外壁塗装情報

瀬谷区でベランダ防水、プライマー塗布とひび割れ処理

人気blogランキングへ

日が差していると、暖かいというよりは少し暑いと感じるくらいの天気になった3月末。今年の気候はなかなか安定しない状態でしたが、これからは春本番の陽気が続いていくのでしょうか。
本日は曽根カズが瀬谷区二ツ橋町でベランダ防水を行いました。材料を充分に乾燥させることが求められる防水施工、今回はとてもいい作業日和になったのではと思います。
2014年3月29日 瀬谷区二ツ橋町:ウレタン防水施工前
2014年3月29日 瀬谷区二ツ橋町:防水・プライマー塗布
では、施工風景を見ていきましょう。高圧洗浄を済ませて汚れをきれいに取り除いたベランダに、まずはプライマーを塗布していきます。このプライマーは下地とウレタンをしっかり密着させる、接着剤のような役割があります。下地との密着が不足すると防水層の浮きなどの原因になりかねないので、プライマーをたっぷり隅々まで塗ることが大切です。塗布後は下地表面がしっとり濡れたような状態になりました。
2014年3月29日 瀬谷区二ツ橋町:べランダクラック処理
2014年3月29日 瀬谷区二ツ橋町:べランダ目地シーリング
このあとは下地処理をしていきます。こちらのお宅のベランダはクラック(ひび割れ)がいくつかあったので、防水層を形成する前に補修をしました。塗装でも同じですが、傷みのある箇所の修復をしないまま上から材料を重ねても、表面上はわからなくなるかもしれませんが、耐久性が低下する恐れも。そのため、見えない工程、このような下地処理がとても重要になります。
このクラック部分にはクイックという、ひび割れや防水下地処理用のシーリング材を亀裂に沿って注入し、平らにならします。また、こちらのベランダには下地の継ぎ目があるのですが、シーリングなどが何もない状態でしたので、ここにもシーリング材をたっぷり充てんして目地シーリングを形成しました。
2014年3月29日 瀬谷区二ツ橋町:ウレタン防水1層目
下地処理が完成後は充分に乾燥をさせて、防水層の1層目を形成していきます。まずは立上りにウレタンを塗布していきます。少し大きめのハケを使用して、内壁との境にウレタンを置くように乗せて垂れだしたところを伸ばしていきます。サッシの下側や、手すりの支柱など凹凸や狭い部分は慎重に塗り込んで、余計な箇所に付着させないように仕上げました。
立上り完了後は平場(床)にウレタンを流し込んで全体に広げます。全体に広げると言っても、一度に行うのではなく、段階的に進めていきます。缶から直接ウレタンを流し、レベラーという大きなヘラで材料を行き渡らせます。このヘラは先端に突起があるので、動かすと筋状の跡がつきます。これをローラーで転がして滑らかな表面に整えました(コテを使用して仕上げることも)。
本日の作業はここで完了となり、次の工程はこの上にウレタン防水層の2層目を形成していきます。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,屋上・ベランダ防水 ,神奈川県

川崎市多摩区での塗装工事、外壁中・上塗りと屋根ダメ込み

人気blogランキングへ

前回に引き続き、川崎市多摩区での塗装工事。本日は星野のほかに、山之内と一級塗装技能士の川口も加わって外壁・屋根の塗替えを行ってまいります。こちらのお宅での一連の記事の中ではじめて、手・腕以外の職人の姿をお見せすることができました 笑
今回は2階外壁の中塗り、上塗りと破風の上塗り。そして屋根の上塗りダメ込みの様子をお伝えします。
2014年3月7日 川崎市多摩区:外壁中塗り
こちらの外壁は山之内が担当して中塗りをしています。サッシ周りの細かなところは通常のローラーでは入りにくく、そういう箇所は力加減を誤ってしまうと、せっかくきっちり貼った養生がずれてしまい、そこから塗料漏れが起こりかねないので、小さいローラーを使用して塗りました。下塗りが白で中塗りの色がほんのりクリーム色を感じるアイボリーなので、塗布面が少しわかりにくいかもしれませんね。
レンガの周囲は、塗料が入り込みやすいのであとから仕上げていきます。
2014年3月7日 川崎市多摩区:破風上塗り
2014年3月7日 川崎市多摩区:破風上塗り完了
こちらでは川口が破風の仕上げ・上塗りを行っています。樋との隙間を下から覗き込むようにして見ながらハケを指し込んで塗布していきました。このとき、仕上げた雨樋に塗料をつけては大変なので慎重にハケを動かして、全体が均一な塗膜になるように塗り上げました。仕上がった破風板は足場の管が映り込むくらいの艶やかな状態に。
2014年3月7日 川崎市多摩区:屋根上りダメ込み
2014年3月7日 川崎市多摩区:屋根上りダメ込み完了
一方、星野は屋根の目地部分に上塗りのダメ込みをしていました。スレートの一枚一枚にある深めの溝はローラーだけでは十分に塗料を付着させることが難しいため、最初にハケで溝と屋根材の重なり部分を塗っておきます。こうすることで塗りムラ、掠れを防いで全体が一定の塗膜に仕上がるように整えました。
ここまでご覧頂いて、中塗りと上塗りの色が違うということにお気づきになられた方もいらっしゃると思います。多くは、中塗りと上塗りは同じ色で塗るのですが、このようにあえて違う色を塗ることで、塗り落した箇所をわかりやすくすることもあります。また、お客様のご要望で、中塗りがちゃんと塗られているか判別できるように違う色を使用することも。
2014年3月7日 川崎市多摩区:屋根小口塗装
こちらは屋根の小口部分を仕上げています。前回サビ止めを塗布したので赤錆び色になっているのですが、小さめの平バケを使用してはみ出しのないように塗料を重ねています。
鉄部は傷みの程度によって通常の3度塗りから回数を増減して仕上げることがあります。ひどく傷んでいる箇所は4度塗りにすることがありますし、それほど傷みの見られない・陽の当らないところには2度塗りで完了させることも。場所によって回数を変えることで、全て同じ3度塗りにするより全体の塗装の持ちをバランスよくすることが可能なのです。
2014年3月7日 川崎市多摩区:外壁上塗り
2014年3月7日 川崎市多摩区:外壁上塗り
午後からは川口と山之内が外壁の上塗りへ着手。ローラーにたっぷり塗料を含ませて適度に量に調節してから壁に置いていきます。中塗りまでに塗膜がしっかり付いているので、下塗りのときよりローラーのすべりもスムーズに進みます。さらに厚膜になるように塗料をまんべんなく重ねつつ、きれいな光沢が出るように仕上げていきました。
べランダの笠木下のような隙間には平バケを差し込んで、奥まで塗料を付着させていきます。このような箇所も養生を細かく施してあるため、塗料を付着させる心配なく作業を進められるので、事前の準備は作業効率にも影響してきますね。
以上で本日の作業を終え、次回は1階の外壁塗装を進めていきます。
  • シェアする:
カテゴリ:川崎市 ,神奈川県

川崎市多摩区での住宅塗装、外壁下塗りと雨樋塗装

人気blogランキングへ

3月に入りましたが、まだまだ肌寒い日が続く3月初旬。本日も塗装指導員の職人・星野が川崎市多摩区のお宅で行った外壁塗装の様子をお届けしていきます。
2014年3月6日 川崎市多摩区:雨樋下地調整
雨樋は塗り替え前に下地調整をしていきます。鉄部でも同じことをしていましたが、雨樋も表面がツルツルとしているため、そのまま塗料を重ねても剥がれやすくなる恐れがあります。なので、ハンドパット(サンドペーパーを使う場合も)で全体を擦って微細な傷をつけておくことで塗料の食い付きがよくなるのです。塗装をしてからではわからない工程ですが、塗膜を長持ちさせるためにしっかり研磨します。
2014年3月6日 川崎市多摩区:雨樋下塗り
下地調整後はプライマーを塗布して下塗りしました。この透明なプライマーが下地と塗料の密着度を強化してくれるので、より塗膜を剥がれにくくさせることができます。透明な材料なので、塗るときは正面から見るだけではなく角度を変えながら塗り落しやムラがないように確認しつつ塗り進めます。通称でんでんと呼ばれている縦樋の支持金具部分も入念に塗布しました。
2014年3月6日 川崎市多摩区:モルタル外壁下塗り
ここで雨樋の下塗りを乾燥させている間に、2階外壁の下塗りを進めます。今回使用するのは日本ペイントのパーフェクトフィラー。密着性に優れた下塗り材で、クラック(ひび割れ)にも対応するので、ひび割れが発生しがちなモルタル外壁に適した材料と言えるでしょう。こちらのお宅ではすでにクラックが発生していたので補修しましたが、このフィラーで今後の亀裂発生を抑制させます。
こちらのモルタルリシンのような、ザラザラとした壁は塗料の吸込みが激しく、ツルツルの壁に比べて塗料の消費が多くなります。塗るときにも力が必要なのですが、塗りにくいからといって必用以上に材料を薄めて使ってはいけません。メーカーで定められた希釈率で使用することで、その材料が持つ性能が十分に発揮されるので適切に希釈してたっぷり塗布することが大切です。
2014年3月6日 川崎市多摩区:モルタル外壁下塗り完了
こちらは外壁の下塗り完了後、一面が下塗り材で真っ白になりました。全体に惜しみなくフィラーを塗布したのでこの上に重ねていく塗膜も肉厚に形成できると思います。仕上がった軒裏にはマスキングテープで養生をして、外壁に塗る材料が付着しないようにしています。
2014年3月6日 川崎市多摩区:雨樋中塗り
次は、下塗りを乾かしていた雨樋の中塗りに入ります。プライマーで密着性を高めたので中塗りの塗料をローラーで塗布していきます。写真では表面を塗っていますが、もちろん、破風との間もハケで塗り込んで仕上げます。塗料を重ねた所は、高圧洗浄でも落ちなかった点々とした汚れもきれいに覆われて白く塗り上がっています。
次回は外壁の中・上塗り、屋根の上塗りへと進んでいきます。
  • シェアする:
カテゴリ:川崎市 ,神奈川県

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 業務多忙により、お見積り日程調整でお手を煩わせないためにも、お電話での日時調整をお願いしております。売り込み等のお話は一切しておりませんので、お気軽にお問い合わせください。
必須お名前
必須ご住所
必須電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ※同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は有料となります。
  2. ※「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

2回目のサイデイングク...

杉並区で築14年の外壁...

築23年、サイディング...

鉄筋コンクリート住宅の...

一級建築士と施工管理技...

誰もが信じる「この塗料...

全部で150万円。ちょ...

【質問】フッ素の遮熱塗...

13年振りに再塗装のお...

外壁サイディングのクリ...

世田谷区30坪の外壁塗...

塗装工事のお客様宅の帰...

サイディング、屋根、ベ...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継