> 外壁塗装更新情報 > 旭区での住宅塗装、軒天と破風下地処理、ヒビ割れ補修も

2014年5月19日

旭区での住宅塗装、軒天と破風下地処理、ヒビ割れ補修も

人気blogランキングへ

今回は旭区鶴ヶ峰本町で行った下地処理の様子をお届けします。施工は一級塗装職人であり、『塗装の先生』こと、塗装指導員でもある川口が担当しています。
前回は断熱塗料による屋根の上塗り2回が完了しました。この日は軒天と破風の下地処理をしていきます。
旭区鶴ヶ峰本町:軒天の隙間
旭区鶴ヶ峰本町:軒天の隙間2
旭区鶴ヶ峰本町:軒天下地処理後
旭区鶴ヶ峰本町:軒天下地処理後2
軒天は継ぎ目に隙間が空いていたり、クラック(ひび割れ)、凹凸が見られました。このまま塗装をしても、塗料だけでは埋めることができないので事前に補修をして平滑に整えておく必要があります。
隙間やひび割れには専用補修材を充てんして平らにならします。凹凸があるところにはパテを盛り、周囲の高さと合わせるようにならします。パテは硬化すると少し肉痩せすることもあるので、その際は再びパテを重ねて平滑に処理します。
旭区鶴ヶ峰本町:塗膜の剥がれた破風
旭区鶴ヶ峰本町:下地処理後の破風
旭区鶴ヶ峰本町:下地処理後の破風2
破風は既存の塗膜が剥がれかかっている状態だったので、ケレンをして傷んだ塗膜を取り除きました。その上からパテを重ねて平らに整えています。
軒や破風に限らず、傷んだ箇所はきっちり修復してから塗替えに入ります。ヘアークラックのような微細なものは塗料で対処できますが、そうでない傷みは根本から処理をしないと、表面上はきれいになっても傷みは進行してしまいます。
さらに傷みのひどい場合は、木部は大工、鉄部は鍛冶屋といった具合に各専門の職人に徹底的に補修してもらったのち、塗装を開始します。
次回は軒天塗装、外壁の下塗りに入ります。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,付帯部

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。
必須お名前
任意ご住所
任意電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

部分塗装から4年目 今...

お客様が工事中のご自宅...

マンション集合ポストの...

「お絵描き大作戦」が「...

お絵描きで自宅が電車車...

川崎で現地調査の帰りに

またまたまた、お子様の...

お客様宅で塗装の色決め...

お客様からのお土産

新しいスタートに塗装、...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継