外壁塗装情報

横浜市旭区での塗装工事、玄関周りと外壁上塗り

人気blogランキングへ

今回は横浜市旭区 鶴ヶ峰本町での塗装風景を報告します。職人は引き続き、一級塗装技能士の川口が担当しています。
横浜市旭区:玄関周り外壁上塗り
横浜市旭区:玄関周り外壁上塗り2
軒との境界や玄関ドア、外灯などの突起物周りをハケで塗装しておいたので、今回はローラーで全面塗装して、より塗膜の厚みを付加していきます。
リシンのザラザラした凹凸のある壁ですが、中塗りでしっかり塗膜をつけたので、上塗りではローラーの滑りもよくなって塗装しやすくなりました。
厚膜を形成して耐久性をさらに向上させます。
上塗りは中塗りと同じ色の塗料を使用していますが、塗ったばかりのところは色が明るく見えていますね。これは、塗料は乾燥すると色味が少し濃くなるという特徴があるからなのです。
また、光りの当たり具合によっても色は異なって見えるので、外壁の色を選ぶ際は外で、実際に壁に色見本帳を当てて確認した方がよいでしょう。
横浜市旭区:玄関周り外壁上塗り完了
横浜市旭区:外壁塗り分け部
玄関周りの外壁が仕上がりました。サイディング部分との塗り分けもきっちり行って、境界をきれいに仕上げました。色も材質もはっきり異なる部分ですから、少しでも隣の色が付着していれば、特に目立ってしまいます。刷毛で塗料をしっかり重ねるのはもちろん、はみ出しに気を付けて塗り上げました。
横浜市旭区:軒の養生撤去
仕上がった玄関周りの、軒の養生テープを取ってみると、きれいなラインが出ていました。順々に、完全に塗料が乾く前に養生を剥がしていきます。塗料が硬化しきった状態で養生を取ろうとすると、塗膜も一緒に剥がしてしまったり、塗膜片が散らばることもあるため、生乾きくらいの状態で撤去します。
横浜市旭区:縁切り後の屋根
前回、縁切りを行いタスペーサーを差し込んだ屋根です。重なり部分に挟まっている黒い長方形のものがタスペーサーで、最後にここにも塗料を重ねて屋根と色味が同じになるように仕上げます。
横浜市旭区:ベランダ壁の塗り分け
ベランダの外壁と内壁の境界部分は、前々回までは塗装の途中でしたが、茶色とクリーム色でしっかり塗り分け。とても細やかな作業を要する工程でしたが、きれいに仕上がりました。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,サイディング

川崎市宮前区での外壁高圧洗浄でコケや汚れを除去

人気blogランキングへ

今回は川崎市宮前区で行った施工の様子をお届けします。
担当した職人は一級塗装技能士の川口です。
川崎市宮前区:見積もり時の外観
(上記写真は見積もり時のもの)
こちらのお宅はサイディング外壁の戸建て住宅。バルコニー部分の壁はタイル調になっており、特徴的な質感があるので通常の塗料ではなく、クリヤー塗料で下地を活かした仕上げをしていきます。
塗替え前に家の水洗いをしますが、今回は外壁と付帯部のみの塗装のため、大屋根以外を洗浄しました。
塗装前に汚れを落とすのは、下地と塗料の密着性を向上させて塗膜を剥がれにくくさせるためです。外壁は、チョーキングという、触れると手に粉が付く劣化現象が起きていることがあります。これは塗装面が傷みむことによって、塗料に含まれている顔料が表層に出てくるのです。チョーキングがついたままではせっかく仕上げた塗装も剥がれやすくなってしまうので、よく洗い落とすことが大切です。
また、塗装しない部分に施す養生がしっかり定着するように、汚れは取り除いていきます。
水洗いに使用するのはエンジン駆動式の高圧洗浄機。ご近所へ作業音の配慮をするため、防音型のものを使用しています(それでも全く音がしなくなるわけではないですが…)。とても強力な勢いで水を噴射するので、誤って体などに触れないように気をつけながら進めます。このジェット水流で蓄積された汚れ、コケ、カビなどを一掃していきました。
川崎市宮前区:洗浄前外壁のコケ
川崎市宮前区:洗浄前外壁のコケ2
川崎市宮前区:洗浄前ベランダ
洗浄後↓
川崎市宮前区:洗浄後の外壁
川崎市宮前区:洗浄後のベランダ
川崎市宮前区:洗浄後の下屋根
陽の当らない面の壁や、ベランダの内壁・床には一部緑色のコケが繁殖していましたが、洗浄後はすっきりと除去することができました。大屋根はそのままですが、下屋根は外壁などと同時に洗浄しています。軒やシャッターボックスなど付帯部も含め、しっかり汚れを落として本日の作業は完了となりました。
  • シェアする:
カテゴリ:川崎市 ,施工個所 ,神奈川県 ,サイディング

ALC塗装、鉄部ベランダのさび止め

人気blogランキングへ

今回は横浜市神奈川区で行った施工の様子を掲載します。
職人は一級塗装技能士の竹内が担当しました。
前回はドレンパイプの下地調整と下塗りを終え、この日は鉄部の下塗りをメインに行いました。
写真はないのですが、下塗り前にはケレンをしています。
パイプと同様に、鉄部も表面がツルツルしています。やはり塗料の引っ掛かりとなるものがないため、せっかくつけた塗膜が剥がれやすくなってしまいます。あえて、細かな擦り傷をつけることで、下地のざらつきと塗料がガッチリ密着して、剥がれにくく長持ちする塗装に仕上げることができるのです。
サビが発生している場合は、この段階でよく削り落しておきます。サビが進行しないように除去する事が大切です。
ケレンでよく使用するのは研磨布やナイロンたわし、サンドペーパーや皮スキ(金ベラ)です。施工面が平らであれば、ディスクサンダーという電動工具を使用することもあります。
横浜市神奈川区:鉄部手すりサビ止め塗布
横浜市神奈川区:鉄部手すりサビ止め塗布2
ケレン後は下塗りとしてサビ止めを塗布していきました。サビ止めには、その名の通りサビが発生することを防ぐ役割があります。この下塗りで、傷みやすい鉄部の耐久性を高めて長持ちさせます。
今回は仕上がりの色を茶色にすることを踏まえ、サビ止めの色を赤錆びにしました。ほかにも、グレーや白、茶などがあるので上塗りの色に合わせて選択します。
サビ止めは鉄部手すりにたっぷり塗布して、材料の性能を存分に発揮させます。格子の接合部など細かなところも塗り落しやムラがないように仕上げました。
  • シェアする:
カテゴリ:ALC ,横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,付帯部

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 業務多忙により、お見積り日程調整でお手を煩わせないためにも、お電話での日時調整をお願いしております。売り込み等のお話は一切しておりませんので、お気軽にお問い合わせください。
必須お名前
必須ご住所
必須電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ※同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は有料となります。
  2. ※「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

2回目のサイデイングク...

杉並区で築14年の外壁...

築23年、サイディング...

鉄筋コンクリート住宅の...

一級建築士と施工管理技...

誰もが信じる「この塗料...

全部で150万円。ちょ...

【質問】フッ素の遮熱塗...

13年振りに再塗装のお...

外壁サイディングのクリ...

世田谷区30坪の外壁塗...

塗装工事のお客様宅の帰...

サイディング、屋根、ベ...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継