思い出になったら幸いでございます。

当日の様子はこちらの動画でご覧になれます。

 

ほかにも見てくださいね。

外壁塗装が家族記念日の動画集はこちら。

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 業務多忙により、お見積り日程調整でお手を煩わせないためにも、お電話での日時調整をお願いしております。売り込み等のお話は一切しておりませんので、お気軽にお問い合わせください。
必須お名前
必須ご住所
必須電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ○個人のお客様のお見積りは無料です。
  2. ○同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は下記有料となります。
  3. ※現地調査(見積り書提出別途) ①戸建て2万円②大規模修繕(30所帯まで最大半日)5万円 電話相談・アドバイス10分5千円
  4. ○「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

2回目のサイデイングク...

杉並区で築14年の外壁...

築23年、サイディング...

鉄筋コンクリート住宅の...

パミールというスレート...

壁の色でお家の表情をガ...

家族でガレージの壁に塗...

ベランダ床下腐食の珍し...

壁の調色と養生の技を見...

台風の風雨で過剰に雨漏...

初回の塗装が2回目より...

懐かしい16年ぶりのお...

塗料選びの悩み。まず特...

東京都世田谷区の大きな...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-29)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継