養生と塗装を長持ちさせる為の各所下塗り

完成後には見えない所ですが、仕上がりの質を上げる為にとても重要な工程が養生と下塗りです。


15 14 13 12 11 10 お客様名

横浜市戸塚区・モルタル外壁、屋根塗装工事

屋根下塗り、雨樋下塗り、軒下塗り

【4日目】2010年10月19日 【職人】曽根、竹内

プライマー塗布

戸塚区での作業4日目。布団をよく干すところのベランダ笠木と壁の境は、塗装ができないシリコンシーラントがしてありました。そのまま塗ると絶対に後からはげてくるため専用の接着逆プライマーで密着性をよくします。ホームセンターでもよくシリコンシーラントが売ってますが、家の外回りのDIYや日曜大工ではあまり使ってほしくないですね。塗装の予定がある場所はウレタン系や変性シリコンでやりましょう

下塗りのシーラー塗布

何度も言いますが屋根上までだいぶ伸びた足場シートはお隣などへの迷惑防止になるだけでなく、職人の落下防止にも役立ちます。あるとないとでは屋根上で行う塗装作業の丁寧さも変わってきます。とくに今回のような勾配がキツい屋根には必須です。傾斜は急ですが一級塗装技能士がたっぷり下塗りのシーラーを塗っています。

がっちり養生

そのまま乗ると足あとがつくのでがっちり養生します。ベランダの笠木の上も作業中足がつきやすい場所です。今日の戸塚区の空模様は今ひとつはっきりしませんが、屋根と同時進行で作業していきます。

雨樋に水

2級塗装技能士の曽根が塗料の密着性を上げるために雨どいに微細な傷をつけています。雨樋は比較的他の場所より塗装がはがれやすい傾向があるため必要なのです。

雨樋の下塗り

雨樋の下塗りです。ミッチャクロンというプライマーを塗布しています。壁と雨樋の間がせまいので、ぬりにくいですがていねいにぬります。

さび止め塗装

ベランダ内の床と壁の境にあるスチール製の水切りに専用の下塗りのさび止めを塗っています。

下塗りのシーラー

帯板に下塗りのシーラーをぬっています。新建材でできているため、旧塗膜がはがれている所はその素材への塗料の吸い込みがはげしいのです。シーラーは密着性を上げるために必要ですが、素材に吸い込まれすぎてはしまっては、次に塗る塗料との密着が悪くなってはがれてしまいます。それを防ぐために吸い込みが止まるようにたっぷりぬります。

軒にもシーラー

軒にシーラーをぬっています。この日の午後の戸塚も今にも降り出しそうですが、軒裏は雨の影響は受けないところなのです。透明な下塗り塗料ですが、つやが出るため塗っているか塗っていないは確認できます。その上から白系のカチオン形NADアクリル塗料を塗ります。軒天には定番です。目に入ると痛いので気をつけてぬります。

15 14 13 12 11 10
戸塚区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

地元警察署からの表彰
地元警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2019 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継