外壁塗装情報

横浜市旭区での塗装工事、雨戸上塗りで耐久性アップ

人気blogランキングへ

本日は横浜市旭区の現場から施工の様子をお届けします。担当している職人は、塗装職人・代表の甥っ子でもある二級塗装技能士の曽根カズ
前回は下屋根の塗装を終え、今回は雨戸の上塗りをして仕上げとなります。
下地調整とプライマーで塗料の密着力を向上させた雨戸塗料を重ねていきます。
塗装は基本的には3度塗りですが、傷みがあまり見られない場合は2度塗りして仕上げることもあります。逆に、劣化の激しい箇所は4度塗りにするなど、場所によって差引することで家全体の塗装の耐久性をバランスよくすることがあります。
横浜市旭区:雨戸上塗りダメ込み
横浜市旭区:雨戸上塗り
まずは端や段の窪み部分といった、ローラーの入りにくいところに刷毛で塗料を置いていきます。こうすることで、掠れやスケを防いで均等な塗膜をつけていくのです。
その後、ローラーで全体に塗料を塗布していきます。
雨戸はだいたい刷毛で塗ることが多かったのですが、このローラーは塗料の含みがよく、飛散が少ないため面が段々になっていても使用しやすいです。ローラーであれば刷毛目も出ないので、今までより容易にフラットな塗布面に仕上げることが可能になりました。
横浜市旭区:雨戸上塗り完了後
塗上げた雨戸は陽の光を反射して、とてもきれいな光沢を放つ仕上がりになっていますね。また、すみずみまで塗膜をしっかり形成することができました。
横浜市旭区:足場のメッシュシート
横浜市旭区:まとめたメッシュシート
横浜市旭区:家の裏側
雨戸の塗装が完了したので、門塀を除けば家のほとんどの塗替えを終えたことになります。これから足場解体まで日が空くので、足場の周りを覆っていたメッシュシートをまとめておきます。そのままにしておくと、強風が吹いたときにシートが風に煽られて足場が揺れたり傾くことで、外壁にぶつかる恐れもあるからです。そのため、風の通り道を作っておくことが大切です。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,付帯部

横浜市戸塚区のスレートコロニアルの高圧洗浄

人気blogランキングへ

今回は横浜市戸塚区の現場から塗装工事の様子をお送りします。こちらのお宅はコロニアル屋根にサイディング外壁という造りで、今回はじめての塗装とのこと。
この日が施工の初日のため、まずは高圧洗浄をしていきます。家全体の水洗いをして付着物を取除き、養生や塗料がしっかり密着するようにしました。
横浜市戸塚区:洗浄前の屋根
横浜市戸塚区:コケの付着した屋根
こちらは洗浄前の屋根の状態。塗膜剥がれなどから、素地の白い面が見えていたり、黄緑色のコケが表面の模様部分にこびりついている状態です。
特に屋根はコケや汚れが付着していると、塗料の密着不良を招きやすく、塗膜剥がれの要因になることも考えられるので入念に洗い落していきます。
横浜市戸塚区:屋根高圧洗浄
水洗いに使用するのは最高150キロ圧で水が噴射される高圧洗浄機。ここから放たれるジェット水流を屋根材にしっかり当てて、長年蓄積していた汚れやコケを除去していきました。
洗浄機の水流はとても強力ですが、意外にもコケは簡単には落ちないため、洗浄ノズルを何度か往復させながらじっくり落としていきます。
横浜市戸塚区:洗浄後の屋根
洗浄完了後はご覧のようにコケが落とされてスッキリときれいになりました。これで下塗りに使用するシーラーもよく浸透するようになっていると思います。
写真は屋根のものしかないのですが、このあと軒や外壁と下りながら家全体の水洗いをして、この日の工程を終えました。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,屋根

横浜市保土ヶ谷区での塗装工事、破風と雨樋下塗り・中塗り

人気blogランキングへ

本日は横浜市保土ヶ谷区の現場から塗装風景をお送りします。
担当した職人は一級塗装技能士の星野と、二級の曽根カズのふたり。
先回、鉄・木部の下塗りまで行いましたので、今回は残りの鉄部の塗替えから進めていきます。
横浜市保土ヶ谷区:鉄柱サビ止め塗布
横浜市保土ヶ谷区:鉄柱サビ止め塗布2
横浜市保土ヶ谷区:鉄柱サビ止め塗布完了後
玄関前にある鉄柱は、他の鉄部と同じようにケレンをしてサビや汚れを取り除き、細かい研磨傷をつけてからサビ止めを塗布していきました。まずは刷毛で軒との境界を仕上げていきます。あらかじめ細部を塗っておくことでローラー塗装がしやすくなるのです。その後、全体にサビ止めをたっぷり塗布して鉄部を長持ちさせます。
横浜市保土ヶ谷区:雨樋下塗り
横浜市保土ヶ谷区:水切り下塗り
雨樋にはミッチャクロンというプライマーを塗布しました。下地と塗料の密着性を向上する材料なので、塗膜を剥がれにくくする役割があります。透明なので、光りにかざして確認しながら塗り落しのないように、均一に塗り込んでいきました。水切りも同様に下塗りです。
横浜市保土ヶ谷区:木部下塗り
木部にはパーフェクトプライマーを塗布しました。格子のサイズに合わせて小さめの刷毛で塗り込んでいます。
横浜市保土ヶ谷区:破風下塗り
破風にはシーラーを使用して下塗り。たっぷり染み込ませるように塗布して、塗料の食い付きを向上させ剥がれにくい塗膜へ仕上げていきます。
次は破風や鉄部、木部の中塗りに進みます。
横浜市保土ヶ谷区:木鉄部中塗り
横浜市保土ヶ谷区:破風中塗り
横浜市保土ヶ谷区:破風中塗り完了後
今回はこげ茶色のシリコン塗料を筋交い刷毛で重ね、塗膜の厚みをつけていきました。鉄部と木部は、それぞれ専用の下塗りを使用しているので、耐久性が向上しています。業者によっては、上から塗装をすると下塗りが見えなくなるので、下塗りをしない、もしくは部材によって使い分けしないところもあるようです。ですが、それでは塗装後すぐは美しく塗り上がっていても、しばらくすると塗膜が剥がれてくるなど影響が出ることも考えらます。
きっちり専用の下塗り材で塗り分けてから、厚膜でコーティングして木部と鉄部の状態を長く保持させます。
破風は刷毛で細部を塗り込んでから、ローラーで全体に塗料を塗布していきました。中塗りの状態でも艶やかな光沢が輝く仕上がりとなっていますね。上塗りを重ねることでより塗膜の厚みが増し、ツヤのある破風になると思います。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,神奈川県

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。
必須お名前
任意ご住所
任意電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ※同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は有料となります。
  2. ※「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

2回目のサイデイングク...

杉並区で築14年の外壁...

築23年、サイディング...

鉄筋コンクリート住宅の...

全部で150万円。ちょ...

【質問】フッ素の遮熱塗...

13年振りに再塗装のお...

外壁サイディングのクリ...

世田谷区30坪の外壁塗...

塗装工事のお客様宅の帰...

サイディング、屋根、ベ...

お客様が工事中のご自宅...

マンション集合ポストの...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継