外壁塗装情報

横浜市戸塚区での屋根下塗りとシリコンに逆プライマー塗布で塗装長持ち

人気blogランキングへ

本日は横浜市戸塚区で行った作業の様子を掲載します。
こちらの現場では、屋根には遮熱塗料のサーモアイを使用。太陽の赤外線を反射することで屋根の温度上昇を抑制する効果があります。
夏になると、屋根下のお部屋はサウナのように蒸し暑くなりがちですが、この塗料を使用することで、1階の室温と同程度に低下させること可能になります。その分、エアコンの使用量も削減できますし、電気代の節約にも繋がりますね。
横浜市戸塚区:屋根下塗り中
横浜市戸塚区:屋根シーラー下塗り
まずはサーモアイ専用シーラーを塗布し、下地と塗料の密着性を向上させていきます。下塗りが不足していると、密着不良が起きて塗膜が剥がれやすくなることも考えられるため、全体にしっかり塗り込んで仕上げます。
また、このシーラー自体にも遮熱性能が備わっているので、上塗りで反射しきれなかった赤外線を吸収させずに透過させることで、下塗りでも性能を発揮させることができます。
横浜市戸塚区:シーリングに逆プライマー塗布
屋根の下塗りが完了後、シリコンシーラントでシーリングされている部分に逆プライマーを塗布していきました。シリコンシーラントは上に塗料が乗りにくく、剥がれやすくなってしまうためそのまま塗装することができないのです。そのため、逆プライマーという材料を塗ることでしっかりシーリングと塗料を密着させます。
横浜市戸塚区:エアコンダクト穴
横浜市戸塚区:キャップつけたエアコンダクト穴
横浜市戸塚区:パテを付けたエアコンダクト穴
エアコンダクトの穴にはキャップをつけて、上からパテを重ねました。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,神奈川県 ,屋根

相模原市での塗装工事、屋根補修・下塗りと破風塗装

人気blogランキングへ

本日は相模原市中央区の現場から施工風景をお届けします。
担当した職人は一級塗装技能士の星野。
前回は屋根鉄部のケレン・サビ止めを終え、今回は屋根材の下塗りに入りますが、その前に補修や破風塗装を行います。
相模原市中央区:欠けた屋根材
相模原市:屋根材補修
ご覧のように屋根材の半分ほどが欠けてしまっているので、専用接着剤を塗布して貼り付けました。表面は平らになるようにならし、塗り替えした際に凸凹にならないようにします。
相模原市中央区:破風下の外壁下塗り
相模原市中央区:破風塗装
相模原市中央区:破風・外壁塗装後
破風下のサイディング部はシーラーを浸透させるように塗布し、塗料の密着力を強化。すでに下塗りが完了している破風には、アイボリー色のシリコン塗料を重ねて塗膜を厚くつけていきます。外壁も破風同様にシリコン塗料で塗替えし、やわらかな雰囲気に仕上がりました。
いよいよ次は屋根の下塗りに入ります。
相模原市中央区:コロニアル屋根下塗り
相模原市中央区:コロニアル屋根下塗り後
今回、使用するのは遮熱塗料のサーモアイ。太陽の赤外線を反射して、屋根の温度上昇を抑制する働きがあります。仕上げの色によって反射率は変化しますが、サウナ部屋のようになってしまう屋根下の室温を改善する効果が望めます。
これから更に暑くなりそうな今の時期に、ぴったりな塗装だと思います。
この白っぽい専用シーラーをたっぷり塗布して、下地の強化をしながら塗料の密着度を高めていきます。サーモアイは下塗りから上塗り材まで全てに遮熱性能があるので、トータルで高い日射効果を期待できます。
  • シェアする:
カテゴリ:施工個所 ,神奈川県 ,相模原市 ,屋根

横浜市旭区での屋根塗装、破風仕上げで耐久性アップ

人気blogランキングへ

本日は横浜市旭区の施工現場の様子をお送りします。
外壁、屋根の塗替えは完了し、残す塗装箇所は破風の一部と門塀のみとなりました。今回は職人・曽根カズが破風の仕上げをしていきます。
横樋との隙間にも刷毛を差し込んで、奥までしっかり塗料を重ねて塗膜をつけます。こういう箇所はよほどのことがなければ、きちんと塗っていなくても分からない箇所です。ですが、目立つから目立たないからというのではなく、どのような場所でも耐久性のある塗膜に仕上げるのが当社の職人のプライドなのです。
ここからは塗装の仕上がった箇所を見ていきましょう。
横浜市旭区:塗装後の屋根
横浜市旭区:塗装後の屋根2
横浜市旭区:塗装後の屋根拡大
横浜市旭区:塗装後の下屋根
屋根はコロニアル・アーバニーという、屋根材の1枚1枚に目地がある形状。とてもおしゃれですが、塗装をする方としては、この目地の間を塗るのが非常に手間のかかる大変な屋根でもあります。シーラーで塗料の密着度を強化してから、シリコン塗料を目地奥まで付着させて厚みのある塗膜を形成しました。
下屋根も大屋根と同様に塗替えしており、こちらもきれいな光沢が輝く仕上がりとなっています。
横浜市旭区:塗装後の雨樋
横浜市旭区:塗装後の軒
雨樋は、施工前はかなりの土とコケが溜まっていましたが、それらを除去してからの塗替えとなりました。濃厚に塗料を3回重ねて、ツルツルとした美しい厚膜が形成されています。色も真っ白になり、スッキリとした印象になったのではないでしょうか。
軒も周囲のものを映し込むくらいに、艶やかできれいな仕上がりになりました。
横浜市旭区:塗装後の外壁
外壁はモルタルのパネルが連なっている形式で、目地は肉厚にシーリングの打ち替えをして隙間風や雨水の浸入をシャットアウト。その上から3度塗りで、耐久性のある塗膜をつけています。凹凸のある壁の肌も、塗膜で少し丸みを帯びたように感じます。
横浜市旭区:外観
お宅の全体図はこのようになりました。足場解体までは周囲のメッシュシートをまくり上げておきます。
横浜市旭区:見積もり担当と車
ちょっと番外:お宅の様子を見にきていた見積もり担当の菊池と、彼が仕事で使用している車。塗装職人・代表のイラスト入りです。
次回は足場の解体後のお宅の様子を掲載しつつ、門塀塗装の風景をお送りします。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,モルタル ,屋根

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。
必須お名前
任意ご住所
任意電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ※同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は有料となります。
  2. ※「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

2回目のサイデイングク...

杉並区で築14年の外壁...

築23年、サイディング...

鉄筋コンクリート住宅の...

全部で150万円。ちょ...

【質問】フッ素の遮熱塗...

13年振りに再塗装のお...

外壁サイディングのクリ...

世田谷区30坪の外壁塗...

塗装工事のお客様宅の帰...

サイディング、屋根、ベ...

お客様が工事中のご自宅...

マンション集合ポストの...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継