下屋根の中塗りの後に雨戸養生

下屋根を小さめのローラーで塗布。後に雨戸を外して養生したら、刷毛で1本1本、溝を埋めるように塗装していきます。


15 14 13 12 11 10 お客さん名

横浜市緑区・外壁、屋根塗装工事

下屋根 中塗り 付帯 中塗り 雨戸 ケレン 下、中塗り

【12日目】2010年6月7日 【職人】柳澤、曽根

下屋中塗り

下屋根の中塗りです。養生の関係で壁を先に仕上げるため、後で下屋根を塗ることになるのです。このように施工場所によって順序が入れ変わる事は多々ありますが、塗装の基本は上から下へ。下から仕上げても飛散した塗料などで汚れてしまう可能性があるからです。

破風仕上げ中

に同じ。赤茶のワインカラーで中塗りをしています。下地が黒っぽい色なので、色の塗り分けが分かりやすいですね。下地の色が透けないようにしっかりと塗り重ねていきます。

ダメ込み

帯板の上部のダメ込み中です。帯上は既に塗装され、鏡のような輝きで周りの景色を映しています。しっかりとしたクサビ足場の上、しゃがんで作業する職人の足元も安定していました。

帯の塗装

帯板の塗装をしながら、出窓上のスチールの上塗りもしてもらっています。黒色に仕上げられていくのを見ていると淡い色で塗装され、優しい色合いの家に引き締まった印象を与えますね。

帯とスチールを塗装

曽根君に帯とスチールを塗装してもらっている間、私は雨戸の塗装です。塗装に入る前に養生です。私たちは、雨戸の場合、テープだけで塗装します。周囲に歪みや浮きが出ないよう指でしっかりと押さえて養生します。

目荒しが重要

テープ養生が終わると、次は目荒しになります。塗装するためには仕上がりには目に見えない、この目荒しが重要になります。小さな傷を多くつける事で密着性をあげ、接着剤の働きをする下塗りをしっかりと定着させることが出来るからです。

、ミッチャクロンを使用

テープ養生が終わったら、次は雨戸の下塗りです。今回はミッチャクロンを使用しました。密着力に優れている塗料で、このような場合に良く使われます。

中塗り開始

下塗りが終わり、次は雨戸中塗り開始です。色はブラック。雨戸は溝があり、ローラー塗装が出来ないため刷毛で1本1本埋めるように塗装を進めていきます。時には吹き付けを行う場合も。

15 14 13 12 11 10
緑区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継