外壁塗装情報

旭区での住宅施工、屋根の高圧洗浄

人気blogランキングへ

今回は、先月26日に旭区で行った施工の様子をお送りしたいと思います。
職人は手先の器用な塗装技能士・曽根カズ。
こちらのお宅は、去年外壁塗装をさせていただいたお客様のお隣さんになります。
この日は家の水洗いを行って塗り替え前の下準備をしました。
2014年4月26日 旭区鶴ヶ峰:洗浄前の屋根
2014年4月26日 旭区鶴ヶ峰:洗浄前の屋根拡大
築15年・はじめての塗装ということで、屋根の表面には茶色のコケがびっしりと覆っています。これらを洗い落とすには、なかなか時間も労力も要しますが、やりがいもその分大きいというものです。屋根の傾斜はかなり急になっており、今回、屋根足場はないので作業をする際は足元に気を付けながら進めていきます。
屋根の場合は特に、付着物が残った状態で塗装をしてしまうと、下地と塗料がしっかり密着されずに剥がれやすくなってしまうことがあります。そうならないためにも、水洗いではジェット水流が噴射される高圧洗浄機を使用して、汚れやコケといった付着物を徹底的に取り除きます。
この洗浄機は最高150キロ圧もの水が噴射されるので、洗うというよりは、削り落す感覚でスレート(屋根材)の一段一段に水流を当てていきます。あまり早く洗浄ノズルを動かしてもコケが落ちないので、ゆっくり何往復かさせながら入念に落としました。
2014年4月26日 旭区鶴ヶ峰:洗浄後の屋根
2014年4月26日 旭区鶴ヶ峰:洗浄後の屋根拡大
曽根一人での施工のため、作業途中の写真がないので洗浄後の様子です。
屋根全体に広がっていた茶色いコケはスッキリときれいに取り除くことができました。弱くなっていた古い塗膜も剥がれたので、白っぽい素地がところどころ見えています。
この後の工程はシーラーで下塗りをして、下地の強化を行いつつ、塗料の密着度をアップさせる流れになります。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,屋根

栄区での住宅施工、養生と屋根鉄部下塗り、錆止めで耐久性アップ

人気blogランキングへ

今回は過去の施工から、3月8日に行った栄区公田町での作業をお送りします。
前回は高圧洗浄機でお家全体を水洗いして汚れを落としましたので、この日は土間の養生と屋根鉄部の下塗りを開始。
2014年3月8日 栄区公田町:土間養生
玄関前など土間は人が頻繁に歩く所ですから、破れにくい厚手のブルーシートを使用して養生。張る部分の形状に合わせて覆い、シートの四隅はテープでしっかり貼り付けて固定、歩いたときにずれたり足を引っ掛けてしまわないようにしました。
2014年3月8日 栄区公田町:ジャバラ式門扉の養生
玄関前のジャバラ式の門扉には、マスカーというテープとビニールが一体になった資材で全体を覆って塗料が付着しないようにしています。塗料の付着は誤って触れる以外にも、飛散してついてしまうこともあるため、塗り替えをしない所は念入りにカバーをします。
お次は場所を屋根に移して、屋根鉄部の塗装に入ります。
2014年3月8日 栄区公田町:屋根鉄部ケレン
まずはケレンをして鉄部に細かな傷をつけます。これは、ツルっとした鉄部表面を研磨することでわざと傷をつけることをいいます。細かな傷が塗料の引っ掛かりになるので、塗料が剥がれにくく長持ちするのです。
今回は少し目の粗いサンドペーパー(紙やすり)を使用して下地を擦りました。他にはナイロン不敷布のマジックロンやハンドパッド、皮スキ(金ベラ)などを使うことがあります。サビが発生しているところは、この時点で入念に削り落しておきます。
2014年3月8日 栄区公田町:屋根鉄部クギ打ち直し
また、築年数が10年ほど経過しているお宅では、たいがい屋根鉄部を留めている釘が抜けかかっています。これは家の歪みや地震などによる動きが重なり、留めてある釘が緩んできてしまうからです。このままにしておくことで、直ちに影響が出るとは言えませんが、ごくごくまれに雨押さえが飛んでしまったというような事例もありますので、塗替えの際は釘の打ち直しもしてもらいましょう。
ケレンが完了したら鉄部の下塗り、サビ止め塗布を行いました。これはサビが発生することを防いで、傷みやすいと言われる鉄部の耐久性を高める働きをします。
今回使用するサビ止めは赤錆び色で、これは仕上がりの色に合わせて選択。
まずは細かな部分から塗り始めます。ローラーの入りにくい部分を刷毛で塗り込み、塗り落しや掠れ、ムラを防いでいきます(専門用語でダメ込みとも)。フラットで広い面はローラーでたっぷりサビ止めを塗布。材料の性能を引き出すために、量は多すぎず少なすぎず、適切にムラなく塗ることが大切です。
2014年3月8日 栄区公田町:屋根鉄部下塗り
2014年3月8日 栄区公田町:屋根鉄部下塗り2
2014年3月8日 栄区公田町:下屋根鉄部下塗り
雨押さえ(棟押さえ)のみだけではなく、雪止め金具や小口、下屋根の鉄部にも塗り込んで下塗りは完了となりました。
次回は外壁や玄関、窓など全体の養生作業に入っていきます。
  • シェアする:
カテゴリ:屋根

神奈川区での屋根塗装、屋根縁切りで雨漏り対策

人気blogランキングへ

今回は神奈川区で施工した過去の事例から、1月28日の屋根縁切り作業について記載します。職人は、この日も一級塗装技能士の川口が担当。
屋根の縁切りとは、塗料によって詰まってしまった屋根材の重なり部分に隙間を空けることを言います。この重なりが埋まったままの場合、わずかに空いている隙間から水が入ると屋根上部に吸い上げられて雨漏りに繋がる危険性があります。また、縦目地の合わせから入った雨水の逃げ道がなくなり、腐食しまう恐れも。
それらを防ぐための縁切りなのですが、はじめての屋根塗装の場合は例外を除くとほぼ縁切りは必要ありません。しっかり3度塗りをしても充分に屋根材の隙間はあるからです。
では、その例外とは…?屋根の勾配があまりない場合や、今回のように断熱や遮熱の特に厚膜に仕上がる塗料を使用している場合です。また、2回目以降の塗り替え時は塗膜の厚みも増してくるので、縁切りを検討しましょう。
縁切りの方法にもいくつか種類があるのですが、今回はカッターと金ベラで隙間を空けたあと、タスペーサーという縁切り用の補助工具を差し込む方法を採ります。タスペーサーを使用した場合、注意をしないと差し込んだ箇所の上を歩いて屋根材にヒビが入ることもあります。今回は塗膜がひび割れしにくいキルコートを使用したということもあり、タスペーサーを選択しました。
2014年1月28日 神奈川区白幡向町:屋根縁切り
屋根材の重なりにカッターの刃を押し入れて、少しずつスライドさせます。その横には金ベラを指し込んで隙間を空けておきます。文章にするとなんてことはなく思われるかもしれませんが、乾燥された塗膜は硬く強固になっているので、横に動かすのもかなり力が必要になります。カッターの刃も、この塗膜の硬さにはすぐ音を上げて折れてしまうので、何度も交換しながら少しずつ縁切りを進めました。隙間が空いたところにはタスペーサーを差し込んでいきます。
2014年1月28日 神奈川区白幡向町:屋根タッチアップ
こちらはタスペーサーを入れたあと、タッチアップをしている川口。陽がよく出て気温が高かったというのもあり、午後には羽織っていたヤッケを脱いで作業中。
カッターや金ベラで縁切りした際に、屋根材の表面に少し傷をつけてしまったところを補修しています。また、塗装の仕上がりを確認して、ムラや掠れなど気になる点はこのときに再塗装して完成度を高めました。
2014年1月28日 神奈川区白幡向町:屋根縁切り後
こちらが縁切り、タッチアップ完了後の写真です。屋根材の重なりに入っている、黒い長方形の部分がタスペーサーです。場合によっては、上塗り1回目の時に縁切り、タスペーサーを入れてから上塗り2回目を行うことがあります。
次回はシャッター塗装をして、いよいよこちらのお宅の施工も終わりを迎えます。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,屋根

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。
必須お名前
任意ご住所
任意電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ※同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は有料となります。
  2. ※「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

2回目のサイデイングク...

杉並区で築14年の外壁...

築23年、サイディング...

鉄筋コンクリート住宅の...

全部で150万円。ちょ...

【質問】フッ素の遮熱塗...

13年振りに再塗装のお...

外壁サイディングのクリ...

世田谷区30坪の外壁塗...

塗装工事のお客様宅の帰...

サイディング、屋根、ベ...

お客様が工事中のご自宅...

マンション集合ポストの...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継