> 外壁塗装更新情報 > 瀬谷区の外壁塗装と屋根の防水

外壁塗装情報

横浜市瀬谷区で屋根上塗りで断熱性能アップ

人気blogランキングへ

本日は横浜市瀬谷区での施工風景を載せていきます。
担当職人は一級塗装技能士の星野。
先回、断熱塗料のキルコートで中塗りをした屋根に上塗りの1回目を行います。中塗りは2回塗布して、断熱性能を発揮する厚膜に仕上げました。
横浜市瀬谷区:屋根上塗り
上塗りでは遮熱トップを塗布して、お客様のご希望の色に仕上げつつ、太陽光を反射する塗装に仕上げます。こちらも2回塗りにして、下地の色が透けないように発色させていきます。
使用した色はパリスブルー。いわゆる紺青色ですが、この遮熱トップはグレー系にも見えますね。
屋根材に沿って、また縦にもローラーを転がし、たっぷり塗布していきました。
横浜市瀬谷区:刷毛で屋根上塗り
雨押さえの段差部分など、ローラーだけで塗ると塗料がぼってり付着してしまうような細かなところは、ハケで均等に塗り上げています。
横浜市瀬谷区:屋根上塗り後
全体を仕上げて、上塗り1回目は完了しました。
次は付帯部の塗装に入ります。
横浜市瀬谷区:雨樋下塗り
雨樋にミッチャクロンという透明なプライマーを塗布して、下地と塗料の密着力を強化します。ツルツルの下地の上にそのまま塗料を重ねても、塗膜が剥がれやすくなってしまうため、長持ちするように、接着剤の役割をする下塗り材をしっかり塗り込みます。
横浜市瀬谷区:横樋下塗り
縦樋の次は横樋にも全面に塗布していきました。透明な材料なので、見る角度を変えながら塗り落しがないように仕上げます。
横浜市瀬谷区:樋下塗り
こちらは破風との間を塗っています。平バケを使用して、このような隙間の中も入念に塗布。見えにくい、塗装しにくい場所だとしても、通常の塗装面と可能な限り同じように作業します。
次回は引き続き付帯部の塗装、そして養生に入ります。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,屋根

横浜市瀬谷区で屋根塗装、中塗り2回目で断熱性能アップ

人気blogランキングへ

本日は横浜市瀬谷区での施工風景を載せていきます。
こちらの現場の担当職人は、一級塗装技能士の星野と曽根カズ。
先回、下塗りと中塗りをした屋根に、中塗りの2回目をしていきます。使用しているキルコートは中塗り2回、上塗をり2回するので、下塗りを合わせると計5回塗料が重ねられ、厚みのある塗膜に仕上がります。
キルコートは、主材の断熱性能で熱の通過が抑制され、上塗りの遮熱トップで日射反射効果を発揮。夏場は室内温度を抑制し、冬場は冷たい外気温の浸入を減少させて、過ごしやすい室内環境に貢献する塗料です。
また、保温瓶効果もあり、冷暖房の利きをよくしてくれるので、電気代の節約にもなりますね。
横浜市瀬谷区:屋根中塗り2回目
中塗り1回目のときとは違う色の主材を塗布しています。色を替えることで、塗り残しや掠れがわかりやすくなります。上から順々に塗り進め、ローラーを横と縦に転がして均等な厚みの塗膜に。
横浜市瀬谷区:屋根中塗り途中
屋根先端から見た全体図です。今回は少し珍しい塗り方をしている気がします。いずれにしても、職人の足の踏み場を残しつつ(そうしないと足の置き場がなくなり、屋根に取り残されてしまうことに…)、全体にムラなく塗布して中塗りが完了となります。
次回は遮熱トップにて上塗りをしていきます。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,屋根

横浜市瀬谷区での屋根塗装、屋根下塗りと中塗り1回目

人気blogランキングへ

本日は横浜市瀬谷区での施工風景をお届けします。担当職人は一級塗装技能士の星野と曽根の二人。
先回は家全体の高圧洗浄を終え、この日は屋根での作業が開始となりました。
まずは、雨押さえなどの屋根鉄部のケレンです。
横浜市瀬谷区:屋根鉄部ケレン
塗料を下地にしっかり密着させ、塗膜を剥がさないためにも、念入りに行う必要がある工程です。
ツルツルの下地をナイロン製の不織布で擦り、細かな傷をつけていきます。サビが発生している場合は、ここで可能な限り削り落します。
横浜市瀬谷区:釘の打ち直し
雨押さえからは、家の歪みや地震などの動きによって釘が飛び出していることがあります。ケレンをしながら、打ち直しをしました。
次に鉄部にはサビ止めを塗布して下塗り。
横浜市瀬谷区:鉄部下塗り
横浜市瀬谷区:屋根鉄部下塗り後
サビの発生を防ぎ、傷みやすい鉄部を保護するためにたっぷり塗っています。種類の違う刷毛を使い分け、細部から塗り上げていきました。
横浜市瀬谷区:屋根唐草下塗り
屋根の先端に位置する唐草も、平たい刷毛できっちり下塗り。
こちらのお宅では、屋根は断熱塗料のキルコートを使用します。キルコートは太陽熱を反射するだけでなく、熱を伝えにくしてて室内温度を抑制する塗料です。その専用シーラーで下塗りをしました。
横浜市瀬谷区:屋根材下塗り
シーラーを染み込ませるように塗布し、塗料の密着力を高めて塗膜が剥がれにくくなるようにしていきます。塗った当初は乳白色ですが、乾くと透明になります。
すみずみまで全体に行き渡らせた後は、乾燥時間を置くのでその間に養生をしました。
横浜市瀬谷区:玄関周り養生
玄関周りは人の出入りがあるところなので、滑ったり破れたりしにくい厚手のブルーシートを敷いています。上からガムテープでしっかり固定して、ずれないように。
横浜市瀬谷区:外壁周り養生
コンセントカバーのような突起物もテープ付きのビニールで包んで、留めます。外壁塗装の塗料が付着しないように、また、塗り分け線にもなるので、テープは真っ直ぐに貼ることが大切です。
ちなみに、外壁に縦に張ってあるテープはシーリング用の養生です。シーリング材を充てんして、ヘラでならしたときに余計な箇所に付着させないためのもの。目地内は、古いシーリングは全て撤去してあり、中のバックアップ材が見えている状態。
この後プライマーという接着剤の役割をする材料を塗布し、2液のシーリング材を充てんして肉厚なシールを形成します。
養生を進めたところで、再び屋根に戻り、中塗り1回目を開始。
横浜市瀬谷区:屋根中塗り1回目
横浜市瀬谷区:屋根中塗り途中
キルコートの中塗りは2回することで、断熱性能を充分に発揮させます。この塗料の中には熱の通過を抑制する中空ビーズがたくさん入っていて、塗り心地も
軽いのです。写真では屋根材から塗り始めてますが、雨押さえも同時に中塗りします。ローラーを縦横に転がして、塗膜の厚みにムラが出ないように仕上げていきました。
次回は中塗り2回目を行います。
  • シェアする:
カテゴリ:横浜市 ,施工個所 ,神奈川県 ,屋根

お見積もり・お問い合わせフォーム

  1. 業務多忙により、お見積り日程調整でお手を煩わせないためにも、お電話での日時調整をお願いしております。売り込み等のお話は一切しておりませんので、お気軽にお問い合わせください。
必須お名前
必須ご住所
必須電話番号
必須メールアドレス
任意お電話時間
ご相談、お見積もり日時設定をするためのご都合が良いお時間
必須通信欄
(ご相談・ご質問・ご希望日時など)

  1. ※同業者様、建築・設計会社様からのお見積り及び現地調査は有料となります。
  2. ※「外壁塗装一括見積りサイト」運営会社様からの仲介見積りは一切ご遠慮させて頂いております。
個人情報の取扱いについて
  1. お客さまに当社をご利用していただく際に、お客さまの住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど、お取り引きやご連絡に必要な個人情報を開示していただきます。
  2. その利用に際しては個人情報保護法にそって最大限の注意をはらい、個人情報を取り扱うことをお約束いたします。

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

2回目のサイデイングク...

杉並区で築14年の外壁...

築23年、サイディング...

鉄筋コンクリート住宅の...

一級建築士と施工管理技...

誰もが信じる「この塗料...

全部で150万円。ちょ...

【質問】フッ素の遮熱塗...

13年振りに再塗装のお...

外壁サイディングのクリ...

世田谷区30坪の外壁塗...

塗装工事のお客様宅の帰...

サイディング、屋根、ベ...

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継