折半屋根ケレン、錆止め塗布

折半屋根は鉄製なので、デッキブラシを使用して発生しているサビを擦り落します。力を入れて削りながら、同時に傷をつけて塗料の食い付きをよくしておきます。削り落したゴミを取り除いた後、錆止めを塗布します。アンテナの設置面など、細部を先に刷毛で塗り込みました。つぎに、ローラーで全体に塗り広げます。山と谷がある形状なのでローラーを斜めにしながら、しっかり付着させて耐久性を上げます。

14 13 12 11 10 お客様名

横浜市旭区・ALC(軽量気泡コンクリート)外壁、折板屋根塗装工事

外壁 中塗り、上塗り 屋根錆止め 軒 上塗り

【9日目】2010年10月7日 【職人】川口、竹内、柳澤、曽根、星野

中塗り材を用意

塗装指導員でもあるベテラン職人・川口が中塗りの材料の準備をしています。下塗り材を作っているときの写真より、缶が減りましたね。塗料缶は一斗缶なので、容量が約18リットルあります。

ベランダ内の壁を中塗り

ベランダの中塗りをローラーで塗っています。全体に塗料を塗布して、塗膜の厚みをつけていきます。厚膜にすることで塗装が長持ちするようになります。

折半屋根のケレン

折半屋根をデッキブラシでケレンしています。サビを落として傷をつけるため、力を込めてガシガシ擦ります。傷をつけることにより、上に塗る塗料の密着度が高くなるので、しっかりブラシをかけます。

ハケで塗装

ローラーで入らない所をハケで塗っています。先に刷毛塗装することで、塗り残しや掠れを防いでいきます。マスキングテープで養生しているので、はみ出しに神経質になることなく進められます。

刷毛で一段ずつ塗る

塗り残しのないように、よく確認しながらハケで塗っていきます。段に沿わせて動かします。均一に塗膜がつき、ハケ筋が出ないよう塗布しました。

軒に見切り線を出す養生

仕上がった軒に塗料を付けないようマスキングテープで養生します。真っ直ぐ貼って、きれいな塗り分け線が出るようにしました。玄関ドアや外灯の養生も完了しています。

壁の上塗り

上塗りをしている所です。2回塗ると艶と塗膜の厚みが更に出ます。見栄えを整えながら、厚膜に仕上げて塗装を長持ちさせます。目地に打ったシール部分にも丁寧にローラーを転がして塗料を塗布しました。

屋根に錆止めをダメコミ

屋根のサビ止めです。ハケで先にダメコミをしました。アンテナの設置面と、そのボルト部分に丁寧に塗布してサビの発生を防ぎます。細部を仕上げておくことで、ローラー塗装を行いやすくします。

ローラーで錆止め塗布

10広い面はローラーで塗ります。折半屋根は全て鉄製のため、塗装面積が広いので2人で手分けして塗りました。山と谷が続く形状なので、ローラーを形に沿わせて動かしていきます。しっかり塗布して耐久性を上げます。

14 13 12 11 10
旭区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継