外壁塗装情報

塗装工事の際にシーリング工事を同時に施工する必要性

人気blogランキングへ

見積り担当の岩淵です。

前にお客様から「シール工事は今回の工事と一緒にではなく、2、3年後にシール工事だけでできないかしら?」とご相談を受けたことがありました。

シール工事の金額は、一軒家ですとだいたい15万円~20万円ほど。施工費を少しでも抑えたい…とお考えになるお客様の中には「シール工事は次回にしたい」と思う方もいらっしゃいます。

でも、シール工事を塗装工事と別で行うとなると、いろいろ不具合が出てくるのです。

シール工事と塗装工事は同時にやらないといけない、というよりは、セットと考えて頂いた方がよいでしょう。

今回は、なぜシール工事と塗装工事がセットなのか、お話したいと思います。

 

弊社ではサイディング壁などの外壁塗装をご依頼頂いた際に、シール剤(コーキング剤)の打ち換えを必ずご提案させて頂きます。

(コーキング剤とシール剤は、同じものをさしていることが多いので、ここからはまとめてシール剤と呼びます。)

 

なぜサイディング壁にシール工事が必要かと言いますと、サイディングボード壁の場合、窓枠は壁に接着をされておらず、壁にただはめこんでいる状態なので、接着するためシール剤の工事を窓に施された状態になっています。

コンクリートの吹き付け壁や、モルタル壁の場合は、窓枠をコンクリートやモルタルで塗りこんで接着しているためシール剤は必要がないので、ご提案させて頂くことはほとんどありません。

でも、サイディング壁の場合は窓枠や目地部分のシール剤が劣化するため、塗装工事と併せてご提案をさせて頂いているのです。

 

シール工事にはシール職人という専門の職人がいるので、塗装の職人でシール工事をやる人はあまりいません。

ほとんど場合シール職人にやってもらうのですが、まれに雑な現場ですと塗装の職人にホームセンターなどで買った材料と道具でシール工事をさせて、施工費用を安くすることがあります。

職人を二人手配するよりは、一人の方が安いから…という理由でこのようなことが起こるのですが、塗装の職人がおこなうシール工事と、シール職人がおこなうシール工事では仕上がりがまるで違います。

なぜなら、塗装の職人とシールの職人の持っている道具が違うからです。

塗装の職人は自分の道具以外に、シール工事の道具までそろえる…というのは、コストも道具を管理する場所もかかりすぎてしまうため、ほとんどありません。

その為、先ほども書きましたように、塗装の職人がするシール工事は、ホームセンターなどで揃えられた簡易的な材料と道具になってしまうのです。

 

もちろん、塗装の職人の中にはシール工事も防水工事もまとめてやっている人もいるのですが、私が知っているかぎり、そうした職人さんは「塗装はうまいけど、シール工事は下手」「シール工事はうまいけど、塗装がイマイチ」など、どこか不足が出る人が多いです。

 

ですので、塗装は塗装のプロ。シール工事はシール工事のプロに頼むことが、最上の施工をするために必要だと思います。

(ちなみに、防水工事とシール工事は共通する部分が多いので、両方できる職人は多く居ます)

 

ではなぜシール工事と塗装は一緒に行う必要があるのでしょう。

それには、大きい理由が二つあります。

 

一つ目

シール剤はゴムなので、どんなに大事に使っていても外壁と同じく10年ほどで劣化し、肉痩せという状態になる。肉痩せすると、窓と壁の隙間を塞いでいたゴムが薄くなり、最悪穴があき、サイディングボードの下に水が入ってしまう。その水でサイディングボードが膨らんだり、反ってしまったりする原因となる。

 

二つ目

シール剤を打つ場所は、1階の窓部分だけではなく、2階の窓もあるので、足場が無いとシール工事をすることができない。一昔前は、屋根の上に乗ったり、梯子をかけたりしてできた作業も、最近では法令の関係で、昔のような梯子や屋根の上に乗った作業が不可能となっている。

 

まずは一つ目から詳しく解説します。

シール剤の劣化は、外壁用の塗料とほぼ同じスパンで劣化します。

そのため、見た目には分からなくても塗装の塗り時がシール剤の打ち時でもあるのです。また、シール剤が劣化し、肉痩せを起こしてしまうと、そこから水がサイディングボードの中に入り込み、反ったり膨らんだりすることで、ボード自体をまるまる替えなければならなくなります。

こうなってしまうと、シールを打ち替える工事よりもお金がかかることになってしまいます。

サイディングボードが変形してしまう前に、予防をするのが何よりも大事なのです。

 

二つ目、これが一番外壁塗装をする際に一緒に工事をした方がいい大きな理由なのですが、シール工事には2階部分の工事もあるため、足場が必要です。

ですので「今回は外壁塗装だけにして、シール工事は次回…」などにしてしまうと、次回のシール工事の際に、足場代も約20万円かかってしまい、合計すると外壁塗装と一緒にやった時の倍の金額がかかることになります。

 

この二つが大きな理由です。

特に二つ目に関しては、外壁塗装の際に何を節約したのか分からなくなってしまいます。

シール工事は、シール剤が劣化しきってしまってからでは意味がない工事なので、是非とも外壁塗装の際にはセットで考えて下さい。

 

最初に手を打てば湿布だけで済んでいたはずの治療が、放っておいたがために手術をするはめになってしまった…では、本当にお金の無駄です。

 

定期的なお手入れをすることで、トータルコストは抑えられます。

 

これは弊社のシーリングの解説ページです。

 

では最後に、シール工事の流れをご紹介したいと思います。

シール工事のプロ仕事を、写真でご覧ください。

  1.       カッターなどで古いシールを撤去
  2.       古いシール剤の掃除 
  3.       下地処理
  4.       養生テープを貼り、シールが余計なところに着かないようにする
  5.       プライマー(接着剤やのりのようなもの)を刷毛で塗りこみ
  6.       シールの専用ガンで肉厚なシールを注入
  7.       はみ出た部分や、シールの少ない部分をへらでしごいて シール剤を慣らす
  8.       養生を剥がして完成

 

一見すると、簡単な技術に見えますが、7番のヘラでのしごきなどは、熟練の職人でないとこんな綺麗には行きません。

細部まで均等にシール剤がいきわたることで、サイディングボードの中に水が入り込むのを防ぐことができるのです。

 

ご自宅の外壁がサイディングボードタイプであれば、是非とも外壁塗装の際に、シール職人によるシール工事も一緒に行ってください。

 

プロにしっかりとした仕事をしてもらうことが、どんな工事の割引をしてもらうことよりも、家を低コストで維持する秘訣なのです。

 

こちらは弊社の最新のシール動画です。参考にして下さい。

 

【ヤフー知恵袋・シーリング】
住宅の外壁塗装に際し、コーキングについて 
シーリング工事は、塗装業者は外注するの?
外壁塗装の際のシーリング工事は、塗装業者は外注するのが一般的なのでしょうか?

  • シェアする:
カテゴリ:塗装職人だより

2歳と5歳の兄弟2人が大きい業者用のローラーで外壁塗装を手伝ってくれました。

人気blogランキングへ

塗装職人の現場管理・見積もり担当の松尾です。
今週の日曜日、塗装工事中の横浜市鶴見区のK様宅で塗装体験を開催しました。
これは工事期間中の1日、施主様ご家族が職人と一緒になって自宅の塗装が出来る企画です。
今回は2歳と5歳の兄弟がはじめての塗装をしました。担当職人は一級塗装技能士の資格を持つ宮島と豊永です。
塗装はサイディングの中塗りです。まず最初に兄くんが試しにローラーで塗りました。

ローラーは小さなサイズのもの。

続いて弟くんが塗りました。もくもくと塗る弟君。それを見守る兄くん。黙々塗る弟君に声援を送る兄くん。
あっという間に塗り面の半分を塗ります。再び兄くんがローラーを持ちます。速いテンポで塗っていきます。時々、横を向いてカメラ目線。多少緊張気味かも。

そのあと、兄弟で仲良く交互に塗りました。最後に秘密兵器を投入。通常使うローラーです。弟君がそれ持ちましたが、転がすことが出来ませんでした。

選手交代で兄君が塗りました。その横で弟君が小さな刷毛を持って塗りました。開始から1時間、二人で1枚の壁の下塗りを完了しました。
そのあと、塗り替えの記念と塗装体験の記念に玄関横に兄弟の手形を押印しました。
最後に全員で記念撮影。お天気にも恵まれ、家族の楽しい記念の日になりました。

 

ところで、現在、流行している新型コロナウィルス対策として、松尾は車内に新しいマスクと携帯マスク、除菌ジェルを常備しています。

お客様宅をご訪問の際にには、必ず除菌ジェルで手を消毒して、新しいマスクを着用しております。

 

今回の動画です。かわいいですよ。

  • シェアする:
カテゴリ:外壁塗装が家族記念日 ,見積り担当の日記

雨漏りを引き起こす可能性!?手抜き工事について

人気blogランキングへ

現場管理、見積もり担当の松尾です。

前回のブログでは大手会社に依頼して工事をしたにも係らず、雨漏りになってしまったお宅を3件ほどご紹介しました。 

今回も同じ大手会社で、手抜き工事現場に遭遇しましたので、書きたいと思います。

 

大手会社が施工中にも関わらず、こちらのお宅に伺うことになった理由は、この家の奥様が工事の現場であるものを見つけてしまったことでした。

こちらのお宅は、前回のブログでも出ました某大手会社に外壁塗装を依頼しました。

下地の上に中塗りでシリコン塗料を塗り、さらに上塗りでシリコン塗料を塗る3層仕上げの予定でしたが、ふと現場を見るとアクリル塗料の缶が……。

奥さんは見つけたアクリル塗料缶を業者に突き付けて、どういうことなのか聞いたのだそうです。

すると業者は、中塗りにアクリル塗料を使ったと言ったのです。

 ちなみにいうと、本来であればシリコン塗料を使うところ、アクリル塗料を使うと、材料費を浮かすことができます。

表面はシリコン塗料で塗ったので、壁の耐久性としては強いことは強く、まぁまぁ外壁がもつこともあるかもしれませんが、お客様が業者に払っている値段はあくまでも「シリコン塗料で3層仕上げ」の工事費なのです。

奥さんは「もうこの業者には壁を触らせたくない!」とおっしゃり、うちにご依頼を頂いた…というのが経緯でした。

まるで上げ底弁当のような、分かりやすい手抜き工事です。

(これが実際の写真です)

大手会社は、下請けに丸投げしてやらせることも多く、工事費から多くの利益を搾取します。

その為、下請けの業者は少ない工事費で受注をするため、このように材料費を安くしたり、注文通りの塗料は使うもののシャバシャバの塗料で塗って使う缶数を減らしたりするしかないのです。

 初回の塗装で手抜き塗装をされてしまうと、その後雨漏りなどを引き起こし、その後にとんでもない金額の工事をしなければならない場合も。

そちらについては、こちらの記事をご覧ください。

僕が知っている業者の中には、大手会社やネットで優良企業と謡っているにも関わらず、3か月くらいしか防水工事の経験がない業者もいます。

 なぜこのような塗装のトラブルは絶えないのか…、それには3つの「悪条件」があると思います。

 【塗装トラブルを引き起こす 3つの悪条件】

  1. 大手の下請けから搾取するシステム
  2. HPで優良企業と勘違いさせる業者
  3. ネームバリューと安さだけで選んでしまう消費者

この3つの悪条件が、いつもぐるぐると回って、数年後に雨漏りの原因や壁がひび割れ破断したりし、消費者であるお客様が一番損をしてしまうことになるのです。

では、どうやって業者を決めればいいのでしょうか。

 僕は、結局「人」を見ることが大切なのだと思います。

結婚と同じです。人を見定めることが、外壁塗装でもとても重要なのです。

 たまに、ご依頼前に現場に職人の工事を見学にいらっしゃるお客様がいます。

職人の実際の仕事ぶりを見て、確かめてご依頼をして下さります。

 だいたいのお客様は、こんなに時間をかけることはありませんが、僕はこれも一つの信頼の仕方だと思います。

 難しい病気になってネームバリューだけの大病院にかかったけど、結局研修医にしか担当してもらえない場合と、「この先生に手術をしてほしい」と先生名指しで病院にかかる場合。

どちらの手術が、成功率は高いでしょうか?

 置き換えて考えてみれば、簡単なことです。

 100万以上ものお金をかけて行う、家の大事な手術=工事です。

 この1回の塗装で、家は長持ちするのか傷むのか大きく分かれます。

どの会社も工事内容は同じだから、安いほうがいい…ではないのです。

 

外壁塗装は、きちんとやろうと思うと、どうしても金額がかかります。

安い場合は、まず疑ってかかることをお勧めいたします。

 安い時には、必ず安いなりの理由があるのです。

 家と一緒に、住んでいるお客様も年を取ります。

最初の工事を適当にしてしまったために、晩年にお金がかかってしまうのは本当に大変です。

 僕が担当したお客様の中にも、悪質な塗装が原因で家にヒビが入ってしまっているにもかかわらず、ご自身の年齢が理由で工事をあきらめ、朽ちていく不安定な家で過ごすのを選んだ方もいました。

 お客様に、お金を出して頂いておこなう工事です。

どうかこのブログを読んで、悪質塗装が引き起こす雨漏りを避けるためにはどのようにしたらいいのか…考えて頂けたら本当に嬉しいです。

 

こちらは塗装会社の選び方の動画です。参考にしてください。

  • シェアする:
カテゴリ:見積り担当の日記

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 業務多忙により、お見積り日程調整でお手を煩わせないためにも、お電話での日時調整をお願いしております。売り込み等のお話は一切しておりませんので、お気軽にお問い合わせください。
必須お名前
必須ご住所
必須電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ○個人のお客様のお見積りは無料です。
  2. ○同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は下記有料となります。
  3. ※現地調査(見積り書提出別途) ①戸建て2万円②大規模修繕(30所帯まで最大半日)5万円 電話相談・アドバイス10分5千円
  4. ○「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

家によって似合う色は違...

錆びた階段と傷んだ廊下...

青空の下で発散 おうち...

ダイノックシートでプチ...

横浜店・親子で塗装体験...

下地こそ塗装の命 ちい...

無料にて除菌作業に使え...

防水工事 プロでも開け...

塗装も新型コロナ対策も...

お客様と情報を共有する...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-29)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

職人からの現場中継