外壁塗装情報

ダイノックシートでプチリフォームを

人気blogランキングへ

 

見積もり担当の岩淵です。

先日都内のお宅で、玄関扉にダイノックシートの貼り替えをしました。

玄関扉部分だけに真っ青なダイノックシートを貼ったので、目にも鮮やかで綺麗な仕上がりになりました。

 

このダイノックシート。塗装の際にご注文を頂くことがあるのですが、ダイノックシートの貼り替えだけでも、塗装職人ではお受けすることができます。

玄関などが色あせた場合や、古くなった壁などにこのダイノックシートを貼れば、まるでリフォームしたかのような見栄えに。

 

ダイノックシートは、カラーバリエーションが豊富です。

しかも単色カラーだけではなく木や石などの素材を再現した種類もあり、玄関や、キッチンの壁、お風呂場の壁以外にも、カウンターの色変え、壁の1面だけの色替えをすることができます。

また、ダイノックシートを貼り付ける場所も木材、鉄骨などさまざまな素地の上に貼り付けられるので、自由度が高い素材です。

 

家の外壁や部屋の壁など、全面的な壁の貼り替えや塗り替えですとコストがかかってしまいますが、アクセントとしてダイノックシートで色や模様を壁の1面に入れることで、壁の雰囲気はガラっと変わります。

 

貼る面の大きさや、選ぶダイノックシートによって価格は変わるものの、数万円台からあるので、ご興味がありましたら是非お問い合わせください。

 

中古で戸建てを手に入れた際にも、ダイノックシートは役に立ちます。

先住者が喫煙する方だった場合、壁やドアにヤニがついて黄ばんでいることがあります。壁紙は貼り替えられますが、ヤニで黄色くなったドアを新しくするのは金額もかかるため、簡単にはできません。

そんな場合は、このダイノックシートをドアに貼れば、新品のように仕上げることができます。

 

ダイノックシートはコストがあまりかからないにも関わらず、素材の劣化も少なく、メンテナンスも手軽です。

もちろん、使用できない場所などもありますが、壁の化粧用としてはとても良い商品と言えます。

 

今回、実際の工事現場でダイノックシートを貼る現場に密着してきましたので、ここからはどうぞ職人の技をご覧ください。

細やかな作業で、ダイノックシートをしわ無く貼り上げます。

 

1 まずは、もともと貼ってあったダイノックシートを剥がします。

2 剥がした後は、扉の凹凸を調べます。

貼り付ける面にビス穴などの凹凸があると、ダイノックシートを綺麗にはることが出来ないため、しっかり下地処理をします。

3 ポリパテでビス穴や凹み部分にヘラでしっかりと埋め込み……。

4 一番目の細かい紙やすりで、表面を平らに慣らします。

5 やすりをかけると、ポリパテの粉がでるので、粉を水で湿らせたウエスで綺麗に拭き取ります。この時も、凸凹が無いか再度入念にチェックします。

6 ドアを綺麗に磨き上げたら、プライマーと呼ばれる接着剤を刷毛で塗ります。端の部分などは剥がれやすいので、しっかりとプライマーを打ちます。ダイノックシートは、元々貼り付け面がシール剤になっているので、ダイノックシートだけでも貼ることは可能なのですが、プライマーを端にしっかりと塗ることで、剥がれによるシートの劣化を防ぎます。

7 今回のようなアルミ扉の場合、日差しが当たっている状態で作業しますと、太陽の熱で扉が温まってしまいプライマーがすぐに乾いてしまいます。それでは綺麗にシートを密着させることができないので、車をダイノックシート貼り付けるドアのそばに寄せて、アクリルボードを壁と車の屋根に渡らせ、簡易的なヒサシを作り、日陰で作業します。

8 「しわ伸ばし」と呼ばれる道具を使って、端から端まで上から下に向けてダイノックシートを貼り付けます。

9 下まで貼り付けたら、さらに端の処理をします。

  この端の処理をきっちりと仕上げることで、剥がれるのを防ぎます。端にはプライマーも塗ってあるので、しっかりと抑え込みシートを扉に密着させます。

10 最後に表面をきれいに水拭きし、完成です。

職人の流れるような作業で、しわ一つなく貼ることができました。

ダイノックシートは、アパートのオーナーの方にも人気な商品です。

アパートのドア表面を綺麗にするだけでなく、ドアの色を各部屋によって変えたりすることで、少ないコストでデザイン性にすぐれたアパートにすることも可能です。

塗装職人では、お客様のご希望に沿った色味の提案なども致しますので、壁の色を選ぶ際も安心してご相談頂ければと思います。

ダイノックシートで、部分的な簡単リフォームをお楽しみください。

 

 

 

  • シェアする:
カテゴリ:見積り担当の日記

横浜店・親子で塗装体験2008年~2017年

人気blogランキングへ

横浜店の親子で塗装体験です。

はじめてすべてまとめてみました!

縦に長いです。

こちらは東京店の用賀フェスティバルです。

最後にユーチューブでも紹介してます。

2008年開催【横浜市西谷地区センター】

羽子板

 

 

2009年開催【横浜技能文化会館】

羽子板

 

 

2010年開催【横浜技能文化会館】

羽子板

 

 

2011年開催【横浜技能文化会館】

羽子板

 

2012年開催【横浜技能文化会館】

羽子板

 

 

2013年開催【横浜技能文化会館】

羽子板

 

 

2014年開催【ほどがや地区センター】

羽子板

 

 

2016年開催【みなとみらい・ランドマークタワー】

うちわ・森の家

 

 

2017年開催【みなとみらい・ランドマークタワー】

うちわ・森の家

 

こちらはさらにフェイスブックでほぼ全部の写真が載っています。

2008年、横浜市西谷地区センター・羽子板

2009年、横浜市技能文化会館・羽子板

2010年、横浜市技能文化会館・羽子板

2011年、横浜市技能文化会館・羽子板

2012年、横浜市技能文化会館・羽子板

2013年、横浜市技能文化会館・羽子板

2014年、ほどがや地区センター・羽子板

2016年、みなとみらい 森の家とうちわ

2017年、みなとみらい、森の家とうちわ

  • シェアする:
カテゴリ:ニュース

下地こそ塗装の命 ちいさな下地作業が大切な理由

人気blogランキングへ

職場管理、見積もり担当の松尾です。

今回はちょっとした作業ではありますが、とても大切な下地の実例を3点ご紹介いたします。

どれもこれも、本当に小さなことではあるのですが、これらをやらないと後に大きな問題を引き起こす原因となります。

 

まず一つ目。塗装工事が終了した後に、タッチアップ(補修工事)でお伺いした実例です。

このお客様のお宅は、1回目の塗装の下地部分があまり良くない状態だったため、2回目の外壁塗装(付帯部)は弱溶剤の塗料を用いて、下地を溶かしながら密着するタイプのものを細心の注意を払いながら使用していました。

ところが、塗装工事完了後に始まったお隣の新築工事の際に、塗装した霧よけの上に粘着性の高いガムテープを貼られてしまい、ガムテープを剥がしたところ、塗料がはがれてしまったのだそうです。お客様から「自分でも塗れるとは思うのだけど、一度見てもらえないかしら」とご連絡を頂きました。

 

もともと、弊社では塗装完了後に「タッチアップ材」として、薬の小瓶程度の塗料をお渡ししてあるのですが、下地の問題もありましたのでお伺いさせて頂くことに。

 すると、やはり旧塗膜が完全に密着していないところにガムテープを貼られため、2度塗りした塗料が旧塗膜からすべて剥がれていました。

 

このまま、お渡ししているタッチアップ用の塗料を使って頂いても良かったのですが、一度剥がれてしまったところは下地と塗料の密着率が弱くなってしまうので、今回は再度こちらで塗装させて頂きました。

塗装工事をしてから日数が少し経ってしまっているので、下地の密着率を上げるために、まずは紙やすりで軽く目荒らしをして、その後塗料で2度塗りを。

こうすることで、より塗料と下地の密着率が上がり、剥がれてしまった部分の強度も上がります。

たかだか小さな紙やすりで、うっすらと傷をつけるだけの工程ではあるのですが、この工程をすることで後から塗った塗料の密着率は大きく変わるのです。

 

弊社はいつでも、お客様にとってかかりつけ医のような塗装会社でありたいと思っています。

お客様が下地の状態を不安に思っていらっしゃるのであれば、それをしっかりと解消することが、かかりつけの塗装会社としての役目だと思うのです。

 

二つ目の実例は、コロニアル屋根のお宅です。

割れやすいとされる屋根に、前にブログでお話しましたパミール屋根がありますが、最近ではコロニアル屋根でもパミール屋根と同様の現象が起きています。

お客様の家も屋根の上を歩くだけで、まるでビスケットの上を歩くようにパリパリと割れる状態になっていました。

お客様がおっしゃるには、先だっての台風で屋根が剥がれてしまった…とのことだったのですが、見てみると剥がれた部分はもともと屋根自体がもろくなっていたようです。

通常パミール屋根やコロニアル屋根が割れるのは、屋根材を固定する釘の錆びていることが原因とされています。

釘が錆びてしまったがために、屋根材を支えられず、屋根材が割れたり滑落したりするのだと……。

でも、こちらのお客様宅築10年以上ではあるものの、写真を見て頂いてもお分かり頂けるように釘に錆はなく、当てはまりませんでした。

代表的な原因が、必ずしも当てはまるわけではないのです。

 

今回の原因は、屋根材を止める釘の打ち方でした。

 

お客様宅の屋根は、四角の板が3枚つづりになったものが1枚となっている細長い板状のコロニアル屋根だったのですが、屋根材を止める際に打った釘が、ちゃんと打てておらず出っ張ってしまっていました。

屋根材と屋根材の隙間には本来風なども入りこむのですが、屋根材の隙間を風が通る際に、この少しだけ出っ張った釘が屋根材の下でシーソーの支点のようになり、屋根材はカタカタと動く状態に。その結果、屋根材の真ん中に力がかかり、最後には、釘を軸にして屋根材が割れてしまっていたのです。

 

なぜ釘が出っ張ってしまったのかを、大工にも意見を聞いてみたのですが、経年劣化で釘が浮いてくることもあるので一概には言えないけれど、施工の仕方がまずかったのかもしれないとのことでした。

 

また現在では、屋根の釘を打つ際にエアーコンプレッサーの釘打ち機を使います。

推す力を間違えると、誤射してしまったり、うっかり2本打ってしまったりする場合も。

このミスを「ま、いっか」で済ませてしまうと、後にこうした不具合を引き起こす原因となります。

釘の出っ張りをその時にきちんと対処していれば、なんでもないことなのですが、対処せずにそのままにしてしまうと、屋根が割れてしまう原因になるのです。

 たかが釘1本ですが、されど釘1本です。

こうした下地のちょっとした甘さが、屋根が割れるという惨事を引き起こしてしまいます。

 

最後三つ目にご紹介する実例は、タスペーサーです。

タスペーサーは大きさで言うと、1~2センチほどの小さな部品ですが、屋根の塗装をする上でとても重要な働きをします。

 

先ほどもお話しましたが、通常屋根材と屋根材の間には隙間があります。この隙間は屋根材と防水シートの隙間に入り込んだ雨水を、外に排出する仕組みにもなっています。

ところが屋根塗装をする際に、塗料の膜厚、重みで、屋根材と屋根材の隙間を塞いでしまうことがあるのです。

隙間を塞いだままにしてしまいますと、様々な箇所から屋根の下に入り込んだ水が、屋根材の内側に水がたまり、雨漏りの原因となります。(針穴、シートジョイントなどから)

そうしたことを防ぐためにあるのが、「縁切り」という工程です。

塞がってしまった屋根材と屋根材の隙間を、お好み焼きのヘラのようなもので切り開け、水の排出口を確保します。

 ただこの「縁切り」という作業は、1回目の屋根塗装の際にしかできません。

というのも2回目の屋根塗装の際に、塗り重ねた塗料の重さで屋根材の重量が増し、さらに塗り重ねた塗料で屋根材の厚みも増します。重量と厚みが増した屋根材は、屋根材と屋根材の隙間を圧迫します。その為、微妙に開いていた屋根材の隙間が塞がってしまうのです。

こうなってしまうと、「縁切り」をしても、隙間は押しつぶされてしまうため水の排出口を保つことはできません。

そんな時に、このちいさな部品であるタスペーサーが役に立つのです。

 タスペーサーを入れることで、屋根材の隙間が保たれ、水を排出することが可能になります。

このタスペーサーもまた、屋根塗装に置いての大事な下地の一部なのです。

 

ただ、このタスペーサーの使い方は、お客様の屋根の状態によっては、1回目の塗装の際に使用する場合もあります。屋根の構造によって使い方が変わるからこそ、職人の感覚が必要になるのです。

 

屋根や壁の状態は、お客様の家の状況や施工会社、職人の腕によって状態は千差万別です。その時によって扱い方が変わる「生もの」のようなものと言えます。

職人が実際に屋根や壁を見て、屋根や壁の中を開けることで初めて、最適の塗装や補修を見極めることができるのです。

 

今回ご紹介したものは、どれもこれも小さな下地作業です。

塗料がうまくのるように、下地に目荒らしをしたり、釘をしっかりと打って出っ張らないようにしたり、屋根と屋根の隙間を開けるためにタスペーサーを挟みこんだり…。

 

小さな作業ではありますが、この下地作業の一つ一つが、大きなトラブルの原因を作らないためにとても大切なのです。

 

僕は普段、新しい塗料に飛びつくことはしません。

なぜなら、新しい塗料にはまだデータが無いからです。

お客様に塗料をご提案させて頂く際に、一番大事なことは塗料の長所と短所をお伝えすることだと僕は思います。

塗料には必ず長所と短所があります。

その長所と短所を塗料メーカーのデータや、現場で実際使ってみて把握することで、初めて塗料の性能を引き出すことができるのです。 

ご紹介した3つの下地作業にも言えることですが、塗料や屋根材の長所と短所を知り、その短所を補うためにしっかりと下地作りをすることが、何十年も家を長持ちさせるための秘訣なのです。

 

  • シェアする:
カテゴリ:見積り担当の日記

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 業務多忙により、お見積り日程調整でお手を煩わせないためにも、お電話での日時調整をお願いしております。売り込み等のお話は一切しておりませんので、お気軽にお問い合わせください。
必須お名前
必須ご住所
必須電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ○個人のお客様のお見積りは無料です。
  2. ○同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は下記有料となります。
  3. ※現地調査(見積り書提出別途) ①戸建て2万円②大規模修繕(30所帯まで最大半日)5万円 電話相談・アドバイス10分5千円
  4. ○「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

家によって似合う色は違...

錆びた階段と傷んだ廊下...

青空の下で発散 おうち...

ダイノックシートでプチ...

横浜店・親子で塗装体験...

下地こそ塗装の命 ちい...

無料にて除菌作業に使え...

防水工事 プロでも開け...

塗装も新型コロナ対策も...

お客様と情報を共有する...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-29)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

職人からの現場中継