雨戸の目荒らし、塗替え

養生テープを貼った雨戸に、紙やすりで目荒らしをします。ツルツルの面に塗装をしても剥がれやすいので、研磨することで塗料の食い付きをよくし、しっかり定着させます。プライマーを塗布して更に密着性を高めたのち、塗料を乗せていきます。刷毛でダメ込み後、一段ずつ丁寧に塗布して厚膜に仕上げながら、きれいな艶を出していきます。

お客さん名

横浜市保土ヶ谷区・外壁塗装、雨戸塗装工事

ダメ込み、中塗り

【7日目】2010年4月26日 【職人】柳澤、曽根

庇の返しを上塗り

庇の上塗りです。画像は、庇の返しの部分のダメ込みをしています。壁や鼻隠しに塗料を付着させないよう、神経を集中させて塗りました。細部だからこそ、より美しく仕上げたいです。

雨戸に光沢を出して仕上げ

ベランダ雨戸の仕上げです。体が大きいので、下の部分の塗装がかなりきつかったです。きれいな光沢を出すため、塗料をしっかり塗布しました。

戸袋の仕上げ

きつかった雨戸の下の部分が終わり、戸袋の中間部分の仕上げをしているところです。スジカイ刷毛を横に持ち、一段ずつ塗り込んでいきます。今回も良い艶が出る様に、精魂込めて塗装させて頂きました。

ベランダ下、小口の塗装

ベランダ下部、小口(小端)の塗装をしてくれている曽根君です。幅が狭いので、小さい刷毛を使用して念入りに塗っていきます。刷毛にも種類がたくさんあるので、適材適所で使い分けて仕上げます。

刷毛で壁際を塗る

今回から、曽根に本格的にハケをやらせていこうかと思い、頑張らせてみました。軒天に塗料を付着させないよう、慎重に動かしていきます。うっすら紫に見える部分はマスキングテープです。

破風と樋の間を塗装

破風と雨樋の狭い隙間の塗装です。悪戦苦闘中ですね。下から覗き込みながら塗っていきます。自分が責任をもって直すので、まだまだ失敗して、色々覚えていってほしいものです。

養生

雨戸の塗装に入ります。順番としては、まず刷毛で埃などを取り除きます。表面をきれいにして、テープが密着するようにしてから養生を行いました。下の枠にマスキングテープを張っていきます。

テープを張っている

左右、上にもテープを張って塗料が付かない様に施します。塗装の線出し(塗り分け線)も兼ねているので、まっすぐ張ることが大切です。途中で剥がれないよう、よく押さえて粘着させます。

目荒し

次は目荒しです。紙やすりで一段ずつ研磨して、細かい傷をつけます。自分は、この目荒しが塗装をする上で一番重要な作業だと思っています。塗料を食いつかせる為にも、塗料を長持ちさせるのも、この工程がきちんと行われていなければいけないと自分は思っています。

次は塗装

10目荒しが終わったら、次は塗装です。プライマーを塗布して密着度を高めたら、ダメ込みです。雨戸の両端を塗り込んでから、段に沿って刷毛を動かします。塗料が垂れないように気を付けながらも、ふんだんに塗布して厚い塗膜をつけていきました。

保土ヶ谷区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継