外壁塗装情報

ALC塗装、店舗テント鉄部と塩ビ管

人気blogランキングへ

今回は横浜市神奈川区で行った塗装風景をお送りします。担当した職人は、一級塗装技能士であり、塗装指導員でもある星野です。
この日は、外壁塗装のために外して再設置した、軒先テントの塗替えに入りました。
まずはテント鉄部のケレンから。
横浜市神奈川区:テント鉄部ケレン
マジックロンというナイロンたわしでサビ、汚れや弱った塗膜を擦り落していきます。このたわし、かなりゴワゴワしているため、素手で作業をすると手が痛くなってしまいます。使用するときは手袋が欠かせません。
横浜市神奈川区:テント鉄部ケレン2
サビのあるところは、マジックロンだけでは落としにくいので、皮スキという金ベラで削り落しています。下地としっかり密着している活膜はそのままにしておきますが、剥がれかかっている塗膜やサビなどの付着物は可能な限り取除き、下地と塗料が密着するように下準備します。
また、全体に微細な擦り傷をつけることで、塗料の引っ掛かりができ、塗膜が剥がれにくくなります。
横浜市神奈川区:テント鉄部サビ止め塗布後
ケレン後はサビ止めを塗布し、サビの再発を抑制させました。鉄部は傷みやすくもあるので、たっぷり塗布して耐久性を向上させています。
今回はチョコ色で上塗りするため、赤錆び色のサビ止めを使用しましたが、仕上げの色によって主にグレーや白、茶色などから選択します。
サビ止め塗布完了後は、ドレンパイプの上塗りを開始しました。
横浜市神奈川区:ドレンパイプ上塗り
横浜市神奈川区:ドレンパイプ上塗り完了後
塗料の密着度を高めるプライマーで下塗りしてあるので、シリコン塗料をふんだんに重ねて塗膜をつけていきます。塗膜の厚みをつけつつ、光沢が輝くように。
塗装は基本は3回塗りですが、傷み具合などによって塗り回数が変化します。特に傷みが激しいところは4回重ねることもありますし、逆にあまり傷みのないところは2回で仕上げることも。全てを同じ回数にするより、全体の塗装の持ちがバランスよくなるという理由からです。
こちらのパイプも下塗りと上塗りの2回で仕上げとなります。
塗り上がったパイプは光りを反射して、とてもきれいなツヤが出ていますね。
  • シェアする:
カテゴリ:ALC ,横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,付帯部

横浜市旭区での屋根塗装、下屋根縁切りで雨漏り防止

人気blogランキングへ

今回は横浜市旭区 鶴ヶ峰本町の現場から、施工風景をお送りします。
職人は一級塗装技能士の川口が担当しました。
この日は下屋根の縁切りとタスペーサーの差し込みをしていきます。
横浜市旭区:下屋根縁切り
屋根材の重なり部分、キルコートによる計5度塗りの厚い塗膜を、カッターと皮スキ(金ベラ)で分離させて隙間を作ります。
キルコートのような特に厚膜に仕上がる塗料を使用した場合、カッターなどで隙間を空けただけですと、再び塗膜同士が接触してしまうため、タスペーサーという部材を入れて隙間を確保しています。
カッターで縁切りするのは、なかなかに労力が必要となる作業。カッターを差し込んでも、簡単にスライドさせられるわけではなく、引っ掛かりがあるのです。皮スキは持ち上げるようにして、屋根材を分離させています。
横浜市旭区:下屋根タスペーサー挿入後
横浜市旭区:下屋根タッチアップ後
コツコツと空けた隙間に、一定の間隔でタスペーサーを差し込みます。大屋根同様、タスペーサー自体の色が見えてしまっているので、屋根と同じ塗料を重ね、目立たないように仕上げて完了となりました。
縁切りも終え、雨水の侵入を防げる下屋根になったと思います。
本日で施工自体の記事は最後となります。次回は完成したお宅の様子を載せていきます。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,屋根

横浜市保土ヶ谷区での塗装施工事例、基礎・軒・破風中塗りと上塗り

人気blogランキングへ

今回は横浜市保土ヶ谷区の現場から塗装風景をお送りします。職人は、顔は見えていないですが一級塗装技能士の川口が担当しています。
先回、軒や外壁、屋根の下塗りをしました。この日は基礎部分の下塗りの続きや、軒・破風の次の工程に入っていきます。
横浜市保土ヶ谷区:玄関前の軒塗装後
玄関前の軒はシリコン塗料による中塗りと上塗りを終え、ライト部分に被せていた養生も取り外しました。ライトと軒の境界線もきれいに出ていますし、真っ白だと清潔感もありますね。
横浜市保土ヶ谷区:基礎下塗り
次は基礎部分の下塗りを引き続き行っていきます。パーフェクトフィラーを大き目のハケでたっぷり塗布。
間隔の狭い敷地内、足場があるということもあり、ひと一人通るのがギリギリの場所での作業となりました。足場の管を支えにしつつ、塗装したところを擦ってしまわないように気をつけながら、塗り進めていきました。
横浜市保土ヶ谷区:基礎中塗りダメ込み
下塗りを終えている面には、シリコン塗料で中塗りを開始。まずはサイディング部との境など端から塗り込んだ後、ローラーで全体に塗り広げていきます。先に細部を仕上げることを専門用語で「ダメ込み」と呼んでいます。ダメ込みをしておくことで、塗り落しや掠れを防ぎ、全面に均等に塗料を重ねることが可能になります。
横浜市保土ヶ谷区:軒・破風中塗り
横浜市保土ヶ谷区:軒・破風中塗り後
横浜市保土ヶ谷区:軒上塗り
横浜市保土ヶ谷区:軒上塗り後
同様に軒や、破風にも塗料を重ねて厚みのある塗膜をつけます。傷みの要因になる紫外線、風雨といったものからしっかり保護してくれる、耐久性のある塗膜に仕上げていきます。
下塗り材もシリコン塗料の色も白なので、見る角度変えて確認しながら、透けや掠れを出さないように。軒や破風が真っ白になると家の印象も明るくなったように感じます。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,サイディング

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。
必須お名前
任意ご住所
任意電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ※同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は有料となります。
  2. ※「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

2回目のサイデイングク...

杉並区で築14年の外壁...

築23年、サイディング...

鉄筋コンクリート住宅の...

全部で150万円。ちょ...

【質問】フッ素の遮熱塗...

13年振りに再塗装のお...

外壁サイディングのクリ...

世田谷区30坪の外壁塗...

塗装工事のお客様宅の帰...

サイディング、屋根、ベ...

お客様が工事中のご自宅...

マンション集合ポストの...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継