移動式足場を組んで鉄骨のケレン、塗替え

倉庫内の鉄骨を塗装するのに、ローリングの足場(移動式足場)を組み立てました。下に車輪が付いているため、動かすことができるのです。シートやマスカーで養生後、ケレンをします。皮スキでサビや古い塗膜を削り落し、錆止めを塗布して耐久性を高めました。乾燥後、中塗り・上塗りと塗料を重ねて、塗膜の厚みをつけながら仕上げます。

14 13 12 11 10 お客様名

横浜市旭区・ALC(軽量気泡コンクリート)外壁、折板屋根塗装工事

鉄骨の塗装

【12日目】2010年10月12日 【職人】川口、竹内、柳澤、曽根、星野

移送式足場の組み立て

今日は倉庫内 鉄骨の塗装をします。まずは、ローリングの足場の組み立てをしました。この足場は下にキャスター(車輪)がついているので、移動させることが可能です。

シートを敷いて養生

下にブルーシートを敷いて、ケレンのゴミや塗料が垂れても問題ないよう準備します。足場の周囲にはマスカーを張ってテープで固定しておきました。

H型鋼のケレン

鉄骨のケレン開始です。サビや古い塗膜を皮すき(ヘラ)で削り落します。ケレン中は防塵ゴーグルとマスクを着用して、削りカスが目や口に入らないようにしています。曽根は余裕のポーズで作業を進めていました。

ブロアーでゴミを吹き飛ばす

H鋼やCチャンネル(HやCの形をした鋼材)の間のゴミはブロアーで飛ばします。この道具は送風だけでなく吸入もできるので、掃除をする際のゴミの吸い取りにも使用しています。

サビ止め塗布

ボルトにサビ止めを塗っています。ハケを丁寧に動かして、凹凸の細部にもしっかり塗付していきました。サビが出ることを防いで、劣化しやすい鉄部の耐久性を上げていきます。

ペーパーでドアのケレン

ドアのケレンです。通常のハケよりコシがあるラスター刷毛を使用して、まず埃など汚れを落としておきます。次に紙やすりで、よく研磨します。塗料が付着するよう引っ掛かりを作りました。

ドアに錆止め塗装

サビ止めを塗っている所です。塗装しないドアの取っ手と鍵穴部分は、マスキングテープでぴったり覆って付着を防ぎます。ハケのサイズを替えながら、細部から塗り込んでいきました。

鉄部を刷毛で上塗り

玄関前の鉄部の上塗りです。アイボリー系の塗料を刷毛にたっぷり含ませて塗付します。上下に往復させてハケ筋のない塗装面に仕上げていきます。人目につきやすい玄関前は、いつにも増して力も入ります。

パイプ付近の塗装

足場から落ちないように気を付けながら作業します。柱やデッキ裏もすべて塗り替えました。パイプが架けられている所は、塗装しない部分に付着させないよう、集中して塗付しています。

鉄骨のダメ込み

10サビ止めが乾いたら中塗り、上塗りを行います。あらかじめ鉄骨のフチやボルト部分をダメ込みしておきます。そのあとローラーを使い、厚膜に仕上がるよう、全体にくまなく塗料を塗り広げました。

14 13 12 11 10



ローリング足場の組立て・参考動画

旭区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継