塗料の密着性を上げる雨戸のケレン

屋根上鉄部や雨戸にペーパーなどの道具を使って微細な傷を付けておき、塗料との密着性を上げる下準備をしておきます。


お客さん名

逗子市の外壁塗装、屋根塗装工事

屋根下、中塗り、各所下塗り

【3日目】2012年1月20日 【職人】川口、星野、曽根

目荒し

屋根の鉄部に塗料がしっかり食いつくようにペーパーなどの道具を使って、表面に細かい傷を幾つも付けていきます。下塗りは中塗りを塗布する時の接着剤としての働きもあるため、しっかりと塗装面に食いつくようにしておきます。

屋根にサビ止め塗装

屋根の鉄部に錆び止めを塗っています。1月半ばをすぎた冬の日でしたが、屋根の上はぽかぽかでした。これが真夏になると40度を軽く超えるサウナのような環境での作業になります。今くらいは暖かくて丁度いいですね。

屋根の下塗り

屋根の下塗りです。乾くまではとても滑りやすいので気をつけます。塗装した部分を踏まないように上から順に塗っていきます。下塗りはサラサラとしていて水に似た軽い材料なので、ローラーも軽快に転がりました。

軒鉄部も

軒の鉄部の下塗りです。少し暗くて見づらいですが。刷毛を使って鉄部の塗装を丁寧に行っています。片手に塗料と複数の刷毛を持ち、塗り進める箇所によって使い分けました。

下屋根も

下屋根の下塗りです。こちらも屋根と同じく足を滑らせやすいので、しっかりと体を支えながらの作業です。下塗りのシーラーをたっぷりと含んだ屋根は濡れ感が出ています。傷みが酷いと吸いこまれてしまうので、濡れ感が出るまで何度も塗り重ねます。

狭くて大変

出窓の鉄部の下塗りです。足場との間が狭く大変でした。体で折角塗った部分の塗料を擦ってしまわないように、注意深く作業を進めます。作業を行うのは一級塗装技能士の川口。塗装歴も長い熟練の職人です。

塗料をだらさないように

屋根の中塗りです。まだ3回塗装の2回目ですが、太陽に当たると艶が出てとても綺麗でした。これから上塗りを塗り重ねることで更に光沢が生まれ、見違えるような仕上がりになります。

軒中塗り

雨樋の下塗りです。職人・川口は今日も頑張っています。接着剤としての役割もある下塗りをしっかりと塗布する事で続く中塗りや上塗りの密着力が上がって剥がれにくい塗膜を作ることが出来ます。

きつい体勢

雨戸を目荒らししています。これも屋根上鉄部の作業と同じく細かい傷をつけて塗料の食いつきを良くするためです。ひと筋ひと筋、手作業で丁寧にペーパーを擦りつけていきました。家にある雨戸すべてに行います。

逗子市の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継