外壁塗装情報

DIYの外壁塗装、10年後の結果は?

人気blogランキングへ

築23年のお家。
以前10年ほど前に業者に頼まずご自分で塗装をしたというご主人。
今回が2回目の外壁塗装で今回はプロにお任せしたいということでご相談を頂きました。
よく調査をさせていただく前に、シーリングの痛みが激しいという事前のお電話でお話をうかがっていたので、シール職人と鶴見区のこのお家に下見。
そこで見たのは塗装業者の仕事なのかどうか、残念ながら見た目で判断できてしまうほどのちょっと見かねてしまう状況でした。
その後ご主人さんにお話を聞かせていただくことで納得。

シールも塗装もご主人が行ったということなのですが、それにしても2階の高所もあって、すごいの一言。
そしてサイディング塗装の質問でたまにあるのが、横の目地のシール処理ですが、どうやらここも施工で、ひさしの上部もすべて処理してしまった様子。
家の造りと状況によりますが、基本はその上部から雨水が浸入した場合を考えて、ひさしから水を抜くことを考慮に入れておくと、中に入ってしまった水が袋小路になって室内に漏水することを防ぐことができるという寸法なのです。
シール以外にも、サイディングそのものの素地も一部ボロボロ状態でしたので、結局大工によって6枚交換。
塗装作業に入る前に、シール職人や大工と、事前の準備作業をこなせていただきました。
DIYもいいのですが、塗装ははじめてのときが一番肝心です。
業者塗装もしかり。
たまに外壁塗装の価格でも議論されることですが、10年持たなくてもいいので、格安な外壁塗装をその分多くの回数を工事したほうがいいのか、それともちょっと値段が張ってもいいのでそれなりの費用を出して外壁塗装をしたほうがいいのか、意見が分かれることがあります。
これも家の外観の素材の造りにもよると思いますが、もし格安塗装で失敗してしまったとしたら、次回に塗装する職人さんがとても苦労することにもつながってしまう可能性が高くなります。
一旦塗装をはがさなければならなくなるなどがその理由です。
すべての部分においてではないにせよ、今回のお家もちょくちょくそのような場所がありました。
1433495875892.jpg
siding.JPG
結果的にすぐはがすことができる場所ならいいのですが、はがせるのかはがせないのか中途半端に密着している活きている塗膜があると、もしはがさなかった場合、今はいいけど何年か経過したらせっかく塗った塗装と以前の塗膜が一緒に剥がれてしまった、、ということにもなります。
そして施工は、状況を考慮して水性シリコン浸透シーラーとシリコン塗料にて塗装。
破風などの付帯部は未塗装でしたので、下塗り2回で仕上げ塗装。
屋根はいつも通りに塗装でした。
仮設足場組み立て・解体221 ㎡
飛散防止用メッシュシート張り221 ㎡
持ち込み料 221 ㎡
外壁高圧ジェット洗浄 178 ㎡
養生 131 ㎡
下塗り塗料水性シリコン浸透シーラー2.5 缶
中塗り塗料シリコンセラ  W 2.5 缶
上塗り塗料シリコンセラ   uv 2缶
外壁塗装施工費 (下+中+上塗り) 178 ㎡
【付帯塗装】
軒裏14 ㎡
破風81メートル
雨樋18メートル
庇・出窓上スチール8㎡
[屋根塗装】
下塗り塗料 ファイン浸透シ}ラー 1缶
中塗り塗料 ファインシリコンペスト 0.5缶
上塗り塗料 ファインシリコンペスト 0.5缶
外壁塗装施工費 (下+中+上塗り) 34㎡
【シール工事】
既存シール撤去 打ち替え107メートル
増し打ち120メートル
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,サイディング

ALCヘーベルの外壁塗装施工事例

人気blogランキングへ

一般住宅のALCパネルを使った今は誰もが知るヘーベルハウス。
平成元年ごろ、旭化成のヘーベルさんに塗装してもらった基礎はもう寿命がきたためか、塗装がバリバリに剥がれ。
一見増し打ちでも良さそうな目地シーリングは、概算見積もりでは単価900円とお伝えし約300メートル。
実寸では364メートルありました。
ALC(気泡コンクリート)はサイディングと同様に目地シーリングが多いのです。
ただサイディングと違って、ALCはパネル同士の隙間が元々ありませんので、サイディングの目地のように、シーリングが劣化しても隙間があくことはありません。
そこがサイディングとALCの大きな違いですね。
なので、このお家も見た目は目地のクラックが少し気にはなりましたが、増し打ちでも大丈夫かなと思った次第ということです。
でも結局は打ち替えをさせていただきましたのでした。
塗料は外壁はパーフェクトフィラーにて下塗り後、シリコン塗料にて中塗りと上塗り。
雨戸、破風(パラペット)、雨樋はパーフェクトプライマーで下塗り後、やはり溶剤シリコン仕上げです。
日本ペイントのパーフェクトシリーズは、戸建塗装の塗料の中では最新に位置する塗料です。
特に付帯部については塗装の剥がれがトラブルとして懸念するところではありますが、密着度抜群の塗料です。
まぁ高圧洗浄と下地調整のケレンをしっかりとした前提ですが・・

施工は一級塗装技能士を超える「塗装指導員」が作業。
超えるとか、偉そうですが、まぁ自慢の職人たちが塗装させていただきました。
シーリングは、専門のシーリング職人が、たっぷりと2液成分形のコーキングで肉厚に注入いたしました。
  • シェアする:
カテゴリ:ALC ,横浜市 ,施工個所 ,神奈川県

一級塗装技能士を超える塗装指導員、竹山の紹介

人気blogランキングへ

横浜は本日は雨。
今週末から梅雨に入るかどうかの週刊予報ですが、今日は暑からもう梅雨になった雰囲気です。
昨日の続きで、一級塗装技能士の竹山の紹介動画です。

川に行ってバーベキューでビールを飲むのが幸せだとか。
これからの季節ですね。
竹山も一級塗装技能士を超える、塗装科職業訓練指導員の免許所有者です。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,神奈川県

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。
必須お名前
任意ご住所
任意電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ※同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は有料となります。
  2. ※「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

2回目のサイデイングク...

杉並区で築14年の外壁...

築23年、サイディング...

鉄筋コンクリート住宅の...

全部で150万円。ちょ...

【質問】フッ素の遮熱塗...

13年振りに再塗装のお...

外壁サイディングのクリ...

世田谷区30坪の外壁塗...

塗装工事のお客様宅の帰...

サイディング、屋根、ベ...

お客様が工事中のご自宅...

マンション集合ポストの...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継