シーリングの打ち替え

横浜市保土ヶ谷区での外壁塗装

サイディング外壁のシーリングの打ち替え塗装

横浜市保土ヶ谷区 Aさま

塗装場所 サイディング外壁
コロニアル屋根(カラーベスト)
塗装内容 外壁 UVカット溶剤セラミックシリコン塗料 3層塗装
屋根 2液型シリコン遮熱塗料 3層塗装
施工職人 川口 竹内 柳澤 曽根
他工事 シーリング工事
国家資格の一級塗装技能士、川口

塗装作業データ

状況、作業ポイント、当社感想など

築13年のサイディングのお家で、年数の割にはシーリングがしっかりしていました。すべてのシールを打ち替える必要があるかどうかというご相談をご主人様にしたところ、「どっちがいいのでしょうか?」私も正直、困りました。

必要ないのではないかなあという気もしたのですが、「もし打ち替えなくても、12,3年は大丈夫なんですか?」というご質問、微妙ですが「やっておいたほうがより安心なのでは」というご主人様の最終決断でシールのオール打ち替えもやりました。

屋根はかつてからのご希望ということで、ニッペの2液の遮熱塗料を使わせていただきました。
作業では高圧洗浄の際、気をつけていたつもりですが、電動シャッターの隙間から水が浸入してしまい、開け閉めの動作に支障をきたせてしましました。最初からご迷惑をかけてつまづいてしまった現場です。
塗装自体はといえは、川口、竹内が先頭を切って塗装させていただいたので、間違いないものが出来上がったと思います。


お隣との境界です。壁にはうっすらとカビが発生しています。

全体的に汚れもありました。

別角度からの外観です。

ベランダ内の内壁も汚れています。床も黒ずんでいますが、ここは塗装ではなく高圧洗浄をします。ただしあくまでも洗浄なため。まるっきりキレイにとれることはむずかしいです。

目地もすべて打ち直し

ところどころ目地の劣化が見られます。

これは塗装後。作業中の写真がなくて残念です。

完了後。

正面。

屋根は見えませんが、かろうじて玄関上のコロニアル(カラーベスト)が少し見えます。塗料はサーモアイ。2階部屋の温度が変化したという、評判のある塗料です。どろっと職人からすれば非常に濃く重くて塗りづらい塗料なのですが、薄めすぎずにメーカーの仕様通り正確に塗料を扱って施工しなければ、遮熱の効果は発揮できません。
   

遮熱塗料での屋根下塗り・参考動画

保土ヶ谷区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継