養生と目荒らし後の屋根下塗り

細かいところにも養生を施し、手直しの手間を減らしておきます。屋根へは下塗り剤をたっぷりと塗装、濡れ感を出します。

12 11 10 お客さん名

外壁塗装・屋根塗装工事

養生、屋根、下屋根、トタン部 錆止め、下塗り

【4日目】2009年7月22日 【職人】柳澤、星野、曽根

玄関ドアの養生

玄関ドアの養生に取りかかったところです。ドアの取っ手部分は鍵穴以外をマスキングで覆いました。全てを覆ってしまうと簡単ですが、日常生活に支障が出てしまうため細かいところまで気を配って作業します。

先に紙テープを張ってからマスカーを張る

季節も夏になり、日差しも強くなってきたのでマスカーを直に、アルミサッシに張ってしまうと、ガムテープののりがアルミに残って掃除にとっても手間がかかるので、先に紙テープを張ってからマスカーを張っていきます。

錆び止めを塗装

屋根のトタン部の錆び止めを塗装しています。トタンは鉄部なので、屋根上の下塗りとは違う塗料を使いました。錆びを抑える塗料を使う事で塗装の劣化を出来るだけ抑えます。

熱中症などにならないように気をつけて

屋根の上はとてつもなく暑いので、熱中症などにならないように気をつけて作業していきます。夏の時期は気を抜くとかなり減量してしまうので、食事もしっかりと摂り作業に励みます。

レールの部分の養生

雨戸のレールの部分の養生です。綺麗に境目の線が出るようにテープを真っすぐに貼りました。ここが歪んでいると仕上がりの線も歪んでしまい見目が悪くなってしまいます。細かい作業ですが、このような所も仕上がりに関係してくるのです。

下塗り開始

錆び止め作業が終了したので、次に下塗りの塗布を開始しました。天気が良い日だったので照り返しが眩しかったですが、一段づつ塗り漏れが無いように良く見ながら塗装していきます。

トタン部の目荒し

下屋トタン部の作業開始です。トタン部は先に、目荒しからです。つるつるとした表面の塗装部分は塗料の食いつきが悪く剥がれやすいため、先に細かい傷を付けて塗料を食いつきやすくしておきます。

錆び止め

目荒しが終了したら、次は錆び止めの塗装です。錆び止めも色々な色がありますが、今回は赤錆び色を使って塗装していきます。屋根の色と対比していて、塗り漏れの確認がしやすいですね。

雨樋の養生

雨樋の養生をしてくれている職人の星野君です。樋に塗料が付かないように、ビニールで覆いました。隙間があると塗料が漏れ入ってしまうので、しっかりと覆います。

コロニアル用の下塗り

10錆び止めが終了したら次は下塗りです。下塗り剤は、コロニアル用の下塗りを使っています。染み込みが無くなるまで、塗料を塗り重ねていきます。何度もローラーを転がして下塗りを重ねた屋根は濡れ感が出ました。

12 11 10
緑区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継