外壁塗装情報

港南区での鉄部ドア部分補修塗装でサビ防止

人気blogランキングへ

本日は、港南区のアパートのドアの錆び補修の様子をお送りします。

塗装職人ではちょっとした小さな工事から承っていますので、是非お気軽にご相談くださいね。
補修を行わない部屋、一部補修の部屋、全て補修の部屋とあるので細かく確認しながら作業を進めていきます。
港南区122:施工前
こちらは施工前の状態。玄関ドアの一部の塗装がはがれ、錆びが出ている状態です。
塗錆びの膨張で塗膜が剥がれたと予想されますので、まずはこの錆びをしっかりと研磨して落としていきます。
港南区112:ケレン
室内なので、画像が暗くて手元が見づらく申し訳ございません。
先程の錆びの部分を、ペーパーヤスリの粗い目を遣って力を込め削ぎ落している所です。
ケレンには、ペーパーヤスリやマジックロンといった金たわしを更に強固にしたようなもの、鉄ブラシなど様々ありますが、その場所の大きさ・広さによって使い分けます。
見比べて頂くと分かるのですが、錆びも大分落ちて、錆び周囲の塗装部分にも細かな傷が入っていますね。
塗り目を出さないよう、周囲も一緒に塗装してしまいます。鉄面はフラットなので、錆を落とすのと同時に細かな傷を付けて塗料の密着率を高めます。
港南112:錆び止め
錆び止め塗布中です。仕上がりの色が元々のドアの色と一緒で焦げ茶なので、普段は赤い色の錆び止め塗料を使用するのですが、今回は部分補修と言う事で白い色を使用しました。
赤錆び止めを使用すると、元々塗料がのっている部分が更に濃く仕上がってしまう可能性があるためです。
この日はもうひとつの部屋のドアの補修も行いました。錆びているのは右上の部分ですね。
港南区1101:施工前
港南区1101:ケレン
港南区1101:錆び止め
さて、錆び止めまで完了しました。
こちらのお部屋の作業をしている合間に、先程のお部屋の錆び止めが乾いたので、中塗りを塗布していきます。
港南区122:中塗り
錆び止めがいわゆる下塗りになりますので、こちらの塗装が二回目(中塗り)になります、細い刷毛を使ってはみ出さないよう、丁寧に塗布。
横に刷毛を滑らせた後、塗り線が出ないよう往復させ、さらに縦に塗るときもなじませるように刷毛塗りを行います。
港南区1101:中塗り
合わせてふたつめのお部屋のドアも中塗りを施しました。
ドアの右上の部分は既に中塗りが完了している部分です。塗りたてのため、艶と深みがあって塗っているというのが分かりますが、乾くと周りの部分と変わらないこげ茶色になります。
本日の作業はこれで終了です。
中塗りのあとは上塗りとして三度目の塗りを重ねます。特に注意書きははっていませんが、家主様が帰宅されるころには乾いている状態かと思いますので、塗料が禿げることはないとおもいます。
もし禿げてしまっていたら、上塗りの段階で補修塗りもおこなします。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,付帯部

横浜市保土ヶ谷区での外壁塗装、屋根縁切りと鉄部塗装

人気blogランキングへ

本日は横浜市保土ヶ谷区で行った施工の様子を掲載します。
職人は一級塗装技能士であり、塗装指導員の川口です。
この日はすでに塗装が完了している屋根の縁切りから作業開始。縁切りとは、塗料で埋まってしまった屋根材の重なりに隙間を空ける工程です。
この重なりが埋まったままですと、わずかに空いた隙間から雨水が浸入して吸い上げられたり、継ぎ目から入った雨水の排水経路がなくなってしまいます。これが、雨漏りや腐食の原因に繋がることがあるため、重なり部に隙間を作って予防します。
こう書くと、縁切りは屋根塗装に必須のものと思われるかもしれませんが、初めての塗装の場合は屋根材の重なりに充分な隙間があるため、縁切りは不要です。(初めての塗装でも、勾配があまりない屋根や、特に厚膜に仕上がる断熱・遮熱塗装をした場合は必要になります。)
横浜市保土ヶ谷区:屋根縁切り
ここでの縁切りは、マイナスドライバーや水抜きカッターを使用します。ドライバーを重なりに差し込んで、その間をカッターで分離させていきます。塗料はすでに硬化しているため、少しずつ、地道に隙間を空けていく作業を屋根全体に繰り返します。
横浜市保土ヶ谷区:屋根縁切り2
断面の拡大写真です。しっかり排水経路を確保できました。
次に、バルコニーに場所を移して、鉄部塗装に入ります。ケレンで下地に微細な傷をつけ、塗料の密着力を高めたあと、サビ止めを塗布して腐食予防。
乾燥後、シリコン塗料をたっぷり重ねて塗膜を厚くつけました。これによって紫外線や雨風による傷みを抑制します。
横浜市保土ヶ谷区:鉄部中塗り後
横浜市保土ヶ谷区:鉄部中塗り後2
塗替えしたフェンスと隣接している面には、塗料が付着しないようにマスキングテープで養生をして塗装。短毛ローラーで刷毛目や気泡を出さないように、艶やかに塗り上げました。
後日、もう一度塗料を重ねて塗膜に厚みを付加しながら、美観も向上させて仕上げます。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,神奈川県

横浜市南区での外壁塗装、屋根上塗りと破風板補修

人気blogランキングへ

本日は横浜市南区で行った作業風景を掲載します。
担当の職人は一級塗装技能士の星野です。
前回、シリコン塗料で中塗りをした屋根の上塗りと、破風の補修がこの日の主な工程です。
横浜市南区:屋根上塗りダメ込み
屋根鉄部の細かな作りの部分は、はローラーのみだと塗りにくいので、刷毛で丁寧に塗料を塗り込んで掠れや透けを出さないように仕上げます。
横浜市南区:屋根材補修
屋根材のひび割れは、コンクリートボンドをすり込むように塗布して補修。でこぼこしないように、平らにならしておきます。
横浜市南区:屋根の上塗り
細部を仕上げたあとは、ローラーで塗料をたっぷり塗ります。3度塗りの最終工程なので、より厚膜をつけながら、つややかに見栄えを整えて塗り上げました。
ローラーは縦横に転がして厚みが均等になるように。
横浜市南区:屋根上塗り途中
写真がぼけてしまいましたが、まだ上塗りの途中段階です。紫外線や風雨による傷みから保護するため、全体にしっかり塗膜をつけて完成です。
横浜市南区:破風板補修
横浜市南区:破風板補修2
ここでは破風板の補修をしています。穴が空いていたり、下端が欠けているところがあったためシーリング材を充てん。金ベラで平らにならして段差ができないように調整します。穴のあいたままで塗装してしまうと、耐久性や美観に影響が出てしまうので、塗膜を形成する前にきっちり修復することが大切です。
次回は破風や雨樋塗装を進めます。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,屋根

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。
必須お名前
任意ご住所
任意電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ※同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は有料となります。
  2. ※「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

2回目のサイデイングク...

杉並区で築14年の外壁...

築23年、サイディング...

鉄筋コンクリート住宅の...

全部で150万円。ちょ...

【質問】フッ素の遮熱塗...

13年振りに再塗装のお...

外壁サイディングのクリ...

世田谷区30坪の外壁塗...

塗装工事のお客様宅の帰...

サイディング、屋根、ベ...

お客様が工事中のご自宅...

マンション集合ポストの...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継