破風などの木部仕上げとタッチアップ作業

時には細かい刷毛を使って塗り進めていくことで塗りムラやローラー筋が無い綺麗な仕上がりにする事が出来ます。


15 14 13 12 11 10 お客さん名

横浜市緑区・外壁、屋根塗装工事

木部 ダメ込み タッチアップ

【11日目】2010年6月5日 【職人】柳澤、曽根

西面 破風仕上げ中

西面の破風木部の仕上げ中です。樋と、破風の隙間がとても狭いので、目地刷毛と言うとても細い刷毛を使っての塗装です。画像内で職人が使っているのが目地刷毛ですね。目に見えて細いことが分かります。

破風仕上げ中

北面の破風木部仕上げ中です。 厳密には木部ではなくボードと同等のセメント繊維の材質です。周囲を映し出すくらいにピカピカになった破風と樋を、角度を変えて塗り漏れが無いか確認しながら作業に励む職人・柳澤です。

北面のダメ込み

北面のダメ込みです。電気の配管(塩ビパイプ)を刷毛で塗装しています。細かく湾曲したところの塗装なので、ローラーが使えず、小さな刷毛を使って丁寧に塗料を塗り重ねました。

ダメ込み

東面の雨樋と壁の裏にある隙間のダメ込みです。とても見づらいので、あちこちから覗いての塗装になります。塗り漏れが出ないように塗ったところの光沢を確認しながら、キチンと塗り漏れのないようにダメ込みしました。

破風の仕上げ

南面の破風の仕上げです。作業するのは職人・柳澤。真剣な表情で刷毛先を見つめています。ぼったりするほど刷毛に塗料を乗せて、しっかりと厚い塗膜を塗りあげていきました。

ダメ込み

軒天と壁の取り合いのダメ込みをしています。軒部分は白色で外壁と色が変わっているため、はみ出さないように手先に神経を集中させて作業を行います。経験をつんだ職人はマスキングを使わず、刷毛1本で綺麗な線を引くことも出来るのです。

窓のダメ込み

窓のダメ込みです。養生がしてあるので、かなり塗りやすいと思います。後は、養生から塗料が漏れない様に気を付けて塗装するだけです。

15 14 13 12 11 10
緑区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継