> 外壁塗装更新情報 > 横浜市保土ヶ谷区での塗装工事、雨戸下塗りと上塗りで光沢のある仕上がり

2014年8月19日

横浜市保土ヶ谷区での塗装工事、雨戸下塗りと上塗りで光沢のある仕上がり

人気blogランキングへ

今回は横浜市保土ヶ谷区の現場から雨戸塗装の様子をお届けします。
担当した職人は一級塗装技能士の星野と、二級の曽根カズ。
まずは雨戸の下地調整から開始。紙やすりやナイロンたわしで全体を擦り、汚れを取り除きながら細かな傷をつけていきます。鉄部はツルツルしているので、わざと傷をつけることでザラつきができて塗料が密着しやすくなり、塗膜が剥がれにくくなるのです。
横浜市保土ヶ谷区:雨戸下塗り
次は下塗りとしてサビ止めを塗布しました。サビの発生を防いで、傷みやすい鉄部を長持ちさせます。上塗りの色に合わせてサビ止めの色も変えるため、今回は茶色を使用。刷毛で雨戸の端から一段ずつ入念に塗布。
下塗り後は上塗りをしていきます。塗装は基本的に3度塗りですが、傷みのあまり見られないところは2度塗りで仕上げることもあります。逆に、日のよく当たる場所や劣化の激しいところは4度塗りにするなど、場所や状況に応じて変化させています。こうすることで、全部の箇所を同じ塗り回数にするより状態のバランスがよくなるからです。
横浜市保土ヶ谷区:雨戸上塗り
横浜市保土ヶ谷区:雨戸上塗り2
上塗りは刷毛で端や段差部分を塗り込んだあと、全体をローラーで塗り、平滑に仕上げます。場所ごとにムラがないように、全体に塗料を行き渡らせて塗膜をしっかりつけていきました。
今までの雨戸塗装はハケのみで塗ることが主流でしたが、このローラーは塗料の飛散が少ないので雨戸のような段差のある面にも使えるようになりました。
横浜市保土ヶ谷区:雨戸塗装完了後
塗り上がった雨戸を乾燥させて元の場所に設置。塗布面はフラットで、きれいな光沢の輝く仕上がりとなっていますね。枠部分にはテープ養生をしていたので、塗料の付着もなくスッキリと塗り分け線が出ました。
  • シェアする:
カテゴリ:一級塗装技能士 ,保土ケ谷区

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。
必須お名前
任意ご住所
任意電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

土曜の午後はお絵描き大...

今週の塗装職人:10月...

5階建てビルの無足場施...

ALCの塗装続き。シー...

横浜の7階建てマンショ...

今週の塗装職人:10月...

12年振りの塗装工事の...

防水工事が得意な松尾で...

今週の塗装職人:10月...

今週の塗装職人:9月2...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
塗替え川柳コンテスト
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

職人からの現場中継