外壁塗装情報

横浜市戸塚区のスレートコロニアルの高圧洗浄

人気blogランキングへ

今回は横浜市戸塚区の現場から塗装工事の様子をお送りします。こちらのお宅はコロニアル屋根にサイディング外壁という造りで、今回はじめての塗装とのこと。
この日が施工の初日のため、まずは高圧洗浄をしていきます。家全体の水洗いをして付着物を取除き、養生や塗料がしっかり密着するようにしました。
横浜市戸塚区:洗浄前の屋根
横浜市戸塚区:コケの付着した屋根
こちらは洗浄前の屋根の状態。塗膜剥がれなどから、素地の白い面が見えていたり、黄緑色のコケが表面の模様部分にこびりついている状態です。
特に屋根はコケや汚れが付着していると、塗料の密着不良を招きやすく、塗膜剥がれの要因になることも考えられるので入念に洗い落していきます。
横浜市戸塚区:屋根高圧洗浄
水洗いに使用するのは最高150キロ圧で水が噴射される高圧洗浄機。ここから放たれるジェット水流を屋根材にしっかり当てて、長年蓄積していた汚れやコケを除去していきました。
洗浄機の水流はとても強力ですが、意外にもコケは簡単には落ちないため、洗浄ノズルを何度か往復させながらじっくり落としていきます。
横浜市戸塚区:洗浄後の屋根
洗浄完了後はご覧のようにコケが落とされてスッキリときれいになりました。これで下塗りに使用するシーラーもよく浸透するようになっていると思います。
写真は屋根のものしかないのですが、このあと軒や外壁と下りながら家全体の水洗いをして、この日の工程を終えました。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,屋根

横浜市旭区での塗装工事、シャッターボックス塗装と屋根縁切り

人気blogランキングへ

今回は横浜市旭区の現場から施工風景をお送りします。
まずはシャッターボックスに塩ビゾルプライマーを塗布。
横浜市旭区:シャッターボックス下塗り
これは塩ビゾル鋼板に適したプライマー。刷毛で全体にたっぷり塗布することで塗料の密着性を向上させ、塗膜を剥がれにくく仕上げます。
下屋根は中塗りまで終えた状態ですが、足場があるところは未塗装なのでジャッキベース持ち上げてから下塗りしていきます。
横浜市旭区:下屋根下塗り
横浜市旭区:下屋根上塗りダメ込み
シーラーを刷毛で塗布して下地と塗料の密着力を強化後、充分に乾燥させてから、中塗りをして塗膜をつけていきます。
こちらも乾燥したら鉄部を、そして屋根材の重なり部分は塗料が付着しにくいので、先に刷毛で塗り込んだのち全体を塗装していきました。
横浜市旭区:シャッターボックス中塗り
横浜市旭区:シャッターボックス塗装後
シャッターボックスにはシリコン塗料を塗布して中塗りです。ローラーは短毛のものを使用して、塗布面がフラットで艶やかになるように仕上げていきます。
塗装を終えている大屋根は縁切りをしました。
横浜市旭区:屋根縁切り
横浜市旭区:屋根縁切り2
屋根材の重なりが塗料で埋まっていると、わずかに空いている隙間から雨水が吸い上げられたり、突き合わせから入った水の逃げ場がないために雨漏りに繋がる恐れがあります。それを防ぐために隙間を空けるのが縁切りです。
今回はマイナスドライバーを差し込んで、スライドさせながら隙間を作りました。場合により、皮スキ(金ベラ)やカッターを差し込んだり、その後にタスペーサーという部材を入れることもあります。
横浜市旭区:下屋根塗装後
横浜市旭区:下屋根塗装後2
下屋根も3度塗りが終わり、艶やかな塗膜が形成されました。厚膜に仕上げているので、紫外線や風雨からしっかり傷みを抑制する塗装になったと思います。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,屋根 ,付帯部

横浜市保土ヶ谷区での塗装工事、養生と鉄部・木部塗装

人気blogランキングへ

今回は横浜市保土ヶ谷区で行った施工の様子を掲載します。一級塗装技能士の星野、二級の曽根カズが工事を担当しました。
まずは塗装に入る前に、塗料の付着予防をするために養生をします。
横浜市保土ヶ谷区:室外機の養生
横浜市保土ヶ谷区:足場付近の養生
一枚目の写真は室外機にテープ付きビニール(マスカー)をかけている曽根。全てを完全に塞がずに、吹き出し口などを避けてカバーします。
足場にはメッシュシートがかけられていますが、完全に床まで届いていない場合があります。すぐお隣にはお家もあるため、ビニールを上から貼ってしっかり固定しておきました。
養生後は鉄部のケレンに移行します。
横浜市保土ヶ谷区:庇ケレン
付着物を取除きながら、細かな研磨傷をつけているところです。鉄部はツルツルとしているため、あえて傷をつけることで塗料の食い付きをよくして、塗膜を剥がれにくくさせるのです。
ちなみに曽根が右手に持っているのがナイロン製のハンドパット。左手に持っているのは皮スキという金ベラで、ケレン以外にも塗料の缶を空けたり、縁切りしたりと他用途に使える道具です。
横浜市保土ヶ谷区:庇ダメ込み
ケレン後はサビ止めを塗布して、サビが発生することを防ぎます。
まずは外壁との境を刷毛で仕上げていきました。いきなりローラーで塗装しようとすると、はみ出しが不安になりますし、スケや掠れが出やすくなってしまいます。細部を先に仕上げることで、その後の全面塗装がスムーズに進みます。
横浜市保土ヶ谷区:庇サビ止め塗布
見切り線を出したあとはローラーで全面塗装です。鉄部はフラットに仕上げたいので、短毛ローラーでムラや塗布跡を出さずに広げていきます。端から端まで塗り込み、傷みやすい鉄部の耐久性を向上させました。
次は屋根の上で、雨押さえなどの鉄部の作業です。
横浜市保土ヶ谷区:鉄釘打ち直し
横浜市保土ヶ谷区:雨押さえケレン
横浜市保土ヶ谷区:屋根鉄部下塗り
築年数がある程度経っているお宅の屋根では、たいがい雨押さえを固定いている釘が飛び出していることが多いです。塗装工事の際にはしっかり打ち直しておきます。
その後ケレンを行い、サビ止め効果のあるパーフェクトプライマーという材料を塗布して下準備。
横浜市保土ヶ谷区:破風板下塗り
横浜市保土ヶ谷区:破風板下塗り後
破風などの木部もケレンから開始。弱った塗膜を削り落し、全体に微細な傷をつけておきます。その後は屋根鉄部と同様に、パーフェクトプライマーで下塗りをしました。この材料は柔軟性に優れているので、木部のような動きのある素材にも適しているのです。
ムラにならないように刷毛でたっぷり塗布して仕上げました。
  • シェアする:
カテゴリ:屋根

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 業務多忙により、お見積り日程調整でお手を煩わせないためにも、お電話での日時調整をお願いしております。売り込み等のお話は一切しておりませんので、お気軽にお問い合わせください。
必須お名前
任意ご住所
必須電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ※同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は有料となります。
  2. ※「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

2回目のサイデイングク...

杉並区で築14年の外壁...

築23年、サイディング...

鉄筋コンクリート住宅の...

全部で150万円。ちょ...

【質問】フッ素の遮熱塗...

13年振りに再塗装のお...

外壁サイディングのクリ...

世田谷区30坪の外壁塗...

塗装工事のお客様宅の帰...

サイディング、屋根、ベ...

お客様が工事中のご自宅...

マンション集合ポストの...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継