見積もり担当職人の菊池による「塗装職人のふれあい日記」

2019年8月19日

塗装工事の秘技

人気blogランキングへ

見積り担当の菊池です。

今回は、現場の技についてご紹介したいと思います。

ご紹介するのは、「縁切り(えんぎり)」と「足場の下屋皿を上げる」についてです。

 

まずは「縁切り」……なんだか塗装とはまったく関係なさそうな言葉ですよね(笑)。

これは、屋根塗装をした時に、塗料でふさがった屋根材の隙間を回復させる工事です。

 

コロニアル屋根(スレート屋根)は、本来屋根と屋根の間に入り込んだ水を外に出す隙間があるのですが、屋根塗装の塗料でこの隙間が塞がってしまうことがあります。最後にこの「縁切り」をすることで、屋根の隙間を回復し、水がたまるのを防ぎます。

まれにですが、お客様自身で屋根塗装をされたときに、縁切りをせずにそのままにしてしまったために、屋根の下に水がたまってしまった…などということがあります。

中に水がたまってしまうと、野地板が腐ってしまうなどして、屋根塗装する際に工事が大きくなってしまうので、くれぐれもご注意下さい。

 

次は「足場の下屋皿を上げる」です。

主に1階と2階の建物の大きさが違う家に使う方法なのですが、屋根は多くの場合、1階部分の屋根(下屋)、よりも。2階の屋根(大屋根)の方が小さいので、足場を2階部分の壁に沿った形に組む必要があります。

その時に、1階の「下屋」を支えとして足場を組むのですが、こうしてしまうと足場を組んだ部分を塗装することができません。

ここで、必要なのが「下屋皿を上げる」ことです。

写真のように、足場を組み、「下屋」部分に接している「下屋皿」をジャッキで持ち上げます。

こうすることで、塗り残しをすることなく、尚且つ2階部分も壁に塗りやすい距離の足場を組むことができます。塗りやすい足場は、丁寧な仕事にもつながります。

ただ、もちろん下屋皿で上げている時は2階部分の足場に乗ることは危険です。このように不安定になっている足場の時もあるので、お客様には足場に上らぬようお伝えしています。

以上今回は、塗装工事する際の技を2つご紹介いたしました。

また他にもご紹介したいと思います!


カテゴリ:戸建て

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

最新記事

工事をさせて頂いたお客・・・

チョ―キングとラジカル・・・

塗装工事の秘技

リピーターのお客様・1・・・

屋上でお絵描き大作戦!

見積もりのお問い合わせ・・・

塗装の事前準備は信頼関・・・

いつまでの塗装工事が8・・・

本店の近所で大谷石擁壁・・・

塗装工事完了記念・手形・・・

月別アーカイブ
無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-29)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継