外壁塗装情報

戸塚区での塗装工事、鉄部下塗り

人気blogランキングへ

本日も一級塗装技能士の竹内が戸塚区南舞岡のお宅で塗装工事を行います。
今回は鉄部塗装の下塗り風景を中心にお伝えしたいと思います。
まずは下塗りに入る前に、欠かすことのできない工程があります。
鉄部のような表面がツルツルしたところには塗料の引っ掛かりがないため、材量をたっぷり使用してせっかく厚膜に仕上げても塗膜が剥がれやすくなってしまいます。
そのため、サビを落としてから、全体に細かな擦り傷をつけることで表面にわずかなザラつきを作り、塗料の食い付きを良くさせます。これをケレン、または下地調整と言います。(細かい傷をつけるだけの場合は目荒しとも呼ばれています。)
ケレンでよく使用されるのは皮スキという金ベラや、マジックロンというナイロンたわし。雨戸のような凹凸のあるところは紙やすり(サンドペーパー)で研磨していきます。
ケレンを終えたあとは下塗りに入りました。使用するのは日本ペイントのパーフェクトプライマーという下塗り材。下地と塗料の密着度をアップさせ、サビ止め効果もあります。今回はこちらのダークグレー色をたっぷり塗布、傷みやすい鉄部の耐久性を向上させて長持ちする塗装に仕上げていきます。
2014年2月3日 戸塚区南舞岡:換気孔塗装前
2014年2月3日 戸塚区南舞岡:換気孔下塗り後
こちらは軒下の換気孔の下塗り前と下塗り後です。プライマーを細部まで塗り上げたあとは、マットな質感ながらも光沢が出ています。
2014年2月3日 戸塚区南舞岡:シャッターボックス塗装前
2014年2月3日 戸塚区南舞岡:シャッターボックス下塗り後
同様にシャッターボックスも下塗りです。細部はハケで塗り込みますが広い面はローラーで仕上げました。このとき、毛足の短いタイプを使用するとローラー筋が付きにくく、平滑に塗ることができます。
道具は様々ありますが、適材適所で使い分けることで、きれいにしっかり塗料を塗布していきます。
次回は軒下の下塗りを開始します。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,神奈川県

戸塚区での養生、屋根塗装は断熱塗料を使用

人気blogランキングへ

今回から戸塚区南舞岡での外壁・屋根塗装工事の施工風景をお届けします。
職人は一級塗装技能士、そして塗装指導員でもあるベテラン竹内が担当。
水洗いはすでに済ませており、本日は塗装に入る前段階の養生を行いました。
2014年1月31日 戸塚区南舞岡:養生
養生は塗装しない部分にビニールなどを使用してカバーすることを指します。関係のない所に塗料が付着しては大変ですし、後々の掃除の手間が増えてしまいます。また、養生をすることで塗り分け箇所を真っ直ぐに線出しすることができます。
2014年1月31日 戸塚区南舞岡:バルコニー養生
こちらはバルコニーの床、立上りなどを養生したところです。
人が歩く場所は厚手で破れにくいブルーシートを使用。ズレやたるみができると足をひっかけてしまう危険性があるので、上からガムテープでガッチリ固定しました。立上り部分にはテープとビニールが一体になったマスカーを貼っています。手すりの笠木下にはマスキングテープを貼ることで外壁との境界線をしっかり出していきます。そのためにもテープは真っ直ぐに貼り、途中で剥がれてきては塗料漏れなどが起こりかねないため、充分に密着するように手で押さえました。
窓なども全てマスカーで覆ってしまいますが、場合によっては開閉できるように養生することも可能です。玄関ドアはもちろん出入りできるように、そして鍵も使用できるように細かく養生させていただきます。
2014年1月31日 戸塚区南舞岡:屋根塗装前
こちらは塗装前の屋根の状態。最高150キロ圧が出る高圧洗浄機のジェット水流で付着物をきれいに洗い落しました。
今回屋根の施工は、遮熱塗料のサーモアイを使用して塗替えしていきます。この塗料には太陽光の赤外線を反射する性能があるため、屋根下の室内温度を下げることが期待できます。
次回からは鉄部の下塗りに入ります。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,神奈川県

瀬谷区での防水工事、ウレタン2層目

人気blogランキングへ

早いもので、本日から新年度がスタートしますね。世間では増税による混乱も起きているようですが、ここでは通常通り施工風景をお届けしたいと思います。(エイプリルフールではありますが、うそは書いておりません 笑)
3月末にベランダウレタン防水の1層目までを形成した瀬谷区二ツ橋町の現場。本日は2層目を仕上げてまいります。職人は前回に引き続き曽根カズが担当しました。
2014年4月1日 瀬谷区二ツ橋町:ウレタン防水2層目
1層目と手順は同様に、立上りから仕上げて平場にウレタンを流して2層目を形成します。ウレタン塗膜防水では、プライマー+防水層2層、仕上げのトップコートを含めて計3mm厚ほどにするのがよいと言われています。薄すぎては防水性能に影響が出ますが、逆に厚くすれば性能が向上するかと言うとそうではないので、適切な厚みに仕上げていきました。
2014年4月1日 瀬谷区二ツ橋町:梯子をかけたベランダ
実は今回の施工、外壁塗装を終えて足場を解体したあとのため、梯子をかけてベランダに移動していたのでした。防水は屋根・外壁塗装が完了してから開始することも多いので、足場がない状態での作業ということもあるのです。
これで防水層が2層きっちり完成したので、次は保護材のトップコートを塗布して紫外線からウレタンを守る保護膜をつけていきます。このウレタン特有のテカテカとしたツヤも抑えられ、滑り止めにもなります。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,屋上・ベランダ防水 ,神奈川県

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 業務多忙により、お見積り日程調整でお手を煩わせないためにも、お電話での日時調整をお願いしております。売り込み等のお話は一切しておりませんので、お気軽にお問い合わせください。
必須お名前
必須ご住所
必須電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ※同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は有料となります。
  2. ※「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

2回目のサイデイングク...

杉並区で築14年の外壁...

築23年、サイディング...

鉄筋コンクリート住宅の...

一級建築士と施工管理技...

誰もが信じる「この塗料...

全部で150万円。ちょ...

【質問】フッ素の遮熱塗...

13年振りに再塗装のお...

外壁サイディングのクリ...

世田谷区30坪の外壁塗...

塗装工事のお客様宅の帰...

サイディング、屋根、ベ...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継